お知らせ

就職・進路

COC+事業「Weekly Work Café」を開催しました!

2019年07月16日

 去る6月18日(火)と7月9日(火)の二日間に渡って、Weekly Work Caféを開催しました。このCaféは、本学が加盟しているCOC+事業の一環で、気軽に企業と学生が触れ合う場です。「学生が企業を知る×企業が学生を知る」それがWeekly Work Caféです。

Weekly Work Cafeフライヤー.jpg 

     (クリックすると拡大表示されます)

 今回、参加していただいた企業は10社。いずれも宮崎県内に本社がある地元企業です。各企業からは採用担当者だけでなく、本学の卒業生も一緒に参加してくれました。久しぶりに会う顔は本当に懐かしく、また、元気そうで、さらに、社会人として学生の頃よりも一段としっかりとしており、頼もしい一面も垣間見えました。

DSC01529.JPGDSC01538.JPGDSC01549.JPGDSC01547.JPG

DSC01544.JPGDSC01530.JPG

中央が宮崎キヤノン人事課の松本様(2年目/田中ゼミ)   右端がトヨタ部品宮崎共販の間世田様(4年目/久保ゼミ)

中央左側の白いジャケットを着ているのが岡田様(1年目/川瀬(隆)ゼミ)

 

DSC01520.JPGDSC01556.JPG

 参加した学生は1年生から4年生まで様々。スターバックスのコーヒーやジュースを飲みながら、お菓子をつまみ、和気あいあいとした雰囲気です。今回は特別にフェニックスリゾート様の御協力で、この日のためにクッキーやチョコレートなどのお菓子を作っていただきました。学生からも好評で、とても美味しかったという声が聞かれました。

 

DSC01560.JPGDSC01564.JPGDSC01586.JPG

DSC01559.JPGDSC01570.JPG

中央で説明をしているのがデルの中村様(4年目/竹野ゼミ)   中央がスズキ自販宮崎の末永様(4年目/倉ゼミ) 

DSC01563.JPG

右から二人目がフェニックスリゾートの富山様(3年目/ニコル・竹野ゼミ)

 

 参加した学生の感想は次の通りでした。

「ネットなどでは知ることができない企業情報や仕事内容などをたくさん知ることができました。」

「実際に社会人として働いている方の話を聞くことで、現実的に将来についてイメージすることができました。」

「就職に関してあまり意識がなく、何を目標としてどう学生生活を頑張っていけばいいのかよく分からなかったが、会社で働くということが自分にとってどうメリットになってくるのかよく分かりました。」

「ゆったりとした雰囲気の中で、採用担当者の方や卒業生の方の話をたくさん聞くことができ、いい経験になりました。」

今回のCaféを通して、就職活動や大学生活に関してのアドバイスを頂いたり、社会人を将来のロールモデルとして捉えるようになったりしたようです。


DSC01596.JPGDSC01599.JPG

 

一方、企業の方の感想は次の通りでした。

「学生の認知度がやはり低いのを感じたため、企業について、働く私たちについて知ってもらえたのはとても重要だと感じました。」

「学生の生の声を聞けて良かった。現時点から企業の何を重要視しているのかを知ることができました。」

「卒業生として参加しましたが、学生と話すことで大学生の時の懐かしい気持ちと、先輩としてしっかりたした部分を見せないといけないという身が引き締まる思いでした。」
 

企業にとっても学生と直接話す機会はそれほど多くないため、企業の説明や仕事内容、インターンシップ、社会貢献活動など丁寧に説明いただきました。少なからず、地元企業の認知度の向上につながったのではないでしょうか。

 

最後に、今回のWeekly Work Caféを開催するにあたっては、株式会社マイナビ様にもご協力いただきました。誠にありがとうございました。

 

※「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」とは、平成27年度から、大学が地方公共団体や企業等と協働して学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成する教育カリキュラムを実施することで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的としています。詳しくはコチラをご覧ください。

ページTOP