平成31年1月25日(金)第441号『卒業論文提出日』

投稿日:2019 年 1 月 25 日    カテゴリー:スタッフ日記

1月23日(水)は、卒業論文提出日でした。

受付開始時間は9時からですが、毎年、開場待ちの学生が並びます。

今年も8時20分くらいには既に学生の姿が!

       (今年の一番乗り!)

 

会場では、卒業論文の提出だけでなく、卒業後の進路の最終確認や、図書館の延滞資料の確認なども行われます。

       (会場はこんな感じ)

 

入ってすぐに受付を済ませ、いよいよ卒業論文の提出です。

ここでは、卒業論文と卒業論文概要書などのチェックがあります。

緊張の面持ちでチェックを受けている学生の皆さんですが、無事に受理されると、晴々とした表情に早変わり。

       (厳しい目でチェック)

 

厳しいチェックを乗り越えた次は、学生・就職支援室の職員による卒業後の進路確認です。

無事に卒業論文を提出した学生を優しく労います。

(卒業論文の提出、お疲れ様。卒業後も頑張って!)

 

次に、図書館職員による延滞資料の確認です。卒業論文を書くために、図書館の資料をたくさん借りていた学生もいますが、しっかりと返却しましょう!

(卒論も提出したことですし、ゆっくり読書はいかが?)

 

すべてのチェックポイントを無事に通過した学生が、会場から出てきます。

安堵の表情、晴れやかな笑顔、ほんのり疲労感を漂わせた表情など様々ですが、一概にやり切った満足感が伝わってきます。

   (会場から出てきた、一番乗りの皆さん)

    (提出の証、受理票を持って笑顔)

 

無事に提出を終えた皆さん、本当にお疲れ様でした。

学生生活で得た知識や経験、苦労や悩み、もしかすると涙など、様々なモノが盛り込まれた集大成だったのではないでしょうか。

今は苦しかったことしか思い出せなくても、時間が経過して見返してみると、指導を受けた先生や、共に学んだゼミの仲間たちのことを、素敵な思い出と一緒に思い出せると思います。

 

この後は、2月9日から12日まで、いよいよ本当の最終関門「卒業論文発表会」が待っています。万全の準備をし、最高の発表をして、大学を巣立ってください。

 

以上、実は卒業論文をチェックしていた一人、学務課のアカザワでした。

 

平成31年1月18日(金)第440号『願い』

投稿日:2019 年 1 月 18 日    カテゴリー:スタッフ日記

早いもので、1月も半ば、

平成の時代は残すところ3ヶ月半足らずとなりました。

 

5月1日の即位の日が近づくにつれ、

昭和から平成に代わったあの時のような、

何かしら不思議な雰囲気に包まれる感覚がやってくるのでしょうか?

 

さて、そんな中で、明日から2日間、

平成最後の大学入試センター試験が行われます。

大学入試センターによると、

志願者は、全国で57万6千人以上、宮崎県内では4千5百人以上。

その一部の志願者の皆さんが本学で受験されます。

そのために、今日から3日間は、

会場準備や不正防止などのため

大学敷地内は試験関係者以外立入禁止となります。

いつも、学内を散策されたり、

図書館や食堂をご利用されている方には

ご不便をお掛けしますが、

ご理解とご協力をお願いします。

 

今週、センター試験がトラブル無く実施されること、

受験生の皆さんがベストなコンディションで試験に臨めることを願いつつ、

職員による大学周辺道路のボランティア清掃を行いました。

明日から大学受験の本番を迎える受験生の皆さん、

自分を信じて最後まで諦めずに!

夢へのチャンスを掴んでください!!

講堂前の桜が、

大きく広げた枝に、たくさんの冬芽を付けています。

新入生を迎える春の準備は順調のようです。

 

企画総務課 カワノがお伝えしました。

 

平成31年1月11日(金)第439号『初夢』

投稿日:2019 年 1 月 11 日    カテゴリー:スタッフ日記,大学の日常

明けましておめでとうございます。

本年も宮崎公立大学をよろしくお願いいたします。

 

1月も11日。今日は「鏡開き」です。

お正月気分も少し落ち着いてきているのではないでしょうか。

今年は、平成最後のお正月ということで、何かと騒がれていましたが、皆さんはどのようなお正月を迎えられたことでしょうか?

