お知らせ

国際交流

ワイカト大学新ディレクターが来学なさいました

2012年10月25日

10月23日(火)、学術交流協定校であるワイカト大学(ニュージーランド)のパスウェイズ・カレッジ新ディレクターであるChelsea Blickem(チェルシー ブリッケム)氏と、日本事務所の吉田 恵氏が来学なさいました。

 


 
 

今回の来学の主な目的は、新ディレクターとなったChelsea氏による交流大学への表敬訪問です。
ワイカト大学教育学部の一部であるパスウェイズ・カレッジでは、従来からある英語教育や入学準備(ファンデーション)コースの充実だけではなく、参加者の専攻に合わせたプログラムも検討中との説明がありました。
 

Chelsea氏ご自身も留学経験が豊富で、イタリアやドイツの大学に留学していたとのこと。ワイカト大学に留学する学生には、語学だけでなく様々なことにトライしてほしいと語っていらっしゃいました。
 

ワイカト大学へは、本学から異文化実習として20名ほどの学生が短期留学を経験するほか、1名が交換留学生として10カ月派遣されます。

ページTOP