お知らせ

国際交流

韓国 蔚山(ウルサン)大学校からの研修生が来学しています

2012年06月29日

平成24年6月24日(日)から、本学の学術交流協定校である韓国 蔚山大学校生15人が宮崎に滞在し、本学での3週間の短期研修に参加しています。

この短期研修は、平成7年度に開始した事業で、約3週間から1カ月の間、本学において日本、そして宮崎について、学び、体感できるプログラムが行われます。

研修生は、平日の午前中は、主に日本語講座を受講し、午後は文化講座等を受講。研修の第1週目は、茶道体験や、西池小学校での交流活動に参加しました。そして、週末には、宮崎公立大学ホストファミリー会の家庭でのホームステイが行われます。

 

   
歓迎会(地域研究センターによる「市民向け韓国語講座」の受講生の方にも
お集まりいただきました)

  
 
茶道体験
 

 

 

 
西池小学校での交流活動


 

この他、7月13日(金)の修了式までの間、華道体験・小松台地区の市民との交流会・江田神社等への市内研修・日本語弁論大会等、様々な活動が予定されています。

この研修を実施するにあたり、学内外の数多くの方々にご協力いただき、心より感謝しております。今後とも、地域の国際化に貢献するため、宮崎公立大学は国際交流の充実を重点目標として取り組んでまいります。

ページTOP