‘イベントレポート’ カテゴリーのアーカイブ

2017年10月27日(金)第384号『今週末はいよいよ凌雲祭です!!』

2017 年 10 月 27 日 金曜日

台風が先週に引き続き今週も近づいてきています。

おかげで本日はどんよりした曇り空。時々雨もぱらつきます。

 

台風ですっかり吹き飛ばされた夏っぽさに代わって、やってきたのは秋の気配。

秋の期間が短いと言われる宮崎にも、少しずつ秋らしさがみられます。

 

さて、本日のはなきんは、いよいよ明日・明後日に控えた、MMUが1年で一番盛り上がるイベント『凌雲祭(りょううんさい)』についてのお知らせです!

凌雲祭とは、毎年秋に開催されるMMUの大学祭の名称です。

1・2年生合わせて、なんと260名もの学生が「凌雲祭実行委員」となり、半年以上かけて準備をしています。

(そんな大事な週末にやってくるだなんて、なんてヤツなんだ!台風22号!)

 

なお、台風の影響を受けて、2日間を通して雨天時のスケジュールで開催いたします。

雨天時スケジュールとなったため、 凌雲祭ウェブサイトに掲載しているタイムテーブルとは、メインステージ等の場所が変更となっています。以下でも、現時点で判明している変更点をご紹介いたしますが、ご来場の際はお気をつけください。

今後の予定等の変更については、随時、上記のウェブサイトにてお知らせいたします。

 

 

★10月27日16時時点での、雨天対応に伴う変更点について

*会場の変更

・メインステージ: 講堂

・子ども広場: 体育館

・出店ストリート: 校舎1F のペデストリアンデッキ(回廊)下・学生食堂

・中夜祭: 講堂

 

*イベントの変更

・フリーマーケット: 中止

・花火(土曜夜の予定):中止

・後夜祭: 中止

 

*その他

・2日目(29日(日))のスケジュールについて: 台風の進行状況を見て、スケジュールを一部繰り上げて実施します。

なお、お笑い芸人の方々3組をお招きしたゲストライブは予定通りの時刻に実施予定です。ただし、会場が講堂となったため、整理券を配布し、入場制限を行いますのでお気をつけください。

 

 

それでは、本日のはなきんで着々と準備が進んでいる学内の様子を、写真にて少しだけお届けいたします。

 

まずは、こちらメインステージとなる講堂へ!

例年、メインステージは大学の中庭に設置していますが、今年は雨天時対応スケジュールということで、こちらの講堂にて行います。

準備が、着々と進んでいます。

実行委員の皆さんの思いがこもったメイン装飾も、メインステージに飾られます。

ぜひ全体像は会場にてご確認ください!

 

続いて訪れたのは、前夜祭会場となる食堂!

着々と手作りステージが作られています。

ステージの裏側では・・・

前中後夜祭局の皆さんが、ステージの設営に励んでいます。

安全な舞台を作るべく、固定、固定、固定。

きっと、きっと、イベントを盛り上げる素敵な舞台となることでしょう!

 

お隣の売店前では…

真っ白な模造紙に何かを書いたり(出店の準備でしょうか?)、装飾局の皆さんがおしゃれでかわいい飾りつけをつけたり…

こちらも着々と準備が進んでいます。

 

研究講義棟の各階でも、

ゼミでの発表準備(達筆!)や、屋内局の皆さんによる毎年恒例「おばけやしき」の準備(今年のテーマは「人形」!!)など、いつもの大学とは違った風景が広がっていきます。

 

少し足をのばして、体育館では…

屋外局の皆さんによる「こども広場」の準備が進んでいました。

※ こども広場 も雨天により、体育館へと場所が変更となっています!

来てくださったお子さんたちに楽しんでもらえるよう、あんなゲームやこんなゲームが…!

ぜひ、体育館で待っている、優しい大学生のお兄さん・お姉さんとたくさん遊んでくださいね。

 

また、遊びに来てくださった小さなお子さんには素敵なプレゼントも。

環境局の皆さんが水風船やお菓子などを準備して待ってくださっているようですよ!

ぜひぜひ、こちらもお楽しみに!

 

続いて、食欲の秋といえば…出店!

お天気が良ければ、正門からずらっと出店が並ぶ圧巻の景色が広がるのですが、雨天のためこのように大学の中庭を囲むペデストリアンデッキ下と学生食堂に各出店が並びます。

いつもと違う場所でも、安心してください。

場所はどこであろうと、雨が降ろうと、お天気だろうと、おいしい食べ物に変わりはありません。

ぜひ、学生さんたちが作るバラエティあふれる出店の数々を楽しみにご来場ください。

 

最後に、頑張る学生さんたちのご紹介を。

写真にご協力いただいた3名の素敵女子の皆さんのように、凌雲祭当日は実行委員が色違いのパーカーを着て学内各所にいます。色の違いは、所属する「局」と呼ばれる係の違いです。

ちなみに・・・

・グレー: 執行部(実行委員長をはじめとした、今年の凌雲祭全体の取りまとめを行う係です)

