学生生活

保健室

保健室について

皆さんが、学生生活を有意義に過ごすためには、心身ともに健康であることも大切です。保健室では、より充実した学生生活を送るために、健康相談、保健指導、応急処置などをおこなっています。どうぞ気軽に保健室をご利用ください。

利用案内

業務内容

定期健康診断

毎年4月に全学年対象に実施しています。定期健康診断は、学校保健安全法により受診が義務づけられています。健康診断を受けない場合は、就職活動、教職課程の介護等体験で必要な「健康診断証明書」の発行ができませんので、ご注意ください。
日程や注意事項など詳しくは、別途お知らせします。

<検査内容>

身体測定  胸部レントゲン  尿検査  視力・聴力検査
血圧測定  問診  (1・4年生)心電図検査  血液検査
※健康診断結果の配付につきましては、メールにてお知らせします。

救急・応急処置

病気やけがの応急処置を行います。必要な場合には、近隣の医療機関を紹介します。

各種検査

保健室では、身長測定  体重測定  体脂肪測定  血圧測定  視力測定の検査機器を設置していますので、気軽に利用してください。
また、アルコールの分解能力の目安を知る為に、アルコールパッチテストも随時実施しています。パッチテストをして自分が、アルコールに「強い」か「弱い」かを、知っておきましょう。

健康相談

けがをした際の応急処置はもちろん、体調不良、健康に関する悩みなど、さまざまな相談を受けています。気分が悪くなったり、怪我をしたり、何か心配ごとがある場合はいつでも保健室を利用してください。
悩みや、心配事などで自己解決が困難な場合や健康状態に不安のある時には、早めに相談しましょう。

健康教育

学生の皆さんにとって、身近な健康に関するテーマを取り上げて実施しています。また『Health Care Information』では、健康に関する情報提供も行っています。

利用の仕方

開室時間:月~金  9時15分~18時
場所:福利厚生棟2階南側にあります。

保健室案内図

保健室を利用するにあたって、健康保険証は不要です。費用もかかりません。予約も必要ありません。いつでもお越し下さい。
保健室スタッフが出張などで不在の際は、事前にメールでお知らせします。また、保健室のドアにもその旨掲示します。

個人情報の取り扱い

宮崎公立大学では、本学の「個人情報の保護に関する規程」に基づき、個人情報の保護・管理を行っています。保健室が把握した、個人情報(氏名、電話番号、住所、生年月日及び健康情報等)を本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。保証人(父母等)及び近親者のお問い合わせに対しても、緊急性があると判断した場合や救急の場合を除き、学生本人からの同意の確認をとります。

相談案内

学校医健康相談

学生の皆さんの希望に応じて、学校医による健康相談を受け付けています。詳細は保健室までご相談ください。予約が必要です。

保健室よくある質問Q&A

Q1.
気分が悪く横になりたい時は、休ませてもらえますか?
A1.
はい、ベッドが用意してありますので、いつでも利用できます。
Q2.
頭痛や、風邪、生理痛のときなどは、薬がもらえますか?
A2.
保健室には、胃薬、風邪薬、頭痛薬など、市販の薬が置いてあります。利用するにあたっては、保険証は必要ありません。薬に対するアレルギーがなければ利用できます。場合によっては、病院も紹介します。
Q3.
ケガをしたときも、利用できますか?
A3.
はい、保健室で処置をしますが、ケガの程度によっては、病院を紹介することもあります。
Q4.
心や体の悩みを聴いてもらえますか?
A4.
もちろんです。学生相談室(要予約)もありますので、好きな方を利用してください。秘密は厳守します。
Q5.
ひとり暮らしで、病気やケガが心配です。
A5.
病気やケガで、病院を受診するときに備え、健康保険証はいつでも利用できるよう必ず用意しておいてください。
Q6.
大学周辺の病院の事情がわかりません。
A6.
大学の学校医(内科)をはじめ、各科の病医院を紹介します。
Q7.
なぜ、健康診断を受けなければならないのですか?
A7.
学校保健法で定められた健康診断です。健康相談、健康管理、応急処置の基礎資料となりますので、必ず受けてください。また、4年生は、就職活動用書類のひとつとして必要になります。
Q8.
保健室で毎日、体重測定をしてもいいですか?
A8.
測定したい時は開室時間内に、いつでも保健室に来てください。
Q9.
アルコールパッチテストとは何ですか?
A9.
アルコールパッチテストは、皮膚におけるALDH2の酵素活性反応をみて、アルコールに「強い」か「弱い」かを、簡便に確かめることのできる方法として開発された体質判定法です。 方法は、エタノールをしみこませた絆創膏を皮膚に貼り、7分後にはがし、それから10分後に皮膚の色をみて判定します。絆創膏をはがした時点で皮膚が赤い人は「全く弱い」タイプ。10分後に赤くなったら「弱い」タイプ。そして、10分後も変化が無ければ「強い」タイプです。但し、アルコールを毎日飲む人が検査をすると、結果が正しく出ない事もあります。
Q10.
未成年でもアルコールパッチテストはできますか?
A10.
はい、できます。飲酒ができる20歳になる前に、自分がアルコールに強いか弱いかを知っておきましょう。

