国際交流

日本人学生の海外留学

公費派遣留学

公費派遣留学とは??

宮崎公立大学の学術交流協定校への、4か月から1年間の留学プログラムであり、選抜試験を合格した学生を対象に、本学独自の奨学金等の経済支援を行う制度です。2年生以上を対象としていますが、例年3年生後期から出発するケースが多いです。留学先で取得した単位は、帰国後の学内審査を経て、20単位を上限に本学の単位として認定されます。

留学先紹介

バンクーバーアイランド大学:カナダ

VIU.jpg
【プログラム概要】

バンクーバーアイランド大学に附属する語学学校で、学部への入学英語基準を満たすための進学準備プログラムを受講します。語学レベルとしては中級者(TOEIC550~650点程度)向けのカリキュラムであり、英語圏の大学への正規留学に必要とされる4技能の総合的な英語教育が行われます。

【応募資格】

①本学に1年以上在籍し、在学期間が1か年の場合は30単位以上、2か年の場合は60単位以上、3か年以上の場合は94単位以上を修得しており、授業料を完納していること。
②tGPAのスコアが2.0以上であること。
③IELTS 5.0以上、TOEFL60以上、TOEIC(IP含む)550以上のいずれかを取得していること。

【募集人数】

1~2名

【留学期間】

9月~12月(4か月)

【応募時期】

3月上旬に募集要項公表、4月上旬に申込説明会、5月上旬に選抜試験、5月末に派遣内定。

【留学費用】
  • 留学先の授業料は本学が負担
  • 授業料を除く教材費等の諸費用、現地生活費は自己負担(生活費の目安:3食付ホームステイの場合、1か月6~7万円)
  • 本学独自奨学金により、毎月7万円の生活費(9月~12月)及び渡航費用16万円を助成

カピオラニ・コミュニティカレッジ:米国ハワイ州

KCC.jpg
【プログラム概要】

2年制の州立短期大学の正規授業を受講します。語学レベルとしては中級者(TOEIC650~750点程度)向けであり、自身の専攻や興味関心に沿って自由に授業を選択し、1セメスターで13単位程度を履修します。本学学生は、留学生対象の集中英語授業(7単位分)と現地学生対象の教養系授業(6単位分)を履修するケースが多いです。

【応募資格】

①本学に1年以上在籍し、在学期間が1か年の場合は30単位以上、2か年の場合は60単位以上、3か年以上の場合は94単位以上を修得しており、授業料を完納していること。
②tGPAのスコアが2.0以上であること。
③IELTS 5.5以上、TOEFL iBT 61以上、TOEIC650(IP含む)以上のいずれかを取得していること。

【募集人数】

1名

【留学期間】

8月上旬~12月(5か月)

【応募時期】

3月上旬に募集要項公表、4月上旬に申込説明会、5月上旬に選抜試験、5月末に派遣内定。

【留学費用】
  • 留学先の授業料は本学が負担
  • 授業料を除く教材費等の諸費用、現地生活費は自己負担(生活費の目安:2食付ホームステイの場合、1か月13万円程度)
  • 本学独自奨学金により、毎月7万円の生活費(8月~12月)及び渡航費用16万円を助成

スターリング大学:スコットランド

Stirling.jpg
【プログラム概要】

スコットランドの4年制総合大学で正規授業を受講します。語学レベルとしては上級者(IELTS6.0必須)向けであり、自身の専攻や興味関心に沿って自由に授業を選択し、1セメスターで3科目を履修します。各教科は1週間の中で複数回の講義・演習の時間が設定されるほか、授業外の時間に膨大な量の予習・復習が必要になります。EUを中心に世界中から集まる留学生や英国人学生のグループの中で日々学術的な議論を交わす生活は、非常にハードであり、留学の真骨頂とも言えます。その分大きな成長につながり、人生において貴重な国際交流経験となるでしょう。

【応募資格】

①本学に1年以上在籍し、在学期間が1か年の場合は30単位以上、2か年の場合は60単位以上、3か年以上の場合は94単位以上を修得しており、授業料を完納していること。
②tGPAのスコアが2.0以上であること。
③IELTS6.0以上(ただし4技能すべてにおいて5.5以上)のトータルスコアを取得していること。

【募集人数】

1名

【留学期間】

9月~翌年1月(5か月)