 

私は、特に例年と変わりなく、普通に新年を迎えました。

毎年、年の初めは、「今年はやるぞー!!」と気持ちだけは引き締めているところです。

が、毎年、3日もすれば忘れてしまい、11日も過ぎてしまえば、時間を無駄に過ごす毎日です・・・・・トホ。

 

ところで、みなさん、初夢は見られましたか?

一般に縁起が良い夢は、「一富士(いちふじ)」「二鷹(にたか)」「三茄子(さんなすび)」といわれます。

その続きが(あと三つ)あることをご存知でしたか?

私は、つい最近まで全く知りませんでした。恥ずかしい次第です。

 

で、私の初夢は、夜、車に後ろから追突される交通事故の夢でした。

というのも、ちょうど一年前になりますが、夜間、後方からタクシーに追突されました。

その時の状況が今でもたまに思い出され、夢に出てくるのです。

せっかくの初夢だったのに残念です。

ルームミラーに猛スピードで近づく車のライトを確認し、非常に恐怖を感じたことを覚えています。

身体の痛みは、現在でも残り、追突された車の修理は、まだ終わっていません。

 

交通事故は、起こしても起こされてもいいものではありません。

被害者にも加害者にもならないように日頃から心がけ、注意しましょう。

特に車を運転するときはよろしくお願いします!!

 

ということで、今回は、大学構内などで車を運転する際に注意する点などをまとめてみました。

 

まず、大学に来る際、帰る際に注意する点です。

 

大学の周りには小中学校、高校がいくつかあります。また、周辺は住宅街になっています。

そのため、朝夕の登下校時には多くの児童生徒が、また、朝の通勤時間帯には多くの社会人が大学周辺を徒歩や自転車で通行しています。

交差点や大学に進入する際は、歩道の小中学生、自転車の高校生や社会人に十分に注意しましょう。

 

まず、正門前の歩道です。

特に朝は、小中学生、高校生、大人が、徒歩や自転車で行き交ってます。

また、朝夕は車の通行量も多い通りです。

そして、球状の車止めにも注意が必要です。

 

次に、北門(?)です。

ここにも歩道が整備されています。歩行者、特に小学生には注意が必要です。

また、赤いポールやその横の車止めに、車をぶつけないように、巻き込まないように注意しましょう。

 

東門です。

道路には、専用レーンが整備されています。慌てず、自転車、歩行者に注意しましょう。

次に、大学構内の駐車場で注意する点です。

大学内には、東門駐車場(学生、教職員用)、正門横駐車場(来客者用)、北駐車場(教職員用)があり、体育館、凌雲会館、交流センターにもそれぞれ駐車場があります。

 

駐車場では、ほかの車に注意することはもちろんですが、駐車の際、周りの車が動いていないか、車から降りて歩いている人はいないかなどに注意しましょう。

また、駐車場内の通路を走行中に、駐車されていた車が突然動き出すことがあります。

(私も何度かびっくりして停車したことがあります)

駐車場内は、いつでも止まれる速度で走行しましょう。

 東門駐車場(学生、教職員用)

 正門横駐車場(来客者用)

 北駐車場(教職員用)

 

最後に大学構内を走行する際に注意する点です。

 

平日の日中に東門駐車場に駐車する場合は、東門と隣接しているため、学内を走行することはありませんが、それ以外の時間帯やほかの駐車場を利用した場合、大学構内を走行することになります。

歩行者や自転車に注意し、いつでも止まれる速度で走行しましょう。

 

私が気づいた注意するポイントです。

 

正門入ってすぐです。守衛室前です。

守衛室前を過ぎたら左折しますが、左側が確認できません。徐行する必要があります。

次に管理棟前を過ぎたら、右カーブです。建物の陰に隠れて、車も歩行者も見えません。

ここも徐行です。

反対からもこのように建物の陰に隠れて、車も歩行者も見えません。

実をいうと、夜間、徒歩で管理棟から駐車場に向かう際、この方向に進む車からはねられそうになりました。

本当にびっくりしました。車を運転する際は、十分に注意しましょう。

ここを過ぎると、西側の100mを超える直線です。

一気に加速したいところ、いやいや徐行です。

ここにはT字路が2か所あり、そして北側駐車場に面しています。

突き当たると、右折します。ここも直線です。北門(?)東門に通じています。

途中、歩行者、自転車用の通用門が左手(北側)にあります。

凌雲会館、体育館、グラウンドに向かう際に利用する通用門ですので、講義時間以外は人の行き来があります。

注意しましょう。

以上、私が感じた注意するポイントでした。

 

皆さん、大学構内だけではなく、いつでもどこでも安全運転でお願いします。

そして、歩くとき、自転車に乗るときも十分に注意しましょう。

 

最後に、今年が皆さんにとって良い年になりますように!!!!!

