お知らせ

学生生活

本学学生が携わっている「宮崎市明るい選挙推進協議会」が優良活動賞を受賞!

2013年03月15日

宮崎公立大学の有馬晋作教授及び有馬ゼミ(行政論)の学生が携わっている「宮崎市明るい選挙推進協議会」が、財団法人明るい選挙推進協会による「平成24年度明るい選挙推進優良活動表彰」の優良活動賞を受賞しました。

「宮崎市明るい選挙推進協議会」とは、(1)有権者の皆さんの投票率をあげること(投票参加)、(2)政治への積極的な参加(政治意識の向上)、(3)選挙違反のないきれいな選挙の推進を目的に市選挙管理委員会とともに運動を進めています。(「大会宣言」より)

宮崎公立大学の学生は、平成13年度から平成18年度まで「宮崎市明るい選挙推進協議会」の常任委員として委嘱されており、平成20年度からは「わけもんの主張」(※)作文に応募した有馬教授の行政論ゼミ生を中心に毎年度委嘱されるようになりました。


※わけもんの主張… 若者(わけもん)が選挙や政治に対し、日ごろ考えていることや感じていること、求めていることについて意見発表することにより、有権者または有権者になる者として政治や選挙に関する認識を深め、有権者に求められる責任感や明るい選挙推進運動に対する意識の高揚を図る活動。

br /> この受賞について、有馬教授は「今年度は、学生が衆院選宮崎1区立候補者6人の合同演説会を企画・開催する等、精力的な活動が見られました。年々、学生の本協議会への関わり方が積極的になっているように感じます。その点が表彰に繋がったのでは」とコメント。

 


有馬教授

 

また、若者の選挙への関わり方について、「世代別投票率で一番低いのが20代。将来の生活に影響を与えることになるのでぜひ投票に行ってほしいと思います。しかし、そのためには新聞を読み、政策を知り、学生であれば大学での学びも生かした上で、皆さんの意思を投じていただきたいですね」とも。

 


平成25年3月11日に行われた表彰式で表彰状を受け取る宮崎市明るい選挙推進協議会の渡部紀南会長

 


優良活動賞の表彰状


選挙啓発ちらし(左は4年生が作成した新有権者向け、右は3年生が作成した高校卒業予定者向けのもの)


 

今回の受賞に関する学生の活動については、次の資料もご覧ください。
「表彰式で用いられた『宮崎市明るい選挙推進協議会』事例紹介資料」(pdf形式:66KB)
宮崎市明るい選挙推進大会の「大会宣言」(本学学生が作成)(pdf形式:71KB)

<関連ニュース>
「本学学生4名に『宮崎市明るい選挙推進協議会常任委員』が委嘱されました」(2009年)
「本学学生9名に『宮崎市明るい選挙推進協議会常任委員』が委嘱されました」(2012年)

ページTOP