教育研究

川瀬 隆千 (KAWASE Takayuki)

所属 人文学部 国際文化学科 (メディア・コミュニケーション)
職位 教授(地域研究センター長)
学位 文学修士
学歴 立教大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程後期課程満期退学
専門分野 社会心理学  コミュニティ心理学
主な担当科目 社会心理学 / コミュニティ心理学 / キャリア設計
主な研究テーマ
  • 大学生のキャリア形成支援に関する研究
  • ストレスとソーシャルサポートに関する研究
  • 地域への愛着に関する研究
研究キーワード 心理学、キャリア形成、ストレス、ソーシャルサポート、地域愛着、社会調査
所属学会
  • 日本心理学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本コミュニティ心理学会
  • 日本グループダイナミックス学会
  • 九州心理学会
社会活動
(過去の実績を含む)
  • 宮崎市民活動センター運営委員会
  • 宮崎県公共事業評価委員会
  • ドロップインセンター理事
メッセージ 心理学的なアプローチでさまざまな問題に取り組んでいます。
主な著書・論文 著書
  • 『影響力の武器-なぜ、人は動かされるのか』(第2版) 誠信書房 2007年9月
  • 『感情の社会的共有』(感情現象の諸相第4章) ナカニシヤ出版 2005年12月
論文
  • 『宮崎公立大学学生における進路選択自己効力の向上要因』 宮崎公立大学人文学部紀要第24巻1号 2017年3月
  • 『宮崎公立大学学生の進路選択自己効力の要因としての遂行体験』 宮崎公立大学人文学部紀要第23巻1号 2016年3月
  • 宮崎への避難・移住者の実態と今後の支援~東日本大震災・原発事故による避難・移住者へのアンケート調査報告~『宮崎公立大学人文学部研究紀要』第22巻第1号2015年3月
  • 宮崎市における教師バーンアウトの実態『宮崎公立大学人文学部紀要』第21巻第1号 2014年3月
  • 大学生の親準備性に関する研究『宮崎公立大学人文学部紀要』第17巻第1号 2010年3月
  • 調査報告:仮設住宅で生活する被災者の現状と課題-宮崎県における2005年の台風14号被災者に関する継続調査-『宮崎公立大学人文学部紀要』第15巻第1号 2008年3月
  • 本学キャリア教育プログラムが学生の自己効力感に及ぼす効果『宮崎公立大学人文学部紀要』第13巻第1号 2006年3月
  • 「失業者の心理:感情の社会的共有が再就職過程に及ぼす影響」『宮崎公立大学人文学部紀要』第10巻第1号 2003年3月
研究室 Eメール: kawase(アットマーク)miyazaki-mu.ac.jp
メールを送信するときは、(アットマーク)を@に変えてください。
ページTOP