2017年4月21日(金)第359号『春すぎて』

投稿日:2017 年 4 月 21 日    カテゴリー:イベントレポート,スタッフ日記,大学の日常

4月第3週、先週お伝えした桜もすでに散り去り、新緑が映え本学はすでに初夏の香りがします。

さて、本学ではグローバル人材育成の一環として、地域の課題を題材とし、その解決方法などを探っていく基幹演習(地域課題解決型の演習)を2年次科目として開講しています。

この基幹演習では、地域活動や地方行政などに携わる方々に地域の課題等に関する講演や演習結果に対するご意見をいただく機会を設けています。

4月18日(火)の3限目の基幹演習では、宮崎市国際交流協会の武村事務局長から「地域活動と国際交流」について講演をしていただきました。

講演では、毎年増加する宮崎市の外国人登録人口の推移の説明や、異文化理解講座や外国人向け防災セミナーなど宮崎市国際交流協会がおこなっている活動のご紹介がありました。

また、地域の国際交流活動として、地域づくり協議会がおこなっている国際交流事業のご紹介がありました。

受講生のみなさんは、この講演をもとに世界的視野をもちながら身近な地域の国際交流についていろいろ考えることになるようです。

また、今日(4月21日)は、異文化実習(カナダ)の説明会が開催され、カナダのバンクーバー・アイランド大学のスタッフの方から直接説明をしていただきました。

大学での研修プログラム、ホストファミリー、そしてバンクーバー島の自然について、きれいな画像ととてもわかりやすい説明でその魅力を十分感じさせていただきました。

今年の夏も、カナダに行く学生は多そうです。

~春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ 天の香具山  持統天皇~

 

以上、今度の夏は暑い宮崎を離れてカナダに行きたいと思った学務課コマツがお伝えしました。

2017年4月14日(金)第358号『学内のさくら』

投稿日:2017 年 4 月 14 日    カテゴリー:おすすめスポット,スタッフ日記,大学の日常

新年度が始まり約2週間が経過しました。入学式の時3分咲きだった講堂前の桜も、もうずいぶん散ってしまいました。

 

 

桜の花は、入学・入社・異動など新しい出会いの季節にとても似合っていると思います。そういう理由で学校に桜の花が多く植えられているのではないかと、この時期はいつもそう思います。

 

今週明けはあいにくの天気でしたが、その後、好天に恵まれ、青空を背景に本学の桜の花は非常にきれいに花をさかせています。

 

 

夜は、ナトリウムライトの独特のオレンジ光に照らされて、すこし幻想的な雰囲気を醸しています。撮影技術が拙いために綺麗に撮影できませんでした。

 

 

 

 

話がすこし転換しますが、

今年の2月から3月にかけて、研究講義棟の一部の空調を行っている大きな機械のオーバーホールと、食堂のエアコンの更新を行いました。

どちらも開学以来、大事に使ってきたもので、研究講義棟の空調機は重要な部品を交換し、食堂の空調機は新しいものに付け替えを行っています。

 

 

食堂の空調機は本体だけでなく室外機も大きく、しかも他の室外機と込み合っていて、業者の方は設置に苦労されたようです。

 

 

がっちり大きな足場を組んで、クレーンでつり上げていました。

室外機を運び込むため使うクレーンも大きく、侵入経路をどうするか問題になりましたが、桜の木の枝を一部切って、クレーン車が通れる空間を確保するしかありませんでした。

 

このことを造園業者に相談したところ、枝の剪定にはちょうどいい時期だったらしく、問題はないとのことで、業者にお願いして枝を切り、後の処置をしてもらいました。

 

 

『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』

といいますが、かなり大きく育っていた枝を4~5本切ってしまったので、春に花が咲くか心配でした。

今年は、充分きれいに花が咲いて良かったです。

 

来年も花がきれいに咲いて欲しいと思う総務係コニシが、ここ一週間の学内の桜の状況をお伝えいたしました。

2017年4月7日(金)第357号『新年度が始まりました。』

投稿日:2017 年 4 月 7 日    カテゴリー:イベントレポート,スタッフ日記,大学の日常

4月2日(日)に、宮崎地方気象台より桜(ソメイヨシノ)の開花が発表されましたが、平年より9日遅く、昨年より9日遅い開花となり、1971年の観測開始以来、最も遅い記録と並んだようです。

 

ちなみに、4月7日(金)朝、本学の正門前の桜はこんな感じでした。

開花が発表されましたが、昨日、今日と雨模様。本学の桜の満開はもう少し時間がかかりそうです。

 

そんな中、4月4日(火)に本学の講堂で入学式が行われました。

 

長く厳しい受験を乗り越え、受験生から新入生となった彼らの表情は明るく開放的で、本学にも春がやってきたと感じさせてくれるものでした。

 

本学の入学式では、新入生は学籍番号順に座ることになります。

受付で新しい学生証をもらい、その番号の席を探して座ります。

隣に座る人は、卒業するとき、もしかしたらかけがえのない友人になっているかもしれません。

これから始まる新しい学生生活ではそんな人との出会いがたくさんあると思いますので、一つ一つの出会いを大切に過ごしてほしいと思います。

 