 

公立大学1年目の 企画総務課 ナベシマでした。

平成30年12月21日(金)第438号『MMUウェブサイトで教職関連情報をチェック』

投稿日:2018 年 12 月 21 日    カテゴリー:お知らせ

前回、執筆を担当させていただいたのが今年6月。

半年が過ぎたことを嘆いていた私ですが、気が付けばまた半年が過ぎ、年末を迎えようとしています…

 

年末といえば、一年を振り返る企画が思い浮かびますが、今回は教職事務担当者として、もっと本学の教職に関する取組を知っていただきたく、本学ウェブサイト内の教職に関する掲載内容を振り返り、皆様にご紹介していきたいと思います!

 

本学ウェブサイト内の教職に関する情報は、2箇所に掲載しています。

1箇所目は、トップページ「教育研究」内の「教職」のページです。

「教育研究」にマウスの矢印を合わせ、表示される「教職」をクリックすると…

「教職」のページに遷移します。

このページでは、本学の教員養成の理念や教職課程、教育職員免許状取得に関する情報を公表しています。

英語教員を志望している方、英語の教員免許取得を考えている方は、教職課程カリキュラム等も掲載していますので、このページをぜひご覧ください!

 

続いて、2箇所目は、同じくトップページ「就職・進路」内の「教職支援室」です。

「就職・進路」にマウスの矢印を合わせ、表示される「教職支援室」をクリックすると…

「教職支援室」のページに遷移します。

このページでは、本学が設置している「教職支援室(※)」の取組内容や公立学校教員採用選考試験合格実績等を紹介しています。

※平成23年10月に設置され、教職経験のある教員1名が常時学生の支援を行っています。具体的には、学校現場体験活動の機会提供や受入校の開拓、教員採用選考試験対策等を実施しています。

 

特に、教員を目指す方が気になっていらっしゃるのは、年間スケジュールではないかと思います。

本学の教職課程カリキュラムについては、前述の「教職」ページに掲載していますが、ここでは、カリキュラム以外の教職に関する取組や活動について、年間を通して確認していただくことができます。

その一部をご紹介!全容は「教職支援室」ページでご確認ください。

 

そして、教職支援室が行っている取組でぜひご覧いただきたいものがもう一つ!

それは、「教職支援室便り」です。

「教職支援室」ページもしくは「教職」ページの「お知らせ」に表示されている「教職支援室便り(●月)」のリンクをクリックすると…

「教職支援室便り」を閲覧できるページに遷移します。

この「教職支援室便り」は、教員採用選考試験に関する情報や選考試験に向けて頑張っている学生・既卒者の様子をお知らせすることを目的として、平成25年度から月1回、教職支援室が作成しているものです。

本学の教職に関する最新の情報を紹介しておりますので、ぜひこちら(リンク先に遷移します)でご覧ください!

ちなみに、教職支援室(本学研究講義棟5階)前でも閲覧することができますので、教員志望の在学生の皆さんはぜひ確認してみてくださいね。

 

ここまでウェブサイト掲載の教職情報を紹介してきましたが、最後に、英語教育に関する講演・シンポジウム「宮崎公立大学開学25周年記念講演」について、ご案内します。

明日12月22日(土)13時から、本学にて「21世紀型英語教育を模索する-教師の英語力に裏打ちされる授業づくり-」と題し、宮崎における英語教育発展に貢献することを目的とした講演およびシンポジウムを開催いたします。

英語教育関係者の方、英語教育に興味関心のある方は、参加費無料(懇親会費を除く)ですので、ぜひこの機会に、本学へお越しください!

