教育研究

宮内 なぎさ (MIYAUCHI Nagisa)

所属 人文学部 国際文化学科(言語・文化)
職位 准教授
学位 博士(文学)
学歴 オーストラリア公立シドニー大学大学院教育学部TESOL専攻 修了(Master of Education)
熊本学園大学国際文化研究科国際文化専攻 修了(博士(文学))
専門分野 英語教授法
主な担当科目 CALL A / 英語科教育法Ⅲ / 教育実習事前・事後指導 /
中学校・高等学校教育実習 / 教職実践演習
主な研究テーマ
    自己効力感と英語スピーキングの関連性についての研究
研究キーワード Self-efficacy / EFL speaking / Second Language Acquisition / Motivation
所属学会
  • 一般社団法人大学英語教育学会(JACET)
  • 外国語教育メディア学会(LET)
  • 九州英語教育研究会(KASELE)
  • 全国英語教育研究会(JASELE)
社会活動
(過去の実績を含む)
  • 熊本県立教育センター研究協力員 2006~2007年度
  • 熊本県英語教育地域拠点校(熊本県立天草高校) 2012~2013年度 年数回公開授業実施
  • 熊本県英語教育強化地域拠点事業(熊本県立八代高校) 2013~2014年度 年数回公開授業実施
  • 熊本県高等学校教育研究会英語部会(高英研)事務局長 2019~2020年度
  • 英検実施委員、面接委員
受賞 (公)日本教育公務員弘済会熊本支部令和3年度個人研究論文 優秀賞
その他 外部資金獲得状況
学会発表
    The impact of a study abroad program on college students'self-efficacy in English-speaking.第29回JACET九州・沖縄支部研究大会(宮崎大学)(2017.7.8)
メッセージ 県立高校での30年間の英語指導実践を、特に教職を目指す学生さんたちに還元したいと思っております。一緒に頑張りましょう!
主な著書・論文 論文
  • The impact of a study abroad program on college students' self-efficacy in English speaking. Annual Review of English Learning and Teaching, 22, 1-18. (2017.11.30)
  • Examining two sources of self-efficacy information derived from learners' authentic experiences. LET Kyushu-Okinawa BULLETIN, 19, 37-52. (2019.3.1)
  • Gender differences in English-speaking self-efficacy among Japanese high school students. 『英語熊本第53号』, 1-15. 熊本県高等学校教育研究会英語部会 (2019.5.12)
  • The impact of a study abroad program on college students' self-efficacy in English-speaking (Part 2). Annual Review of English Learning and Teaching, 24, 1-21. (2019.11.30)
  • The stronger impacts of cognitive self-modeling and self-persuasion on Japanese high school students' speaking self-efficacy. LET Kyushu-Okinawa BULLETIN, 21, 1-15. (2021.3.1)
  • The effects of two types of self-persuasion on Japanese high school students' speaking self-efficacy. LET Kyushu-Okinawa BULLETIN, 22, 1-16. (2022.3.1)
ページTOP