今年入学した新入生は25期生。1993(平成5)年に開学した本学も25年目を迎えました。まだまだ学生のように若い大学だと思いますが、これからも毎年新入生を迎えられるよう教職員も新たな気持ちで新年度をスタートしたいと思います。

 

今年度最初の花金は、大学職員として7年目を迎えた企画総務課フクモトがお送りしました。

2017年3月31日(金)第356号『記録すること、発信すること』

投稿日:2017 年 3 月 31 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記,大学の日常,学生の活躍

久しぶりに花金を書いているグローバルセンターのコバヤシです。

 

どのくらい久しぶりになるのかブログで確認してみると、2014年7月4日の227号の『たこ焼き人生論』という関西人のステレオタイプを助長する記事を書いてから2年8か月ぶりになります。あまりに久しぶりすぎて、本ブログの発起人であるにもかかわらずログインIDとパスワードを忘れていました。なんという体たらく。

 

花金に不在だった期間は、担当業務のかたわら、本学広報誌「MMUSHiP」の制作に携わっていました。2015年4月にグローバルセンターに異動してからは、国際交流に関する記事を中心に担当し、海外留学を通じて成長していく学生のリアルを取材してきました。

 

特に印象に残っているのは、2016年度韓国異文化実習の特集記事です。10月刊行予定の広報誌の特集企画でしたが、直前の8月末に韓国に渡航し、実習中の学生引率や協定校との協議交渉のかたわらiPhoneで写真を撮りため、学生の自由行動日にソウルのカフェで記事を書き、9月に帰国してからすぐに誌面をデザインして、Macデザインを極めつつある企画係ウエゾノさんがサクッと仕上げてくれて、何とか10月刊行に間に合いました。相当無理のあるスケジュールでしたが、日韓の学生が生き生きと交流する様子や韓国の文化や歴史を目の当たりにした直後に書いた記事なので、細部の粗さは目立ちますが、異文化交流のわくわく感がありのまま真空パックできたのではないかな、と自分では勝手に感じています。

 

そんな大学広報誌MMUSHiPですが、先日最新号Vol.11が刊行されました。学生記者と職員がタッグを組んで企画取材を行う体制が復活し、MMUでの大学生活がフレッシュな視点から描かれています。私は担当した4ページがすべて学生インタビュー企画だったこともあり、取材した6人の学生の生い立ちから現在に至るまでの人生ドラマをじっくり聞くことができました。これまで海外留学がまったく選択肢になかった学生にこそ一読してもらえると幸いです。

 

 

最後に、今回久しぶりに花金を書くにあたって、2009年の創刊号以来、自分がどんな記事を書いていたのかをざっと読み直してみたのですが、肩に力が入っていたりラフすぎたりアホだったり理屈をこねにこねていたりと様々で、一貫性のなさに愕然としました。当時はまだ20代でしたが、それから8年を経て、最近は学生と接するときに自分が親目線になっていることにハッとすることもしばしばです。広報ブログも広報誌も、その時々の状況を記録して発信するものですが、形にして残すことで作成者のリフレクションにもつながるのだと、想定外の効能を実感しています。

 

来年度も職員全員広報体制でMMUをお伝えしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

以上、本日で大学職員人生9年目が終わり、明日から10年目の節目を迎えるコバヤシがお送りしました。

 

 

 

 

2017年3月24日(金)第355号『平成29年度「語学講座」のご案内』

投稿日:2017 年 3 月 24 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記,大学の日常,学生の活躍

みなさま、こんにちは。

時が過ぎるのは早いもので、今年度も残すところあと1週間となりました。

 

暖かい日も多くなり、春の訪れを感じる今日この頃です。

 

 

さて、本日は、現在平成29年度の受講生を募集している「語学講座」をご紹介します。

「語学講座」では、英語中級、韓国語初級、中国語初級の講座を無料で実施しています。

 

 

昨年度の写真と共に、講座の様子をご紹介します。

英語中級の講座は、本学の教員が講師を務めます。

英語中級の講座では、グループに分かれ、講師から出された課題について英語のみで話し合います。

講座は基本的にすべて英語で行われるため、日常英会話の出来る方を対象としています。

 

 

韓国語初級、中国語初級の講座では、本学の学生および留学生の有志(サークル)が講師を務めます。

 

韓国語・中国語いずれの講座も、基礎から始めて、発音、簡単な日常会話までを学びます。

これらの講座は、初心者を対象とした講座です。

各講座は前期・後期をとおして1年間、計20回実施されます。

 

 

この春から、新しいことを始めてみようと思っている方、ぜひ本学の「語学講座」を受講してみませんか。

申し込み方法等、詳しくはこちらをご覧ください。

 

以上、私もこの春から何か新しいことを始めたいなあ、と考えている、トミナガがお送りしました。