※詳細につきましては、こちら(リンク先に遷移します)をご参照ください。

 

年々、時が経つ速さを痛感しているにも関わらず、「ああすればよかった、こうすればよかった」と悔やんでばかりの自分から卒業するため、来年の目標は「計画性と行動力」を掲げている学務課アイザワがお送りしました。

平成30年12月14日(金)第437号『障がい学生支援室 紹介』

投稿日:2018 年 12 月 14 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記,大学の日常

みなさん、こんにちは!

季節はすっかり冬めいて、早いもので今年も締めくくりの時節となりました。

平成最後の12月・・一日一日がいつもより大切に思えるのは私だけでしょうか・・

 

今回はまだあまり知られていない本学の「障がい学生支援室」についてご紹介します。

今年の4月に新しく開設されたお部屋です。

障がいがあるなどの理由により、修学上、また、学生生活を送る上で様々な悩みを抱えている学生さんの相談を受け、必要に応じた配慮の調整などを行うところです。

福利厚生棟2階、ここが入口です。保健室と同じ階にあります。

入口を入ってすぐが、障がい学生支援室の窓口になっています。ここで、来室された学生さんの受付等を行います。

(奥が私のデスクです!・・なにやら机の上が散らかっていますが(;^ω^)

入口を入って、左側は奥に長いスペースになっており、右手前の机で学生さんとの面談を行ったりしています。奥は、この支援室を利用される学生さんが勉強や、必要な時に休むことができる場所として作られました。勉強する時は、ひとつひとつ机をパーテンションで仕切ることが出来ますので、小さな個室としてご利用できますよ。

ゆっくり腰かけて休めるスペースを作りました!

なんとこのソファ、保健室で使われていないものをいただきタケヤ先生とふたりでせっせと運びました!

・・・かなり重たかったです()

 

時に必要な情報を共有したり、相談したり、支援が円滑に進むように協力しているスタッフのお部屋もご紹介しますね。

 

学生さんたちの「駆け込み寺」となっている保健室。常駐されているのがタケヤ先生!

ケガや病気だけじゃなく、タケヤ先生にお話を聞いていただき、元気になれた学生さんも多いのでは?・・実は私も、時々駆け込んでいます()

こちらのスペースは、保健室内にある「ほっとるーむ」

学内で一人静かに過ごしたい、ゆっくり休みたい時などに使用していただける場所です。

 

こちらは、学生相談室です。事務局1階の廊下を奥に進むと入口があります。お部屋の奥にもドアがありますが、こちらは外からも入れるようになっています。

このお部屋には臨床心理士の資格をお持ちの学生相談員の先生が、毎週、月曜・水曜・金曜の午後にいらっしゃいます。

 

月曜日は、元気はつらつ~♪ サカベ先生!

水曜日は、しっとり、らっとり♪ スエヨシ先生!     

金曜日は、どしっとほわんと♪ サメシマ先生!

 

なにかのCMみたいになってますが(;^ω^)・・・でも、このフレーズがほんとにピッタリです!

とても信頼できる素晴らしい先生方ですよ。安心してご相談ください!

 

最後に、大学内で見つけた景色をいくつか・・・

この写真は講義棟横のイチョウの木です。

 

私事ですが、遠い昔、色の勉強をしてパーソナルカラーリストの資格を持っています。

色には、癒しの効果や、補色といってお互いの色をきれいに見せる効果などがあります。

この空の青と、黄色に色づいた葉・・青の補色はオレンジですが、黄色はそれに近いのでコントラストがとても綺麗ですね。

このお花は、管理棟横に咲いていました。椿でしょうか?

緑の補色は赤・・こちらもお互いの色を引き立てていてとても綺麗で、すぐに見つけることができました。

余談ですが、病院のオペ室の壁や術衣が緑なのは、術医の目の疲労感を最小限に抑えるため、スーパーでお買い物するとき赤いお肉やお魚にバランや大葉が一緒に入っているのは、お肉やお魚の色をきれいに見せてくれるためです。

この写真は、正面の門を入ってすぐ横の木々たちです。赤茶色や黄色の落ち葉のグラデーションが、光を浴びてとても綺麗ですね。

こんな風に、忙しい日常生活の中で、まわりの景色に目を向け自然の作り出す色に癒されることも大切なのでは・・と思います(^-^)

 

それでは・・朝晩の冷え込みがかなり厳しくなりました。みなさま、体調にお気をつけてお過ごしください。

以上、障がい学生支援室、ナゴシがお伝えしました。