平成31年4月26日(金)第453号『4月26日』

投稿日:2019 年 4 月 26 日    カテゴリー:大学の日常

たたかい、というより日中は汗ばむくらいの陽気になり、

っぱな桜の木は青々とした葉を生い茂らせ、

まん強く冬をしのいできた植物たちも本学を彩っています。

思えば、

そのように朝晩が冷え込む時期があり、

んな気候だなと思う時期でもありますが、

ろんな苦労を乗り越えて本学に入学してきた新入生たちも、

んぱいたちのおかげで徐々に宮崎での生活に慣れてきて、

ましかできないことをスタートし始めた季節です。

 

かれと思って行ったことが、

くでもない結果を招いてしまうこともあるかもしれませんが、

たを向かずに、

じけることなく、

いせいになって、

まいちど、前に進み続けてください。

たしたちMMUの職員がお送りする“平成最後”の「花金ブログ」は、(平成時代の振り返りは、多くのマス・メディアがお伝えしていますので趣向を変えて、)本日「4月26日」がどんな日なのか、ご紹介したいと思います。また、せっかくご紹介するので、本学の3専攻(言語・文化、メディア・コミュニケーション、国際政治経済)にちなんだ形でご紹介させていただきます。

 

まず、言語・文化の観点から。

世界的にみて、「4月26日」に起こった最も大きな出来事としては、1986(昭和61)年のチェルノブイリ原子力発電事故が挙げられるのではないでしょうか。

旧ソビエト連邦(現ウクライナ)で起こった史上最悪の原発事故ともいわれるこの事故は、当時、世界中に衝撃を与えましたが、歴史的な背景もあってか、その事実に世界が気づき始めたのは、事故発生から数日が経過した後でした。

翻って、日本の原発事情はどうなっているのでしょうか。先日、川内原発が、テロ対策施設整備の遅れから、運転停止命令を受ける可能性があることが報じられました。

現代社会において、電力が必要不可欠であることはいうまでもありません。ここで原発の是非を問うことはありませんが、「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」という言葉にもある通り、過去の教訓を生かした対応が望まれます。

 

次に、メディア・コミュニケーションの観点から。

昭和29(1954)年「4月26日」、黒澤明監督の『七人の侍』が公開されました。複数台のカメラで同じシーンを同時に撮影する「マルチカム方式」を初めて採用したり、独特な自然の動きや人の動きの演出、大掛かりなロケのセットやスクリーンに映らない小道具に至るまでのこだわりなどで、この映画をはじめとする黒澤作品は、日本のみならず国際的にも高い評価を得ています。そして、黒澤監督の映画手法は、多くのハリウッド映画監督にも影響を与え、人気映画シリーズ『スター・ウォーズ』の監督、ジョージ・ルーカス氏や『インディ・ジョーンズ』シリーズや『E.T.』の監督として有名なスティーヴン・スピルバーグ氏も、その影響を公言しています。

現代まで続く人気のある世界的な映画に、過去の日本映画が影響しているということは、なんともロマンのある話です。

 

最後に、国際政治経済の観点から。

平成13(2001)年「4月26日」、日本では、小泉純一郎氏が第87代日本国首相に就任し、第1次小泉内閣が発足しました。その明るい性格と強いリーダーシップを生かし、マス・メディアを巧みに利用した小泉元首相は、支持率の高さから、第1次改造内閣、第2次小泉内閣を含めて、平成で2番目に長い期間、首相を務めました。

なお、平成で1番長く首相を務めているのは、現首相である安倍晋三氏。ちなみに、安倍現首相は第1次小泉内閣当時、内閣官房副長官を務めていました。

また、来年は、いよいよ2回目の東京オリンピックが開催されます。建設ラッシュや交通インフラ整備、カラーテレビ購入等の個人消費の増加により好景気に沸いた昭和39(1964)年の東京オリンピック。その一方で、オリンピック後のピークアウトにより「昭和40年不況」に陥ったことも有名です。

21世紀になって初めて日本で開催されるオリンピック。そのお祝いムードに水を差さないためにも、安倍現首相の手腕に、今後より一層注目が集まります。

 

おまけとして、「4月26日」は、「よいふろのひ」の日でもあるそうです。

年度始めで新しい環境に身を置かれ、お疲れの方も多いのではないでしょうか。また、明日からの超大型連休にたくさんの予定を入れている方もいらっしゃることでしょう。

今日はゆっくりお風呂に浸かって、この1カ月の疲れを癒すとともに、明日からのお休みに備えてください(明日からもお仕事の方は、明日以降のお仕事に備えて、ゆっくりお休みください)。

 

このように(時代は違えど、)同じ「4月26日」であっても、物事は様々な側面から見る/考えることができます。宮崎公立大学は、リベラル・アーツを標榜する人文学部国際文化学科。学生にとって本学は、多様な専門分野をもつ先生から幅広い知識や考え方を学修することができる、非常に魅力的な大学です。

 

ちなみに、附属図書館の広報紙『Camellia』では、「新元号の始まりの春に」と題し、各専攻から1名ずつ、本学教員がそれぞれ寄稿しています。こちらもあわせて、ご覧ください。

 

以上、“平成最後”の「花金ブログ」は、“平成の怪物”松坂大輔と同級生の企画総務課アラキがお送りしました。

平成31年4月19日(金)第452号『教職課程に関する説明会』

投稿日:2019 年 4 月 19 日    カテゴリー:お知らせ

満開の桜とともに新入生の皆さんをお迎えしてから20日が過ぎようとしています。

あっという間の2週間でしたが、大学生活には慣れてきたでしょうか…?

