お知らせ

地域貢献

平成24年度後期開放授業オリエンテーションが開催されました

2012年09月24日

 

平成24年9月20日、宮崎公立大学 地域研究センターにて、平成24年度後期開放授業オリエンテーションが開催されました。

開放授業とは、学生向けの正規授業の一部 を市民の方にも受講していただける取組のことで、平成20年度より実施しています(詳細は開放授業をご覧ください)。

このオリエンテーションは、本学の開放授業を初めて受講される方を対象に開催され、今回は11人の市民の方にお集まりいただきました。

 

まず、加藤厚地域研究センター長より挨拶がありました。
加藤センター長は、 授業の魅力として、 「インターネットのように断片的な情報ではなく体系的な学びを得られる点」と 「読書と違って専門家(先生)に質問ができる点」を挙げました。

 


また、『論語』の一節 「子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者」(子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず)を紹介し、「対象を知るだけでなく好きになり、 好きだと思うだけでなく学んだことを生活に活かし発展させて楽しんで いただけるきっかけとなること を期待します」と述べました。

続いて、事務担当による受講の諸注意の後、施設紹介を実施。10月から始まる学びの日々に活用していただく施設をご案内いたしました。

 

 

平成24年度後期の開放授業は、10月から平成25年1月まで行われ、今回は39人の市民の方が受講されます。

ページTOP