教育研究

松本 祐子(MATSUMOTO Yuko)

所属 人文学部 国際文化学科(教職課程/言語・文化)
職位 准教授
学位 文学博士
学歴 津田塾大学文学研究科後期博士課程修了
専門分野 英語教育学
主な担当科目 英語Ⅲ、英語Ⅳ、英語Ⅴ、英語Ⅵ、スピーチⅣ、スピーチⅤ、スピーチⅥ、第二言語習得理論
主な研究テーマ 学習者の母語を活用した効果的な英語指導、言語技術
研究キーワード L1 use for L2 instruction, Language arts
所属学会
  • 全国英語教育学会(JASELE)
  • 大学英語教育学会(JACET)
  • 小学校英語教育学会(JES)
社会活動
(過去の実績を含む)
  • 小学校英語教育学会宮崎県理事(2017年7月~)
  • 放送大学講師
メッセージ 英語学習を促進し深めるための母語活用を研究しています。また言語を効果的に使うための「言語技術」を日英両言語で学ぶ試みも行っています。私達の生活や思考に深く関わっている言葉の様々な側面を一緒に探ってみましょう。
主な著書・論文 学術
論文
  • Methods of teaching reading skills: A case study at Ferris University (2010), フェリス女学院大学紀要第45号, 255-268
  • The influence on English learning of partial and systematic L1 use in the classroom (2010), 早稲田大学政治経済学部教養諸学研究第129号, 65-87.
  • Influence on partial L1 use on English learning: A case study of reading classes (2011), JACET Proceedings of the 38th JACET Summer Seminar, 41-45
  • 部分的な母国語(L1)使用が英語学習に与える影響:中級・上級レベルの比較 (2011), フェリス女学院大学文学部紀要学院創立140周年記念号, 403-415
  • Keep your students awake: Using Prediction in a reading class (2011), The Language Teacher(The Japan Association for Language Teacher: JALT),35(3), 41-42.
  • The Effect of lexical coverage and dictionary use on L2 reading comprehension (2011:共著), The Reading Matrix: An International Online Journal, vol. 11 (3)
  • Students' L1 use in the English classroom (2012), Journal of Tsuda College, vol. 34, 247-260
  • Partial L1 use in the L2 classroom:Discussion on its positive influences and significant factors to consider (2013), Tsuda Inquiry, vol. 34, 35-55
  • Optimal L1 use to enhance L2 reading comprehension (2014), Tsuda Inquiry, vol. 35, 18-34.
  • An Edited Version of the First Eight 1,000-Word Frequency Bands of the Japanese-English Version of the Vocabulary Size Test (2016:共著), The Language Teacher,40(4), 3-7
  • アクティブ・ラーニングを活性化させるためのICT活用:英語教育の視点から (2017), Miyazaki International College Comparative Culture, vol. 21
  • 使用言語からみたペアワーク:英語と日本語の比較 (2017). 九州英語教育学会『紀要』 vol.45, 59-68.
  • The Effects of L1 and L2 Use in the L2 Classroom: Cases in L2 Reading Comprehension with Peer-interaction Activities (津田塾大学学術リポジトリにて公開)
  • Pre-writing activitiesにおける使用言語の影響:L2 paragraph writingsと学習者評価の分析を基に (2018). 宮崎公立大学人文学部紀要 第26巻 第1号, 163-178. 
  • The relationship of four variants of the vocabulary size test to a criterion measure of meaning recall vocabulary knowledge(2019) Stoeckel, T., Stewart, J., McLean, S., Ishii, T., Kramer, B., & Matsumoto, Y.   System, 87.
書籍(単著)
  • 『The effects of L1 and L2 use in the L2 classroom: Cases in L2 reading comprehension with peer-interaction activities 第二言語指導における学習者母語活用の可能性』 (2017). 岡山:大学教育出版
書籍(共著)
  • 『これならできる!!小学校英語ハンドブック』(2017).「Chapter1 外国語活動 Q & A」, pp.42-58(執筆). 東京:啓林館
研究発表等
  • 言語技術を日本語と英語で学ぶ試み、九州英語教育学会宮崎研究大会(宮崎県)、2019年12月
  • Peer revisionにおける使用言語の影響:L2 essay writings と学習者評価の分析、全国英語教育学会 第45回弘前研究大会(青森県)、2019年8月
ページTOP