就職・進路

OB・OGメッセージ

宮崎公立大学で学んだ先輩たちは、幅広い業界で活躍中です。
ここでは、そんな先輩たちのリアルなメッセージをご紹介します。

MMUで得た自主性と、人との出会いは宝物。いつまでも輝き続ける自分でありたい。

就職先 東京海上日動火災保険株式会社 宮崎支店 櫻原 三香子(2014年卒業)

櫻原三香子さん
保険会社の事務職

入社4年目、宮崎市内の損害保険会社に勤めています。仕事の内容は、営業部門のオフィス業務(事務)。例えば、代理店さんからの保険に関するお問合せ対応や、代理店さんのオフィス業務体制構築の支援をしています。あらゆることを自分自身で考えて行動しなければならず難しいですが、それ以上にやりがいを感じています。

自主的に行動することを学んだ

学生時代は部活動だけでなく、街で行われているボランティア活動、凌雲祭などに打ち込みました。与えられたことだけをやるのではなく、何もない所から自分でやってみることにチャレンジし続けました。おかげで新しい自分に出会えた気がします。

また、MMUは良い意味で小さな大学で、先生と距離が近く勉強がしやすいのも魅力です。新しい出会いが多く、そこからボランティア活動やイベントなどへ広がっていき、楽しく活動できました。人とのつながりが私にとってなによりも素晴らしいことだったと思います。

いつまでも輝ける女性として

私が今の会社に入ったのも、長く仕事を続けていけると思ったからです。この先、結婚しても、仕事と家庭を両立しながら、生き生きとした女性でありたいと思います。

人のためにいつか役に立ちたい。MMUで出会った『志』から消防士になりました。

就職先 宮崎市消防局 宮崎市南消防署南部出張所 猪野 宏樹(2014年卒)

猪野宏樹さん
現場で奮闘する日々

現在、消防士として勤務。火災や交通事故救助、救急現場出場しています。ほかにも自治体や学校などに出向いて、救命や防災講義をしています。救急や火事は緊迫した現場なので、初めは苦労しましたが、4年目となった今では、数多く出動を経験し、冷静に任務にあたることができるようになりました。

救急出場が多く、その際に「おかげで助かりました」と言われたとき、心の底から消防士になって良かったと感じます。

東日本大震災がきっかけ

元々英語を学びたいと思い、MMU入学しました。広告コミュニケーションゼミに入り、硬式テニス部のキャプテンをするなど、学生生活は充実していました。そんな中、東日本大震災が起こりました。ボランティアに行き、泥かきや清掃をし、そこで避難されていた方から感謝され、「人の役に立ちたい」と強く思ったのが消防士となるきっかけです。
広告コミュニケーションゼミで様々な取材などをしたことが、人と接する機会が多い今の職場でとても役に立っています。

信頼を集める消防士を目指して

これまで以上に最前線で仕事に取り組みたいと思います。そして幅広く勉強し、誰からも信頼される消防士になりたいと思っています。

MMU時代に留学し磨き続けた英語。就職先の製薬会社で大いに役に立っています。

就職先 Meiji Seika ファルマ株式会社 小池 沙也佳(2015年卒)

小池沙也佳さん
MRとして製薬会社に就職

MR(Medical Representative)とは、開業医や病院に行き、自社の薬の情報を提供する「医薬情報担当者」のことです。仕事のやりがいは予算を達成したときです。会社に貢献でき、良かったと思います。

MMUでは英語をとことん学びました

私は在学中から様々な国の人たちと会話を楽しみたいという思いを強く持っていました。MMUは英語に打ち込める最高の環境です。留学する人が多く、サポート体制も素晴らしいと思います。私はカナダに1年間留学しました。実際に現地の英語に触れて大変刺激になりました。リスニングが得意になったのは良かったと思います。

また、MMUでは自立する大切さを学びました。高校までと違い、大学では自分で自分の行動を自由に決める機会が増えます。その中から何を自分で選択するかが大切になります。私は目標であったカナダへの長期留学、韓国語の勉強、中国への短期留学などに取り組みました。さらに就職支援室を活用し、製薬会社に就職したいという目標も達成しました。

これから英語を活かしたい

今の会社には海外拠点があり、そこで勤務することが目標です。MMUで学んだ英語をもっと活用していきたいと思っています。

行動することで得た新しい出会い

就職先 宮崎ガス株式会社 山﨑 美香(2014年卒)

山﨑美香さん

新設係として、新築マンションのガス設備における営業や配管の設計などを担当しています。専門的な内容で知識習得にいたるまでが大変です。

MMUでは、『わけもん大学』という学生団体に所属し、地域交流イベントを行ったり、就活生のためのワークショップを行ったりしました。自らコミュニティをつくることで、幅広い交友関係を築くことができました。

「思っているだけでは伝わらない」と学んだ4年間

就職先 鹿児島銀行 浦川 翔伍(2015年卒)

浦川翔伍さん

高見馬場支店にて、法人営業を担当しています。「お客さまの事業の成長のために何ができるか」と悩み抜いた提案が採用された時はとてもやりがいを感じます。

MMU時代に情熱を注いだゼミや部活動を通して、楽しみながらもしっかりと自分の意見を持って伝えることの重要性を学び、それが今の同僚やお客さまとのやり取りの中で活きていると思います。

MMUで身に付いた、自ら学び挑戦し続ける姿勢

就職先 滋賀県立安曇川高等学校 杉浦 悠真(2014年卒)

杉浦悠真さん

公立高校の教員として、それぞれの課題を抱える生徒と向き合い、その成長に寄り添った指導を行うよう心掛けています。

ゼミ活動で教授から手厚い指導を受けながら勉強した経験や、カナダへの公費留学で培った語学力が、仕事にも活きています。教える立場となっても、学生時代に身に付けた"積極的に学び続ける姿勢"を大切にしたいと感じる日々です。

改めて気付いたコミュニケーションの大切さ

就職先 宮崎市教育委員会 黒田 桃子(2014年卒)

黒田桃子さん

企画総務課で、教育委員会や教育行政に関わる仕事をしています。異動したばかりで業務を覚えるのに一苦労ですが、学生の時に異文化実習や学生保育サポーターの活動をした経験が、幅広い年代の方と接する中で役立っています。

気候も人もあたたかい宮崎で、手厚いフォローを受けながらのびのびと学べる環境がMMUにはありますよ!

ページTOP