教育研究

市村 陽亮 (ICHIMURA Yosuke)

所属 人文学部 国際文化学科 (国際政治経済)
職位 助教
学位 博士(経営学)
学歴 神戸大学大学院経営学研究科システム・マネジメント専攻 博士後期課程 修了
専門分野 組織行動論 キャリア論
主な担当科目 経営学 / 国際経営論
主な研究テーマ キャリア形成をめぐって個人と組織の関係を取り上げ、個人の自律と組織の管理の両立を目指して研究に取り組んでいます。
自由に、自分らしく生きたい個人と、組織のことにも従事してもらいたい組織の間には、常に一定の緊張が存在します。個人を生かし、組織も生きる状態をどのように実現するか、なぜ実現しないのか、これが大きなテーマです。
研究キーワード キャリアの責任 主体的キャリア キャリアの依存 組織的支援
所属学会
  • 経営行動科学学会
  • 組織学会
  • 産業組織心理学会
社会活動
(過去の実績を含む)
  • 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ客員研究員(2015/4-2017/3)
その他 略歴
2011年4月より株式会社リクルートエージェント入社。
その後、2012年4月より社名変更に伴い、株式会社リクルートキャリアに転籍。キャリアアドバイザーとして年間500名以上の就職支援を行った。その後、リクルーティングアドバイザーとして企業の採用支援に2014年10月まで関わり退職。2017年3月に博士号(経営学)を取得。現在に至る。
メッセージ 経営学は戦略、会計、マーケティング、マネジメントなど学際的な幅広い学問です。その中でも、特にヒトに関する領域に関心を持ち、研究しています。
一口にヒトと言っても、採用・育成・配属・ダイバーシティ・労働環境整備など幅広く存在します。そして、そのどれもが、必ず学生の皆さんが将来関わることになるでしょう。授業では、わたし自身の経験を踏まえてリアリティのある内容をお伝えすることを心がけなら、学問的な視点もお伝えできればと思います。
主な著書・論文
  • 「キャリアの関心に対する組織的開発支援の影響の検証 −40歳未満軍と40歳以上群の比較−」『六甲台論集』第63巻3号 2016年 pp. 1-13.
  • 「主体的なキャリア形成とは何か - 意志から責任への転回−」『リクルートマネジメントソリューションズ オンラインレポート』 2016
  • 「主体的キャリア形成における組織の役割」『リクルートマネジメントソリューションズ オンラインレポート』2017
ページTOP