・白: 広報局(パンフレットやポスターの作成、凌雲祭ホームページの運営など、広報を取り仕切っています)

・水色: ステージイベント局(メインステージで行われるイベントのすべてを取りまとめる係です)

・バーガンディ(ワインレッド): 出店局(出店の出店許可や機材の貸し出し等を取りまとめる係です)

・黄色: 屋外局(子ども広場やフリーマーケットなど屋外(ステージ以外)で行われるイベントを実施する係です)

・ブラウン: 環境局(お花のプレゼントや、お子様にお菓子やジュース、風船のプレゼントをしてくれます)

・ディープネイビー: 前中後夜祭局(前夜祭、中夜祭、後夜祭の全てを実施する係です)

・ピンク: 装飾局(大きな看板や学内の装飾など行う係です)

 

以上、8つの局でそれぞれの学生さんが頑張っています。

当日何かわからないこと、尋ねたいことがあれば、実行委員パーカーを着た学生さんたちにお尋ねください。

 

今年の凌雲祭のテーマは『百花繚乱~咲き乱れる笑顔の花びら~』。

半年以上かけてきた準備の成果が実る、素敵な凌雲祭となりますように。

台風に負けず、来場された皆さんと学生さんとで、ぜひとも素敵な笑顔の花をたくさん咲かせてくださいね。

 

以上、学生時代はステージイベント局だった、企画総務課ヒライがお届けしました。

2017年10月20日(金)第383号『マリンメッセで会いましょう♪』

2017 年 10 月 20 日 金曜日

突然ですが、最近新たな出会いはありましたか?

学務課入試広報係のメンバーはいつも、高校生、受験生、保護者のみなさん、高校の先生方など、多くの方々と出会っています。

高校生とお話しすると、将来の夢ってよくわからない…、大学に行っている自分が想像できない…、などなど、大学選びって難しいですね。

今日は、そんな悩める高校生のみなさんにぜひおすすめしたいイベントをご紹介します。

その名も…夢ナビライブ2017!!

6月の大阪会場から始まり、名古屋、東京、仙台、そしていよいよ今年最後の夢ナビライブが明日10月21日、福岡で開催されます。

夢ナビライブって何?というあなたのために、簡単にご説明。

30分間のミニ講義や、たくさんの大学の個別相談ブース、講義後の質問コーナーや受験講座など、内容盛りだくさん。それはそれは大きな進学イベントなのです。

 

 

昨年の福岡会場です。人・人・人・・・!

 

 

 

 

 

 

そんな夢ナビライブ、本学は今年、大阪・名古屋・福岡の3会場に参加です。

 

 

大阪会場 イナダ助教による

講義ライブの様子♪

 

 

 

 

 

自分が興味あることって何だろう?学びたいことって何だろう?それが実際に学べる大学ってどこだろう?新たな自分に、新たな学問に、出会う1日が過ごせます。

会場は天神・博多駅からのアクセスも便利なマリンメッセ福岡。事前申込不要、服装自由なんですって!

MMUからは、社会学系統と情報・メディア系統の講義ライブを行います。

1時限目:ウメヅ准教授による『1964年の東京五輪はどう報道されたか?』

 

 

ウメヅ先生、準備万端のようです!

 

 

 

 

 

3時限目:モリベ教授による『機械オンチとスマホとインターフェース』

 

 

モリベ先生は1時限目夢ナビTALK

にも登場します!

 

 

 

 

個別説明ブースにももちろん参加します!

 

 

 

 

 

 

 

 

この機会にぜひ、MMUに出会ってください!

今回の担当は、この4月にMMU職員になってから新たな出会いだらけ!学務課トオダでした。

それではみなさん、マリンメッセで会いましょう♪

2017年9月29日(金)第380号『「定期公開講座」がスタートしました!』

2017 年 9 月 29 日 金曜日

ついこの間まで、じりじりと熱い日差しが照りつけていたのに、最近は日差しも穏やかで、気持ちのよい風を感じるようになりました。

 

朝晩は少し冷え込むようになり、秋の足音が聞こえてきた気がします。

 

 

凌雲会館の屋上から、研究講義棟を撮影してみました。

すっきりとした青空が、とてもきれいです。

 

こちらは東側の風景。あたたかな太陽の日差しに、心までぽかぽかになりました。

 

 

さて、みなさんは「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」・・・この秋、どんな過ごし方をされるご予定ですか??

私からは「学問の秋」として、先週金曜日からスタートした「定期公開講座」をご案内したいと思います。

「定期公開講座」とは、生涯学習の振興及び文化の向上に貢献することを目的として、本学で毎年9~10月ごろに開催している講座です。

 

 

今年度は「コミュニケーションの新しいカタチ~地元・きずな・協働~」というメインテーマのもと、本学のメディア・コミュニケーション専攻の4名の教員に加え、外部講師1名をお招きして実施します。

 

 

その第1回目が、先週9月22日(金)に行われました。

第1回目の講座では、本学の地域研究センター長でもある、川瀬隆千教授が講義を行いました。

 

 

当日は72名の方にご参加いただきました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

この講座の第2回目が、本日午後6時30分から開催されます!

