教育研究

宮元 章次 (MIYAMOTO Shoji)

所属 人文学部 国際文化学科 (メディア・コミュニケーション)
職位 教授
学位 体育学博士
学歴 筑波大学大学院体育研究科健康教育学専攻修了
専門分野 運動生理学 ハンドボール
主な担当科目 スポーツ・健康科学概論 / スポーツ・健康科学実習 / 生涯スポーツ実践 / スポーツ文化論
主な研究テーマ
  • 出生直後の体重変動が青年期の肥満と運動能力に及ぼす効果について
  • 成年女子における体脂肪率の算出式の作成
研究キーワード 二重エネルギー吸収法 BMI 体脂肪率 痩身 肥満
所属学会
  • 日本体育学会
  • 日本運動生理学会
  • 日本学校保健学会
  • 日本体力医学会
  • 人類働態学会
  • 九州・山口スポーツ医科学研究会
  • 九州体育・スポーツ学会
社会活動
(過去の実績を含む)

琉球大学勤務時からハンドボールの指導を始め、日本体育協会公認コーチの資格を持つ。ハンドボールの国際大会等でテクニカル・デレゲート/競技委員長を務めた。
平成29年度大学体育指導者全国研修会は2017年9月2日から4日まで本学で開催された。
現在、宮崎県ハンドボール協会副会長、日本ハンドボール協会評議員を務める。また、宮崎市スポーツ振興審議会会長として宮崎市スポーツ推進計画2015-2024の策定にかかわる。

  • 宮崎市スポーツ振興審議会会長
  • 宮崎県体育協会評議員
  • 宮崎県競技力向上推進本部委員
  • 宮崎県ハンドボール協会副会長
  • 九州ハンドボール協会副会長
  • 日本ハンドボール協会評議員
受賞
  • 日本ハンドボール協会創立75周年記念功労者表彰 2013年
  • 日本運動生理学会賞 2011年
    受賞対象:「運動生理学に関する一連の研究成果を学術雑誌に多数発表し、運動生理学の進歩に多大なる貢献をしたこと」
  • 日本体育協会・日本オリンピック委員会から功労者表彰受賞 2011年
その他 外部資金獲得状況
  • 日本学術振興会・科学研究費助成事業 基盤研究(C)
     「低出生体重で生まれた女子大学生の生活習慣は痩身及び健康状態にどう影響するのか」(代表者) (2014年4月~2019年3月)
メッセージ 本学ではスポーツを通して人間性豊かで社会貢献力があり周りから信頼できる学生を育んでいます。
主な著書・論文 著書
  • 二重エネルギー吸収法からみた青年男女の身体組成
論文
  • 宮元章次ほか: 低出生体重と青年女性のフィットネスとの関連について. 九州・山口スポーツ医・科学研究会誌. 31:9-12, 2019.
  • 宮元章次ほか: 健康度と若年女性のフィットネスとの関連について. 九州・山口スポーツ医・科学研究会誌. 30:61-64, 2018.
  • 宮元章次ほか: Body Mass Indexと青年男女における体脂肪率との関連について
    肥満研究,22:219-225, 2016.
  • 宮元章次: 本学新入生の体格・体力の20年間における経年変化について
    宮崎公立大学開学20周年記念論文集,21:341-354, 2014.
  • Matsunaga, S. et al.: Effect of low-intensity plyometric exercise on the recovery of jump performance after fatiguing exercise. The Pacific-Rim Conference on Education -Teaching and learning in a global society- (Sapporo, Japan), 2012.
  • Miyamoto, S, et al.: Effects of exercise on bone mineral density of Japanese females with low birth weight. Adv. Exerc. Sports Physiol., 16:83-89, 2011.
  • Miyamoto, S, et al.: Relationship of low lean body mass with body weight increase until one year of age and current lifestyles in young women. J. Human Ergol., 39:45-51, 2010.
  • Miyamoto, S, et al.: Relationship of lean body mass with distance of body wight until one year of age and current developmental distance in young women. J.Human Ergology 39:45-51,2010.
  • Miyamoto, S, et al.: The effect of regular exercise calculated by the formula of Brozek et al. in female junior high school students. Kyusyu Journal of Physical Education and Sport 12:17-22,2006(4).
  • 宮元章次ほか: 宮崎公立大学生の体格・体力の推移について. 宮崎公立大学人文学部紀要. 12:271-288, 2005(3).
  • Miyamoto, S, et al.: Is the Body Composition Formula of Brozek et al. Applicable to Female Athletes Who Have Agility and Speed? Advances in Exercise and Sports Physiology. 10:37-41, 2004(7).
  • 宮元章次: 青年女性の骨量とBODY MASS INDEXとの関連について. みやぎん経済研究所. 123:2-7, 2003(8).
  • Miyamoto, S, et al.: Is the Female Body Composition Formula Based on Body Density and Body Fat Applicable to the Case of Weight Control? Advances in Exercise and Sports Physiology. 8:5-8, 2002.
  • 宮元章次: 踵骨超音波骨密度とBody Mass Indexとの関連について. 宮崎公立大学人文学部紀要. 8:261-267, 2001年3月.                            
  • 宮元章次: 青年女性の体骨塩量がBODY MASS INDEXに及ぼす影響. 日本運動生理学雑誌. 8:33-39, 2001年2月.
  • 宮元章次ほか: ゲートボールの実施が高齢女性の骨密度に及ぼす影響. 体育学研究. 44:493-499, 1999年11月.                    
  • 宮元章次: 思春期の月経周期の規則性が骨密度に及ぼす影響 九州スポーツ医・科学会誌. 10:73-76, 1998年6月. (単著)
  • Miyamoto, S, et al.: What is the Minimum Age for Applying the Forbes Equation between Body Density and Body Fat to the Elderly? Journal of Human Ergology. 26:1-6, 1997(6).
  • 宮元章次: 二重エネルギー吸収法からみた青年男女の身体組成の研究.中京大学審査学位論文 乙博第三号 pp.1-116, 1996年9月.
  • Miyamoto, S, et al.: A modified formula to estimate body fat from body density in adult females. Adv Exerc Sports Physiol 1:13-17, 1994.          
  • 宮元章次: 発育期の運動と骨密度. 保健の科学. 4:216-220, 1994年3月.
  • 柴山秀三郎ほか: 高齢者に対する身体密度測定法の応用. 鹿屋体育大学紀要. 11:71-78, 1994年3月.
  • 宮元章次ほか: 習慣的に運動を実施している高齢者の除脂肪部分の密度に関する研究. 九州スポーツ医・科学会. 6:119-122, 1994年11月.
  • 宮元章次: 運動と青年期の骨塩量. 九州スポーツ医・科学会. 4:21-24, 1992年11月.
  • Miyamoto, S, et al.: Effect of the bone mineral content variation on the body fat ratio computation in young adults. Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 42:271-277, 1993(3).
  • Miyamoto, S, et al.: Effect of pubescent habitual exercise on bone mineral density of university students. Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 42:37-45, 1993(1).
  • 宮元章次ほか: 成長期の規則的な運動が大学生の骨密度に及ぼす効果.体力科学. 42:37-45, 1993.
研究室 Eメール: miya(アットマーク)miyazaki-mu.ac.jp
メールを送信するときは、(アットマーク)を@に変えてください。

 

ページTOP