お知らせ

その他

学生が「ゴミ分別推進班」を結成 ポスターで分別を呼びかけ

2009年06月26日

本学学生7名が「ゴミ分別推進班」を結成し、ゴミの正しい分別を呼びかけるポスターを作成、6月19日からインフォメーションホール横と売店横のゴミ箱付近に掲示しています。

 
 

この取り組みは教職科目である「総合演習」の一環であり、学生たちは将来教員として「総合的な学習の時間」の授業を指導することを想定して、まずは自らが課題解決学習に取り組みます。

 

本学3年生の佐藤さん、野田さん、佃さん、村上さん、福島さん、中村さん、中満さんの7名は、「大学のゴミの分別状況をどうすれば改善できるか」を共有課題として設定し、「ゴミ分別推進班」を結成。具体的な方策として、ゴミ箱付近にポスターを掲示することで一定の改善が見られるのではないかと考えました。「学生による手作りポスターが掲示されることで、より多くの学生にゴミ分別の大切さを実感していただけたら嬉しいです。7月9日(木)の総合演習の最終発表の場で、ゴミ分別がいかに改善されたかを報告するので、より多くの学生の意見を聞いてみたい」と佐藤さんは話しています。

「総合演習」最終発表会

日時 2009年7月2日(木)8:50-10:20 及び 7月9日(木)8:50-10:20 ※2日間に分けて5班ずつ発表
場所 宮崎公立大学研究講義棟2階201中講義室

※授業を履修していない学生や教員の参加も大歓迎だそうです。

ページTOP