本日の講座は、本学の井田志乃助教による、「“自分ごと”として考えるデザイン~ひろがりと可能性~」です。

 

 

事前にお申し込みでない方も、当日受付で参加可能です!

詳しくはこちらもご確認ください。

 

 

みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

 

 

以上、秋といえば、迷いなく「食欲の秋」!のトミナガがお送りしました。

2017年9月22日(金) 第379号『公立大学中堅職員研修会に参加しました』

2017 年 9 月 22 日 金曜日

皆さん、こんにちは!

長かった夏休みも終わり、いよいよ後期授業が始まりますね。

有意義な夏休みは過ごせましたか?

 

さて、台風が過ぎ去った今週の初め、

東京で開催された「公立大学中堅職員研修会」に参加してきました。

場所はこちら、渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターです。

この研修施設は、「オリンピック記念」という名前のとおり、

前回の東京オリンピックの選手村跡地に造られています。

近くには新宿の高層ビル群が見えましたよ。

ここに、全国の公立大学(現在89校)から職員が集まって、

中堅職員に求められる役割を学びました。

 

実は今年の4月から、大学の職員(事務職員だけでなく、先生方も含みます)が

大学の運営等に必要な知識を身に付け、能力を向上させるための研修

(SD(スタッフ・ディベロップメント)研修といいます)が義務付けられました。

私たちも、学生の皆さんと同様、日々勉強しないといけないのです。

 

ここで、今回の研修の一部をご報告します。

(1)全体会

公立大学を取り巻く環境や課題に関し、

講義形式でいろんな方のお話を聞かせていただきました。

特に「三遊間のゴロを拾う職員に!」というお話がとても印象に残り、

中堅職員としてどう業務に取り組むかを考えるいい機会となりました。

 

(2)分科会

テーマごとに分かれて、グループワークを行いました。

私が参加したテーマは「公立大学に求められる協働について」です。

大学は、学生や教員の皆さんはもちろん、

行政や地域、企業など、多様な相手と連携する必要があります。

その際に職員が果たすべき役割について、各大学の皆さんと意見交換しました。

同じ公立大学職員ということから、共感する部分も多く、

楽しいディスカッションでした。

 

というわけで、2日間にわたる研修は、

大学の講義やゼミのようでとても懐かしく、有意義な時間でした。

こんな時間をまだまだ過ごせる学生の皆さんが、ちょっぴりうらやましいです。

来週から始まる後期授業も、元気に頑張ってくださいね!

 

以上、中堅職員研修会に参加しましたが、

ホントは大学職員歴6か月の新人ウエダがお伝えしました。

9月8日(金)第377号 『夏季休業中の図書館では・・・』

2017 年 9 月 8 日 金曜日

図書館では毎年この時期に行っている作業があります。

毎年、花金を読んでいる方はもうお気づきかもしれません、そう「蔵書点検」です!

今年もこの季節がやってきました。

今年は9月4日~9月8日の1週間、図書館を休館して作業を行っています。

 

現在、図書館には約12万7千冊の図書資料が所蔵されています。その図書が、実際に書架にきちんとあるかどうか1冊ずつ確認をするのが「蔵書点検」です。

バーコードリーダーで図書のバーコードを読み取り、データと照合するわけですが、この読み取り作業に大変な手間と時間がかかります。

(館外所蔵の図書や年によって点検場所が異なるため、実際にバーコードを読み込む冊数は12万冊もありませんが)

 

図書を取り出す→バーコードを読み込む→図書を戻す。この作業をエンドレスで行うため、地味ではありますが、着実に体力を削られていきます。特に腕、腰にダメージが・・・

図書を動かすことで埃が舞うため、動きやすい服装+マスクや手袋を装着し完全防備。図書館職員総出で、黙々と作業を行います。

そんな大変な思いをして行う蔵書点検ですが、図書を1冊ずつ手に取るため、普段気に留めない図書に気づいたり、本来の場所とは違う書架に置いてある迷子の図書を見つけたりすることもあり、図書とゆっくり向き合う機会でもあります。

バーコードの読み込みが終わった後はデータと照合し、無かった図書を探して回ります。

捜索して見つかることもあれば、残念ながら見つからない図書もあります。

どこかで迷子になってしまったようで、こういった図書が増えてくると、皆さんが図書を探す際、書架にあるはずなのに見つからない!ということも多くなってきます。

そんな迷子の図書を減らすために、昨年度からブックトラックを設置しています。こちらのブックトラックは閲覧後、返す場所の分からなくなった図書を置くようになっていますので、ぜひ!ご活用ください。

作業もいよいよ本日で終了です。

休館中、利用者の皆様にはご迷惑をおかけいたしました。9月11日(月)から開館となりますので、ご来館をお待ちしております。

 

以上、図書館:サヤマがお送りしました。