【応募時期】

12月上旬に募集要項公表、1月上旬に申込説明会、2月上旬に選抜試験、2月末に派遣内定。

【留学費用】
  • 留学先の授業料は本学が負担
  • 授業料を除く教材費等の諸費用、現地生活費は自己負担(生活費の目安:スターリング大学の留学生寮の場合、1か月の家賃5~7万円程度)
  • 本学独自奨学金により、毎月7万円の生活費(9月~1月)及び渡航費用16万円を助成

蘇州大学:中国

soochow.jpg
【プログラム概要】

4年制総合大学に附属する語学学校(語学堂)で、世界各国から集まる留学生たちと留学生宿舎で共同生活を送りながら、中国語や中国文化に関するプログラムを受講します。

【応募資格】

①本学に1年以上在籍し、在学期間が1か年の場合は30単位以上、2か年の場合は60単位以上、3か年以上の場合は94単位以上を修得しており、授業料を完納していること。
②tGPAのスコアが2.0以上であること。
③中国語検定3級に合格していること。

【募集人数】

1年派遣枠:2名、半年派遣枠:2名

【留学期間】

1年派遣枠:9月~翌年7月
半年派遣枠:9月~翌年2月

【応募時期】

3月上旬に募集要項公表、4月上旬に申込説明会、5月上旬に選抜試験、5月末に派遣内定。

【留学費用】
  • 留学先の授業料及び留学生宿舎費用については交換交流協定により免除
  • 教材費等の諸費用、留学生宿舎費用以外の現地生活費は自己負担
  • 本学独自奨学金により、毎月4万円の生活費(1年派遣:9月~翌年7月、半年派遣:9月~翌年2月)を助成

蔚山大学校:韓国

ulsan.jpeg
【プログラム概要】

4年制総合大学で、大学に附属する語学学校(語学堂)での韓国語集中学習プログラム及び学部の正規科目を受講します。本学学生は、前半のセメスターを語学堂で学習し、後半のセメスターは各自の専門や興味関心に沿って学部の科目を履修するケースが多いです。

【応募資格】

①本学に1年以上在籍し、在学期間が1か年の場合は30単位以上、2か年の場合は60単位以上、3か年以上の場合は94単位以上を修得しており、授業料を完納していること。
②tGPAのスコアが2.0以上であること。
③韓国語能力試験TOPIKⅡを受験し、120点以上を取得していること。

【募集人数】

1年派遣枠:3名

【留学期間】

9月~翌年7月

【応募時期】

3月上旬に募集要項公表、4月上旬に申込説明会、5月上旬に選抜試験、5月末に派遣内定。

【留学費用】
  • 留学先の授業料及び留学生宿舎費用については交換交流協定により免除
  • 教材費等の諸費用、留学生宿舎費用以外の現地生活費は自己負担
  • 本学独自奨学金により、毎月5万円の生活費(9月~翌年7月)を助成

交換留学実績(1995年~2020年)

 
蘇州 蔚山 Waikato VIUStirling KCC 蔚山科学 合計
2020 1 0 - 0 1 0 - 2
2019 4 3 - 3 0 2 - 12
2018 4 3 - 3 0 2 - 12
2017 4 3 2 1 1 11
2016 4 2 0 1 1 1 1 10
2015 4 2 1 1 1 0 1 10
2014 3 2 1 1 1 0 1 9
2013 4 2 1 1 0 0 1 9
2012 3 0 1 1 0 0 1 6
2011 2 - 1 1 0 0 2 6
2010 2 2 1 1 0 0 0 6
2009 2 2 0 1 0 0 0 5
2008 2 2 1 1 0 0 0 6
2007 2 2 0 1 0 0 0 5
2006 2 2 1 1 0 0 0 6
2005 2 2 1 1 0 0 0 6
2004 2 2 1 0 0 0 0 5
2003 2 2 1 0 0 0 0 5
2002 2 2 2 0 0 0 0 6
2001 2 2 1 0 0 0 0 5
2000 2 2 1 0 0 0 0 5
1999 2 2 0 0 0 0 0 4
1998 2 2 0 0 0 0 0 4
1997 2 2 0 0 0 0 0 4
1996 2 2 0 0 0 0 0 4
1995 2 2 0 0 0 0 0 4

<備考>

蘇州...蘇州大学 蔚山...蔚山大学校 Waikato...ワイカト大学 VIU...バンクーバーアイランド大学
Stirling...スターリング大学 KCC...カピオラニ・コミュニティカレッジ 蔚山科学...蔚山科学大学

※2011年度ワイカト大学への交換留学は、申請者数を掲載。

※「終」は、その年度以降交換留学を終了している。

異文化実習

異文化実習とは??

