お知らせ

メディア情報

本学教員メディア掲載情報(東講師)

2009年12月03日

 

 12月3日発行の読売新聞(宮崎版)に、文化人類学の巨匠クロードレヴィ=ストロース氏(今年10月30日に逝去 享年100歳)の追悼記事が、東講師の解説で掲載されています。記事及びレヴィ=ストロースの各著作は、本学附属図書館にて閲覧が可能です。東講師は、レヴィ=ストロースの業績に関して、「文化、社会の多様性を認めつつ、その底流にある普遍的なものを追及する姿勢が一貫している。多様化する現状を単純化し一面的にとらえる傾向のある現代社会だからこそ、こうした視点が大きな意味を持つ。」と評価されています。確かに、つい先日発表された2009年度の「ユーキャン新語・流行語大賞」においても、「草食男子」「歴女」など若者を単純化して一面的にとらえる言葉が目立ちました。リベラルアーツに学ぶ本学の学生にとっても、レヴィ=ストロースの考え方から得るものは大きいのではないでしょうか。

ページTOP