お知らせ

地域貢献

倉准教授による公民館講座が実施されました。

2018年06月18日

6月13日(水)、宮崎市東地区交流センターにて、倉真一准教授(専門:社会学)による「公民館講座」が実施されました。

 

「公民館講座」とは、宮崎市が主催する講座のことで、まちづくりやボランティアに関するものから、教養・パソコン関連・レクリエーション講座まで幅広い内容で計画しています。新たな学習へのきっかけづくりとして、また、仲間づくりや地域づくりへ発展していくことを目的として開講するもので、本学も平成29年度から、この講座に参画しています。

 

今回の倉准教授による講座では、「映写フィルムで見る懐かしの宮崎」をテーマに実施され、宮崎交通株式会社様に保管されていた映写フィルムの概要説明とその修復・保存プロジェクトの説明から始まりました。

いずれの映像フィルムも昭和30年代から同40年代に作成されたものであり、劣化が激しく、そのままの状態では映像を再生することができないフィルムもあり、1コマずつデジタルカメラにて撮影し直し、それらの画像データをパソコンに取り込み、音声データと同期させたものもあったという説明がなされた際には、あまりにも気の遠くなる作業工程に、受講生の方からは思わずため息が漏れていました。

001.JPG002.jpg

その後、実際に修復されたフィルムのうち、5本(「宮崎交通株式会社」(モノクロ11分)、「日向路」(カラー42分)、「南宮崎駅、宮崎軽便鉄道」(モノクロ4分)、「ガイド実習」(モノクロ8分)、「えびの高原の冬」(モノクロ約15分))を、受講者の方に視聴していただきました。

約半世紀前の映像をご覧になった受講生の方々からは、「懐かしい」という声があがるとともに、中には当時の思い出話に花を咲かせていた方もいらっしゃいました。

残念ながら、著作権の関係で映像をご紹介することはここではできませんが、宮崎交通様が所蔵する各映像は、宮崎交通本社エントランスにて公開されていますので、ご興味のある方は、同社まで足をお運びください。

003.JPG

 

 

今回ご紹介した「公民館講座」は、テーマを変えて、後期(9月以降)にも本学の教員が数名、実施します。 ご興味のある方は、是非とも宮崎市のホームページをご確認いただき、お申し込みください (後期分の詳細は、8月上旬頃にホームページにて公表予定)。

ページTOP