異文化実習とは、宮崎公立大学の学術交流協定校で実施される、約1か月間の短期留学プログラムのことです。語学プログラム(英語・中国語・韓国語)と文化体験プログラムで構成され、教養課程の正規授業として実施されます。どの学年でも参加可能ですが、1~2年次に参加する学生が多いです。履修決定後、授業期間の事前研修を経て、長期の休業期間(夏季・春季)に海外に渡航し、帰国後に事後研修を行います。参加費用は自己負担になりますが、大学から渡航費の半額が助成されます(上限10万円)。
プログラム内容の詳細やスケジュール・費用等は、実施年度によって変更される場合があります。まずは前期・後期の初めに開催される説明会に参加してください。

異文化実習スケジュール

前期出発

日程 研修内容 実習先
4月中旬 異文化実習説明会 バンクーバーアイランド大学スターリング大学
蔚山大学校
4月下旬

5月上旬
募集期間 バンクーバーアイランド大学スターリング大学
蔚山大学校
6月~7月 事前研修 バンクーバーアイランド大学スターリング大学
蔚山大学校
8月上旬

8月下旬
渡航期間 バンクーバーアイランド大学:(約3週間)
スターリング大学:(約1か月)
蔚山大学校:(約3週間のプログラム+4泊5日の韓国内研修旅行)
9月~10月 事後研修 バンクーバーアイランド大学スターリング大学
蔚山大学校

後期出発

日程 研修内容 実習先
10月上旬 異文化実習説明会 ワイカト大学カピオラニ・コミュニティカレッジ
10月中旬

10月下旬
募集期間 ワイカト大学カピオラニ・コミュニティカレッジ
10月下旬 異文化実習説明会 蘇州大学
11月上旬

11月中旬
募集期間 蘇州大学
12月~1月 事前研修 ワイカト大学カピオラニ・コミュニティカレッジ
12月~2月 蘇州大学
2月中旬

3月下旬
渡航期間 ワイカト大学(約1か月)
2月下旬

3月上旬
カピオラニ・コミュニティカレッジ(約3週間)
2月下旬

3月下旬
蘇州大学(約1か月)
4月 事後研修 カピオラニ・コミュニティカレッジ蘇州大学
4月~5月 ワイカト大学

異文化実習先紹介・概要

バンクーバーアイランド大学:カナダ

現地滞在方法 自己負担額目安
(助成金受給時)
募集人数
ホームステイ
(バンクーバーアイランド大学が提携するホストファミリー宅)
【3食付】
約33万円 20名程度

ワイカト大学:ニュージーランド

現地滞在方法 自己負担額目安
(助成金受給時)
募集人数
ホームステイ
(ワイカト大学が提携するホストファミリー宅)
【3食付】
約33万円 20名程度

カピオラニ・コミュニティカレッジ:米国ハワイ州

現地滞在方法 自己負担額目安
(助成金受給時)
募集人数
ホノルル市内のキッチン付きコンドミニアム
(昼食は学内食堂、朝夕食は自炊もしくは外食)
約50万円 15名程度

スターリング大学:スコットランド

現地滞在方法 自己負担額目安
(助成金受給時)
募集人数
大学内の留学生寮
(食事は寮内の共用キッチンで自炊)
約55万円 10名程度

蘇州大学:中国

現地滞在方法 自己負担額目安
(助成金受給時)
募集人数
大学内の留学生寮
(食事は学内食堂もしくは大学近辺のレストランで外食)
約18万円 32名程度

蔚山大学校:韓国

現地滞在方法 自己負担額目安
(助成金受給時)
募集人数
大学内の留学生寮
(朝食は寮が提供、昼夕食は学内食堂もしくは大学近辺のレストランで外食)
約8万円 20名程度

学外団体の奨学金等による留学(リンク集)

文部科学省「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム/全国コース

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム/地域人材コース

これまで本学から10名の合格実績があります(新興国コース、世界トップレベル大学コース、多様性人材コース、地域人材コース)。グローバルセンターで留学計画の作成に向けたカウンセリングや申請書類の添削、2次面接の練習等の支援を行いますので、お気軽にご相談ください。

国際交流基金アジアセンター「日本語パートナーズ」

国際交流基金アジアセンター「日本語パートナーズ」

これまで本学から9名の合格実績があります(マレーシア、インドネシア、ラオス)。グローバルセンターで申請書類の添削や2次面接の練習等の支援を行いますので、お気軽にご相談ください。