 

本学では、新入生の皆さんが大学生活を送る上で必要な情報を説明し、履修手続き等を行うオリエンテーション期間を設けていますが、そのオリエンテーションに加え、平成29年度から新たな取り組みを始めました。

その取り組みが「教職課程に関する説明会」です。

この説明会は、新入生および保護者の皆さんに、教職課程を履修する上で必要な修得内容および手続き、免許状の更新制度等を早い段階で理解していただく機会として、入学式後に開催しています。

 

今回は、4月2日の入学式後に開催した「教職課程に関する説明会」の様子をご紹介します。

 

はじめに、本学教職課程部会を代表し、竹野茂教授よりご挨拶を申し上げました。

本学教職課程を履修する上での心構えや英語教員になる上で必要な英語力について述べました。

 

続いて、教職課程担当教員の野﨑秀正准教授より、教職課程に関する説明を行いました。

本学教職課程の概要や教員免許取得・教員採用選考試験に関する注意事項等について説明しました。

 

続いて、教職科目・教職支援担当の曽我文敏講師より、教職支援室の取組について説明を行いました。

教員採用選考試験の合格実績や教員輩出実績、教職支援室での主な指導・支援内容について説明しました。

 

続いて、小学校教諭免許取得推進事業担当の徳村光郎先生より、小学校教諭免許状取得(※)について説明を行いました。

本学での小学校教諭免許取得方法や費用等について説明しました。

※本学では、小学校教諭免許状を取得するための教職課程を設置していませんが、通信制大学との連携により、在学中に小学校教諭の免許状が取得できます。連携先大学(星槎大学 共生科学部通信制課程)の科目等履修生として小学校教諭免許状取得に必要な科目を履修(別途授業料等が必要)することで、小学校教諭一種(二種)免許状が取得できます。ただし、本学の教職課程を履修し、中学校・高等学校教諭一種免許状の取得が必要です。小学校教諭免許状のみの取得はできません。

 

今年度は、約200名の新入生および保護者の皆様にご出席いただきました。改めてお礼申し上げます。

この説明会以外にも、本学では教職課程に関する様々な取り組みを行っています。詳細についてはこちらをご覧ください。

 

以上、学務課のアイザワがお送りしました。

平成31年4月12日(金)第451号『語学講座のご案内』

投稿日:2019 年 4 月 12 日    カテゴリー:おすすめスポット,お知らせ,大学の日常

みなさま、こんにちは。

4月に入っても寒い日がつづいていましたが、ここ数日でようやく春らしい気候になってきました。

学内は色とりどりの花が咲き誇り、とても美しい景色が広がっています。

 

正門前、満開の桜

研究講義棟2階から見た中庭

中庭の花壇①

中庭の花壇②

交流センター入口の花壇

 

個人的に3~4月にかけての学内の景色が一番きれいだと思いますし、吹き抜ける風が心地よく、とても大好きな時期です。学内を歩いていると春の訪れを感じられ、とても清々しい気分になります。

 

さて、新年度が始まり気持ち新たなこの春に、何か新しいことを始めたいなと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで本日は、市民向け公開講座を担当する地域研究センターから、現在受講者募集中の語学講座についてご案内します。

 

語学講座では、「英語中級」「韓国語初級」「中国語初級」の三つのコースをご用意しています。

「英語中級」では、本学のスコット ビンガム准教授が講師となって講座を行います。講座はすべて英語で行われ、時事問題等について受講者同士でディスカッションを行います。

「韓国語初級」「中国語初級」では、本学の学生や留学生が講師となって講座を行います。どちらも初心者向けの講座で、発音の基礎から始め、簡単な日常会話までを学ぶ内容となっています。

いずれの講座も毎年多くの方にご参加いただき、ご好評いただいています。

 

これらの講座は、前期・後期を通して全20回の講座で、受講料は無料です。申込み締め切りは4月22日(月)までですので、まだ間に合いますよ~!!

詳しくはこちらをご確認ください。

 

みなさまからのお申し込みを、お待ちしております!

