教育研究

教職

教員養成の理念

本学は、広く知識を授け、深く専門の学術を教授研究し、高い識見と国際的な視野を持つ人間性豊かな人材を育成することを建学の理念としています。 そこで、教職課程では、幅広い教養と異文化対応力を備え、現代的課題を探究できる英語教員を養成していきます。

教員養成の理念をもとにどんな人材を養成するのか

グローバルな視点を有する教員の養成

21世紀はグローバリゼーションの時代です。本学の教職課程では、グローバルな視点を持ちながら、地域に根ざした教育を行うことが出来る教員、すなわち複数の視点を持ち、一元的でなく多元的な価値観を有する教員、柔軟性や人間的な奥行きのある教員を養成します。

優れた専門性、実践的指導力のある教員の養成

現実に教員としての職責を全うするには、様々な課題を持つ子どもたちと向き合い、具体的かつ効果的な指導や援助ができなければなりません。そのためには新たな学びを展開できる実践的指導力(基礎的・基本的な知識・技能の習得に加えて思考力・判断力・表現力等を育成するため、知識・技能を活用する学習活動や課題探究型の学習、協働的学びなどをデザインできる指導力)が必要となります。 本学の教職課程では、教科指導、生徒指導、学級経営等を的確に実践できる力を有する教員、確かな授業力を培う専門的知識を有する教員を養成します。

自らを成長させ続ける自己教育力を有する教員の養成

今日のような変化の激しい時代にあって、特に教員には、修得した知識・技能・態度により、自らが発見した新たな課題を解決する力を、教職についた後も、生涯にわたって高めていくことが求められます。さらに、教員は、教職生活全体を通じて、実践的指導力等を高めるとともに、社会の急速な進展の中で知識・技能が陳腐化しないよう絶えざる刷新を行う必要があり、「学び続ける教員像」、「成長し続ける教員像」を確立する必要があります。日々研鑽を重ね自己の能力を高める勤勉な教員の姿は、子どもたちの模範ともなります。
本学の教職課程では、豊かな体験と幅広い教養を身につけようとする姿勢と向上心がある教員、そのための不断の努力を可能にする自己教育力の獲得を目指し、生涯にわたって学び続ける意欲を有する教員を養成します。

包容力がありバランス感覚に優れた能力を身につけた教員の養成

これからの時代の教員には、総合的な人間力(豊かな人間性や社会性、コミュニケーション力、同僚とチームで対応する力、地域や社会の多様な組織等と連携・協働できる力)職業生活・社会生活に必要な知的活動を支えるコミュニケーション能力や論理的思考力が必要とされます。生徒のみならず、様々な年代の人と広くコミュニケーションを図ることができ、そこで得られた豊かな人間性を背景に他者と協働していこうとする教員が必要とされています。
本学の教職課程では、自律しながらも他者と協調して行動でき、社会の一員として他者を敬い尊重しながら、社会の発展に寄与できる力を持った教員を養成します。

教育者たるにふさわしい人間性の涵養を奨励

多様な個性を有する生徒を指導する教員は、生徒一人一人が他の存在を相互に認めあうなかで人間性豊かな自立した個人として成長するように、個性を尊重し多様性を認め、それぞれの学ぶ気持ちや意欲を大切にし、知的好奇心を満足させるように配慮しながら教育をおこなう必要があります。
そのため本学の教員養成課程では、温和で包容力がありバランス感覚に優れた能力を身につけた教員、人間性豊かで教育者としての使命感と生徒への深い愛情のある教員を養成します。

教育職員免許状について

本学には、「英語」(中学校教諭1種及び高等学校教諭1種)の免許状を取得するための教職課程が設定されています。
教育職員免許状を取得するためには、「宮崎公立大学の教育課程等を定める規程」(以下、「教育課程規程」)別表第2に定める科目を修得し、更に別に定める介護等体験等の要件を満たさなければなりません。

なお、「情報」(高等学校教諭1種)の免許状を取得するための教職課程は、2013年度入学生をもって廃止しました。 2013年度入学生までは、免許状を取得することが可能ですので、免許状取得を目指している学生は、学務課教務係にご相談ください。

教職課程

免許状取得に必要な科目・単位数

免許状取得に必要な科目・単位数は、教育課程規程 別表第2に定められています。 「教科に関する科目」「教職に関する科目」「教科又は教職に関する科目」及び「その他の科目」の4つに分かれており、それぞれの区分ごとに修得すべき科目・単位数が定められています。詳しくは、下記を参照してください。

教育課程規程 別表第2

取得する免許状別の科目修得要領

取得しようとする免許状の科目や校種によって、修得しなければならない科目や必要な単位数が異なります。 以下に、それぞれの免許状を取得するにあたっての履修上の注意事項を説明します。

教育実習、教職実践演習履修要件

教教育実習は受入れ校に多大な負担をかけるため、宮崎公立大学では教育実習に関する科目(「中学校教育実習」「高等学校教育実習」)及び「教職実践演習」の履修要件を次のとおり定めています。

小学校教諭免許状について

宮崎公立大学には、小学校教諭免許状を取得するための教職課程は設定されていませんが、通信制大学の星槎大学との連携により、在学中に小学校教諭1種(2種)免許状の取得が可能です。通信教育の学修では、課題レポート、スクーリング、科目修得試験に合格することで教職に関する科目の単位が取得できます。一部のスクーリングの受講については、本学で実施しています。また、担当職員を配置することで、教職支援室と連携した学習支援体制を構築しています。
学修の主な留意事項は下記のとおりです。詳細については、学務課教務係にお問い合わせください。

(注)
①本学の授業料とは別に、星槎大学への学費負担として別途費用がかかります。
  <概算>小学校教諭1種 約54万円、小学校教諭2種 約35万円
     ※ 教材費及びスクーリング会場までの旅費は別途必要
②本学にて中学校教諭1種免許状(英語)を取得することを前提に、小学校教諭免許状取得に必要な単位を取得します。小学校教諭免許状のみ取得することはできません。

教職支援室について

宮崎公立大学では、「教職支援室」を設置し、教員採用選考試験対策に力をいれております。また、数多くの学校現場体験の機会を準備する等、毎年県内外に教員を輩出しています。 「就職・進路」の「教職支援室」ページをご覧ください。

卒業生の教員免許状の取得の状況

平成28年度卒業生 単位:人

免許取得者数 免許種別 種別人数 卒業生数
22 中学校教諭1種(英語) 21 183
高等学校教諭1種(英語) 22
高等学校教諭1種(情報) 1

平成27年度卒業生 単位:人

免許取得者数 免許種別 種別人数 卒業生数
22 中学校教諭1種(英語) 22 207
高等学校教諭1種(英語) 22
高等学校教諭1種(情報) 2

平成26年度卒業生 単位:人

免許取得者数 免許種別 種別人数 卒業生数
25 中学校教諭1種(英語) 21 202
高等学校教諭1種(英語) 25
高等学校教諭1種(情報) 0

※「情報」(高等学校教諭1種)の免許状を取得するための教職課程は、平成25年度入学生を以って廃止

教員の養成に係る組織および教員

教員養成の理念・人材育成目標を達成するための計画

教育の質の向上に係る取り組み

教職支援室における指導・支援

教職支援室

各年度の取り組み及び実績はこちら

GET ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただけなかった方

「Adobe Reader」のインストールをお薦めいたします。
※アドビシステムズのペ-ジよりダウンロードいただけます(無料)。ご覧いただく場合は、最新バージョンの「Adobe Reader」が必要となります。

ページTOP