お知らせ

国際交流

学術交流協定校等からの平成23年度交換受入留学生が来学しました

2011年10月05日

平成23年度後期から、中国の蘇州大学と韓国の蔚山(ウルサン)科学大学から2名ずつ来学し、10月4日(火)、4人に対する入学許可書交付式が実施されました。


やや緊張の面持ちの4人

 


「はいっ!」という元気のいい返事をし、入学許可書を受け取る留学生


入学許可書の交付後、中別府学長より「宮崎公立大学は、めんどう見のよさと少人数ゼミによる教育が特徴です。お互いに目に見えて、声が聞こえる、人と人とのコミュニケーションができます。若さを発揮して、楽しい留学生生活を送ってください」という激励の言葉がありました。

 

それに対し、蘇州大学の留学生は「宮崎に交換留学ができて光栄です。宮崎の郷土文化について学びたい」と決意表明。また、本学史上初となる蔚山科学大学の交換留学生は「交換留学の制度ができて大変ありがたく思います」「蔚山科学大学に私費留学中の宮崎公立大学生から、この大学のことをよく聞いていました。楽しみにして来ました」と、これから始まる未知の生活に対し、積極的な言葉を述べました。

 

交付式後に開催された懇談会の様子

 

また、同日の昼休憩時には、川瀬研究室の学生による「タスケンジャー」が集合。例年、新入生の修学支援を行っているボランティア団体ですが、今回は、留学生の生活支援を目的に半年ぶりに再結成されました。
 
 

初対面同士ですが話に花が咲いていました


こうして、4人の留学生による宮崎での生活が始まりました。
なお、蘇州大学留学生は1年間、そして蔚山科学大学留学生は半年間の滞在予定です。

ページTOP