 

以上、地域研究センターのトミナガでした。

平成31年4月5日(金)第450号 『平成最後の入学式を挙行しました。』

投稿日:2019 年 4 月 5 日    カテゴリー:お知らせ,イベントレポート

みなさんこんにちは。4月に入りましたが、寒い日が続いています。そんな中、去る4月2日(火)に本学の講堂にて平成31年度入学式が行われました。

 

入学式では、有馬学長が、「これまでの「モノづくり」すなわち製造業中心の経済から、アイディアや知識を基盤とした社会への変化、人間を相手にしたサービス産業が増えている。どんなビジネスでも、異なる文化や価値観をもつ人々と意思疎通を図る必要性が高くなっている。」という社会変化を踏まえ、「相手の話をきちんと聞き、それに対する自分の考えを示しながら論理的に話しあう力、コミュニケーション能力が求められており、本学での少人数教育において、論理的に聞き話す訓練をしてほしい。」と式辞を述べられました。

 

 

また、入学者を代表し、甲斐未桜さんが、「今日から始まる大学生活では、自分で考え、自分から行動し、たくさんのことを経験してたくさん力をつけていきます。」と誓いの言葉を述べられました。

1993(平成5)年に開学した本学は、これまで5,000名を超える学生をお迎えしてきました。今年入学した新入生は第27期生となりますが、希望を胸に新たなスタートを迎える新入生やその保護者の姿を拝見しながら、毎年のことですが、「今年も1年が始まるなぁ、気持ちを新たに頑張ろう。」という感情を思い出させてくれます。平成としては最後の入学式でしたが、青空の下に咲く桜とともに実施できたことが何より嬉しいことでした。

 

ちなみに、入学式では、平成22年度に当時在籍していた学生が作詞作曲した「椿歌(ツバキウタ)」という愛唱歌を斉唱しています。今年もアカペラ部と吹奏楽部の学生が登壇し会場全員で斉唱しました。

 

本学の校章は、宮崎市の花木である「椿」をモチーフにしており、また、学内各所には椿が植えられています。入学式や卒業式等が行われる講堂には、「椿歌」の歌詞が飾られています。

これからも、学生自身が作り上げたこの愛唱歌を、大学生活のスタートである入学式、そして、最後となる卒業式で後輩達が斉唱していくことでしょう。

 

(「椿歌」については、こちらから視聴できます。)

 

さて、入学式が終わると、新入生は大学生活や授業の開始に向け、その準備として3日間のオリエンテーションが行われます。履修に関することや国際交流について、また、奨学金や健康、施設の利用等、様々なことについて説明があります。しっかりと確認してほしいと思います。

新入生のみなさんは、これまでと違う環境や人間関係に最初はとまどいや不安などがあるかもしれませんが、入学式の時の気持ちを忘れずに、是非、有意義な大学生活を過ごし、それぞれの夢に向かって努力して欲しいと思います。

 

今週の花金は、今年度の入学式を担当した企画総務課フクモトがお届けしました。

 

平成31年3月29日(金)第449号『平成最後の・・・』

投稿日:2019 年 3 月 29 日    カテゴリー:スタッフ日記

平成最後の3月も残すところ僅かとなりましたが、平成最初の3月を思い出しました。

今回はそんなお話です。

 

日本の学校の「年度」は4月から翌年3月までの1年間ですが、

その年度区切りで「平成○年度入学」や「平成○年度卒業」と表現するのが通例ではないでしょうか?

 

時の巡り合わせで、私たちの学年が最初に「平成元年度卒業」と名乗るはずだったのに、

一つ上の学年が「平成元年3月卒業」と銘打っていて、憤りを感じた記憶が鮮明によみがえりました。

 

「昭和」から「平成」への変わり目は子どもの頃でしたが、

ちょうど節目の年だったので覚えているのだと思います。

その先輩方はきっと「平成元年度入学」だったことでしょう。

 

平成の歴史を振り返る特集は各メディアで扱われていましたが、

みなさんは、その瞬間、何を考え、どうしていたのでしょうか。

これを機に当時を振り返ってみるのもこの週末の過ごし方としていかがですか?

 

 

さて、本学の歴史を紐解けば、開学は平成5年度ですが、

昭和の頃から大学設置について動きがあったようです。

http://www.miyazaki-mu.ac.jp/university/outline.html の沿革ご参照ください。)

 

「宮崎大学教育学部跡地へ新大学設置の意向を宮崎市議会で表明」されたのは

昭和636月で、平成元年2月には「高等教育懇話会は新大学設置の必要性を認め、

報告書を提出」されているようですね。

 

 

先週、平成30年度の卒業生が本学を巣立っていきましたが、

就職または進学した彼らは平成31年度の新入社員(新入生)として新時代を築いていくことでしょう。

この記念すべき節目を30年後、40年後に思い出せるよう胸に刻み、

新しい一歩を踏み出してください。

ご活躍をお祈りいたします。

 

 

そして数日後に行われる「平成31年度」の入学式。

新入生のみなさんも本学でしっかり学んで、新時代を切り開いていって欲しいと思います。図書館も全力で応援しますので、どうぞご利用ください。

 

 

以上、平成元年度に○学校を卒業したヒガシがお伝えいたしました。

 

 

(おまけ)

今回の改元のタイミングなら年度末には「(新元号)元年度」の表現もアリなのかな?

気が早いですが、次年度の卒業式など、各学校・大学の動向や対応が気になります。

 

 

<宣伝>

図書館広報紙『Camellia』のVol.8では新元号をテーマに各分野の先生方に執筆いただいております。図書館ホームページからもご覧いただけますので、是非ご一読くださいませ!!

http://www.miyazaki-mu.ac.jp/library/camellia.html