内閣府青年国際交流事業

内閣府青年国際交流事業

公益社団法人三州倶楽部海外研修助成

公益社団法人三州倶楽部海外研修助成

例年本学から2~3名が助成を受けています。

TOMODACHI MetLife Women's Leadership Program (TMWLP)

TOMODACHI MetLife Women's Leadership Program (TMWLP)

これまで本学から1名の合格実績があります(2019年度派遣)。

外国政府等の奨学金

外国政府等の奨学金

公益財団法人業務スーパージャパンドリーム財団奨学金

公益財団法人業務スーパージャパンドリーム財団奨学金

日本学生支援機構「海外留学奨学金(貸与型)」

日本学生支援機構「海外留学奨学金(貸与型)」

休学私費留学(ワーキングホリデー・海外インターンシップを含む)

休学私費留学とは?

 宮崎公立大学を半年間または1年間休学し、自分自身で留学に関する手配を行う留学です。ワーキングホリデーや海外での長期インターンシップもこれに含まれます。休学期間中の本学の授業料は必要ありませんが、留学に関する費用は自己負担となります。また、本学を休学することで、卒業予定時期を延期することになりますので、帰国後の就職活動の予定までふまえて事前にしっかり計画しておくことが大切です。
 本学では、休学私費留学に関して、以下の学外団体と連携協力協定を締結しています。随時留学について相談が可能であり、1年に2回程度(4月下旬、10月下旬を予定)学内での大規模な説明会が開催されます。

お問い合わせ先紹介

ウィングジャパン留学センター

事業所所在地 〒880-0053 宮崎県宮崎市神宮1丁目34番4
電話番号 (フリーダイヤル)0120-75-1192 (一般回線)0985-35-1070
FAX番号 0985-35-1071
メールアドレス info@wingjpn.net
リンク ウィングジャパン留学センター公式ホームページ
ウィングジャパン留学センター公式Facebook
ウィングジャパン留学センター個別面談予約サイト

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社

事業所所在地 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-14-45 Qiz TENJINビル7F
電話番号 050-1743-1437
FAX番号 092-781-6701
メールアドレス fukuoka@efjapan.com
リンク イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社公式ホームページ

一般社団法人日本ワーキングホリデー協会

事業所所在地 〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通4-6-20 星野ビル6F
電話番号 092-739-0707
FAX番号 092-739-0708
メールアドレス sodan-fukuoka@jawhm.or.jp
リンク 一般社団法人日本ワーキングホリデー協会公式ホームページ

危機管理

国際交流に関する危機管理マニュアル

 本マニュアルは、宮崎公立大学で実施する国際交流プログラムや語学研修プログラムに基づいた学生の海外派遣、教職員の海外派遣、また外国人留学生の受入れにおいて生ずる可能性のある危機に、迅速かつ的確に対処し、本学学生・教職員また外国人留学生の安全を確保することを目的として定めたものです。
 また、学生が私的に行う海外での活動(休学中の海外留学、ワーキングホリデー、海外旅行等)に際しても、状況に応じて、本マニュアルに準じた対応を心掛けてください。

  

国際交流に関する危機管理マニュアル(pdf形式:988KB)

海外危険情報対応基準

 以下の表は国際交流に関する危機管理マニュアル内、海外危険情報対応基準における学生についての記載を抜粋しています。

外務省の危険情報
学生
教職員
レベル1:十分注意してください その国・地域への渡航、滞在に当たって<危険を避けていただくため特別な注意が必要です。 原則可
特別な注意を払う必要があることの理解を前提に、派遣の実施・継続は原則可とする。ただし、大学が中止を決定する場合は不可とする。
原則可
特別な注意を払う必要があることの理解を前提に、派遣の実施・継続は原則可とする。ただし、大学が中止を決定する場合は不可とする。
レベル2:
不要不急の渡航は止めてください
その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに、十分な安全対策を取ってください。 不可
派遣は延期又は中止、派遣中の者は帰国させる。
原則不可
原則、渡航は延期又は中止、渡航中の者は帰国させる。
レベル3:
渡航は止めてください(渡航中止勧告)
その国・地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
(場合によっては、現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。)
不可
派遣は中止、派遣中の者は帰国させる。
不可
派遣は中止、派遣中の者は帰国させる。
レベル4:
退避してください(退避勧告)
その国・地域に滞在している方は滞在地から、安全な国・地域へ退避してください。
この状況では、当然のことながら、どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。
不可
派遣は中止、派遣中の者は即刻帰国させる。
不可
派遣は中止、派遣中の者は即刻帰国させる。
ページTOP