お知らせ

その他

第31回ハングル能力検定試験で難関級の合格者続出!!

2009年01月26日

本学の学生の2008年度秋季第31回ハングル能力検定試験級別合格者は以下のとおりです。

<表:2008年度秋季第31回ハングル能力検定試験級別合格者数(人)>

(合格者数/受検者数)

  準2級 3級 4級
4年生 0/0 1/2 0/0
3年生 2/6 4/6 2/4
2年生 1/2 2/2 1/2
合計 3/8 7/10 3/6

(受験者数24名、合格者数13名)

李准教授(韓国語、韓国文化論などの講義を担当)によると、MMUでは3年生後期の段階でのハングル能力検定試験3級(中級下)の取得を目指しており、その上の準2級(中級上:韓国の大学で講義が理解できるレベル)については、韓国で1年間の留学を終えた学生が帰国後に取得するケースが一般的だったそうです。しかし、今回の結果を見てみると3年生2人と2年生1人が合格しており、彼女たちは長期留学の経験はまだないとのことです。3年生2人は春から蔚山大学校(韓国)での公費派遣留学が決定しており、国語国文学科と英文学科で韓国語での専門講義を受講する予定。そして、2年生にして難関準2級に合格した学生は、ビンガム准教授のゼミで英語や異文化理解を専門に勉強しているそうです。韓国語だけではなく英語まで高いレベルで習得しようという意気込みが、MMUの学生の真骨頂。合格者たちの今後の活躍を期待したいと思います!

ページTOP