大学について

後援会・同窓会

宮崎公立大学後援会

宮崎公立大学の学生の福利厚生を主な目的として平成5年4月に設立されました。会員は宮崎公立大学に在学する学生の保護者(正会員)、本会の趣旨に賛同する方(賛助会員)となっています。
学生の入学時に終身会費として5万円を納入していただいており、これを財源として、学生の正課以外の諸活動を支援するため、クラブ活動・凌雲祭(大学祭)・新入生歓迎会・スポーツデイ、卒業行事活動等に助成しています。
また、就職活動を支援するため各種資格検定受験料、公務員講座、教職模試、就活バスツアーにも補助を行っています。

宮崎公立大学同窓会「凌雲なな会」

宮崎公立大学は平成9年に初めて卒業生を送り出しましたが、その際に同窓会組織「なな会」が発足し、平成19年に「凌雲なな会」に改称されました。「なな会」の名称は「宮崎公立大学の研究講義棟が7階建てであること」、「開学当時、1市6町の計7自治体で創立、運営されていたこと」、「同窓会の発足は1997年であったこと」に由来しています。
詳しくは、「凌雲なな会」のウェブサイトをご覧ください。

ページTOP