健康診断

概要

毎年4月に全学年対象に実施しています。定期健康診断は、学校保健安全法により受診が義務付けられています。健康診断を受けない場合は、就職活動、教職課程の介護等体験で必要な「健康診断証明書」の発行ができませんので、ご注意ください。日程や注意事項など詳しくは、別途お知らせします。

<検査内容>身体測定  胸部レントゲン  尿検査  視力・聴力検査
血圧測定  問診  (1・4年生)心電図検査  血液検査

※有所見者には、再検査のお知らせをします。必ず再検査をしてください。

  1年生は、本学保健室で医師の診察があり、病院受診等の指示があります。
  (診察日は、メールでお知らせ)
  4年生は、再検査が済んでいない学生に関しては、健康診断の発行ができません。
  必ず再検査をしてください。

※健康診断結果の配布につきましては、メールにてお知らせいたします。

健康診断を受けるときの注意事項

  1. 当日は、時間を厳守してください。
  2. 食事について
    ①(1・4年生)血液検査がありますので、健診の当日は朝食を摂らずに受診してください。
     (前日の午後9時以降禁食。お茶やお水は飲んでもかまいません。)
    ②(2・3年生)血液検査はありませんので、食事可です。
  3. 各検査について

<尿検査>

  • 事前に配った尿容器に、健診当日の朝起床して最初の尿を採り、健診会場に持って行きます。その際、中間尿(最初に少し尿を出して、途中から紙コップに採尿した尿)を提出してください。
  • 尿器を入れる袋の記名を確認してくだい。
  • 生理中でも尿検査はできますので、必ず採尿して検診会場に持ってきてください。

<心電図・身体計測>

  • 靴下類(タイツ、ストッキングを含む)は脱いで検査を受けます。

<視力検査>

  • めがねを持っている方(普通使用していないが持っている方も含む)は、忘れずに、めがねを持参して下さい。
  • コンタクトレンズを使用している方は装着した状態で検査をします。

<胸部レントゲン検査>

  • Tシャツ、ジャージで受診すると検査は早く終わります。
  • 金具のついた下着は、とって検査を受けます。
  • ネックレス等金属類は、つけてこないでください。
  • 髪の長さが肩下まである方は、肩につかないようまとめてきてください。

当日提出するもの(健康診断に持っていく)

  • 採尿済みの尿・記入済みの健康診断受診票(いずれも、記名を確認)
  • メガネ(持っている人のみ)

※ご不明な点は、保健室へお問い合わせください。(TEL  0985-20-4843)

感染症(学校伝染病)と診断されたら

感染症について

学校保健安全法および学校保健安全法施行規則に定める下記の感染症(伝染病)にかかった場合、または疑いがある場合には登校せず速やかに近隣の主治医または医療機関で診察を受けてください。

学校保健安全法施行規則第18条に規定される伝染病

第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る。)及び鳥インフルエンザ、中東呼吸器症候群(MERS)
第2種 インフルエンザ(鳥インフルエンザを除く)、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(三日はしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核
第3種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の伝染病

【第1種とは】いわゆる法定伝染病で、特殊なものです。
【第2種とは】放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある飛沫感染する感染症です。
【第3種とは】飛沫感染が主体ではないが、放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症です。

大学への報告

  1. 外出を控え、速やかに学務課または保健室に電話で報告して下さい。
    学務課(TEL:0985-20-2213)
    保健室(TEL:0985-20-4843)
    ※下記の項目についてお尋ねします。
    1. 病名(不明の場合や疑いの場合は、そのようにお話し下さい)
    2. 受診日・診断日
    3. 受診医療機関名
    4. 症状
    5. 処方薬の名前
    6. 最終登校日
    7. 所属クラブ・サークル名等
    8. 登校許可日について
    9. その他
  2. 診断日から7日間の健康チェックをして下さい。
  3. 登校できる時期は、医師の指示どおりです。<<下表参照>>

※第2種の場合

疾患名 出席停止期間
インフルエンザ(新型以外) 解熱後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで
麻疹(はしか) 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺の腫脹が消失するまで
風疹(三日はしか) 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) 全ての発疹がかさ皮(かさぶた)化するまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状消退後2日間経過するまで
結核 医師が感染の恐れがないと認めるまで

欠席の手続き

欠席に関しての手続きには、下記のものが必要となります。治癒後、学務課に提出してください。

  • 診断書
  • 特別欠席願い

Health Care Information

使ってみよう布ナプキン

GET ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただけなかった方

「Adobe Reader」のインストールをお薦めいたします。
※アドビシステムズのペ-ジよりダウンロードいただけます(無料)。ご覧いただく場合は、最新バージョンの「Adobe Reader」が必要となります。

ページTOP