‘イベントレポート’ カテゴリーのアーカイブ

平成30年4月6日(金)第404号『新年度も宮崎公立大学ブログ「週間 花の金曜日」(=花金)をよろしくお願いします。』

2018 年 4 月 6 日 金曜日

新年度が始まり1週間が過ぎようとしています。

今週の花金は、新年度に開催された行事をいくつか紹介したいと思います。

 

4月3日(火)、晴天の下、本学の講堂で入学式が行われました。本学正門前の桜も式典に彩りを添えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

有馬学長が新入生207名に式辞を述べました

 

 

 

 

 

 

 

 

入学式では、新入生の代表による宣誓も行われ、先に開催された平昌オリンピックを取り上げ、「社会に貢献するために、大学生活の中で様々な教養を身につけ、新たな仲間たちと日々努力していく。」と宣誓されました。

新たな仲間たちとの学業や部活・サークル活動、アルバイトだけでなく、何気ない語らいや読書の時間も大切していただき、夢に向かって充実した日々を過ごしてほしいと思います。

 

 

入学式が終わってほっとする間もなく、翌日からオリエンテーションが始まりました。

 

オリエンテーションでは、学修の心構えや履修の仕方、心と身体の健康に関すること、留学に関すること、また大学施設の利用についてなど、学生生活を送る上で必要な様々な事柄について説明を受けます。

 

オリエンテーションに参加している新入生 皆さん、真剣に聞いていました

 

 

 

 

 

 

 

 

説明をする職員 気合いの入った資料を使って説明をしていました


 

 

 

 

 

 

 

高校生までの学習方法との違いや、一人暮らしなど新たな生活のスタート、新しい人間関係の構築など、不安や戸惑いもあるかもしれませんが、オリエンテーションで聞いたお話を思い出したり、分からないことがあれば相談したり、うまく乗り切ってほしいと思います。

 

 

最後にご紹介するのは、今年度の開放授業のオリエンテーションの様子です。開放授業とは、地域住民の方が、本学の一部の授業を学生といっしょに受講するというものです。受講する地域住民の方へ、授業に参加する上での注意事項や図書館の利用等について説明をしました。

 

オリエンテーションに参加している受講生


 

 

 

 

 

 

 

 

受講者の方のいつまでも学び続ける姿勢に頭が下がる思いです。

くしくも、有馬学長が入学式の式辞で、学び続けることの重要性について新入生に語られました。先行きの分からない不透明な時代を生き抜くために大切なことかもしれません。

 

 

着々と新年度の行事が過ぎていきますが、まだまだ始まったばかり。

私たちも新しい仲間(同僚)をお迎えし、今年度も様々な行事、出来事があると思いますが、毎週、お伝えできればと思います。今年度も『花金』をよろしくお願いします。

 

以上、今週の花金は企画総務課のフクモトが担当しました。

 

 

H30年3月23日(金)第402号『さよならなんかは言わせない』

2018 年 3 月 26 日 月曜日

本日は平成29年度宮崎公立大学卒業式。

今年も193名の卒業生が巣立っていきました。

今年の卒業生が2~3年生の時に本学グローバルセンターが初めてオープンしたこともあり、毎日のように通ってくれた学生も多く、明日から寂しくなります。

積もる話もありますが、別れの日に長々と口上を述べるのは野暮というもの。

いつも花金では文章を書きすぎるので、本日はシンプルにテーマを設けました。

 

「『卒業』と聞いてあなたが思い浮かべる一曲はどれですか?」

カナダに長期留学したウチダ君はGReeeN「遥か」をチョイス。現代は便利な時代なので知らない若者の曲もすぐにネットで聴けます。「どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける」ってとこが泣かせますね。

https://www.youtube.com/watch?v=im2b4ZVwjzY

アイルランドに長期留学したクドウ君はケツメイシの「仲間」。この辺の時代の曲はなんとかついていけます。仲間って言葉、大学を出た後はなかなか使うこともなくなります。友人、同僚、家族、上司とかばっかりで。大学での仲間は一生ものですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=pT-PmcYWwTY

イギリスに短期留学したイワタさんの選曲は斉藤由貴の「卒業」。あれ?この隠し切れない昭和感。卒業式の日にモテる男子生徒の制服のボタンが女子に収奪される儀式や、自分の心変わりの可能性を想定せずに好きな異性のイニシャルを机に彫刻する風習って現在もまだ続いているのでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=oSqTaVzqPIk

カナダに長期留学したミハラ君はflumpool「今年の桜」。彼は弱点の無い男なので音楽くらいはダサければいいのにと思ってましたが(どんな職員だ)、そつがない選曲で大変勉強になりました。最近の若者はこういうの聴いてるのね。

https://www.youtube.com/watch?v=NtqjcUOxsVM

韓国からの交換留学生フィソン君の卒業ソングはEXILEの「道」。ちなみに彼は日本人学生よりも日本の音楽に詳しいことが多々あり、「なぜみんな日本人なのにX JAPAN聴いてないの!?」と憤るナイスガイです。そしてまだ卒業しません。X好きな学生はどんどん話しかけてください。

https://www.youtube.com/watch?v=2UeXo3m8ztQ

 

なんと花金取材に快く応じてくださったタハラ理事長の選曲は海援隊の「贈る言葉」。今年度でご退職されます。本学を去られるという点においては卒業生の一人です。本当にお世話になりました。

https://www.youtube.com/watch?v=pEql1uv7osU

 

今日で大学を去られる方々の未来に幸多からんことをお祈りしております。

 

 本記事のタイトルを読んでピンときたB’zファンの方には申し訳ありませんが、私コバヤシの卒業ソングの筆頭は尾崎豊でございます。

この支配からの!卒業!

https://www.youtube.com/watch?v=tWTm5YuCn_A

 

来年度も『週刊花の金曜日』をよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

平成30年2月9日(金)第396号『新聞・雑誌、図書等の無料配付を実施中!』

2018 年 2 月 9 日 金曜日

25日、午前9時。

図書館の入り口で数人の学生が列を作っています…

何かを待っている様子。いったい何が始まるのでしょうか。

 

図書館では学生・教職員を対象に、年2回にわけて新聞・雑誌、不要になった図書等の

無料配付を行っています。

この日は、無料配付の開始日だったため、9時の開館と同時に

無料配付会場の新聞配架室を目指して学生が続々と入ってきました。

    

目当ての雑誌に一直線の学生や、吟味している学生で配付会場は一気ににぎやかになります。

明るい表情で配付会場を後にする学生達。気に入ったものがあったのでしょうか。

 

数日前から配付資料の準備を行い、配付開始前は多くの資料であふれていました。

図書館では多数の新聞・雑誌を購読しているため、半年でも相当な量になります。

これだけの資料を図書館で保管し続けることはできませんが

ただ廃棄してしまうのはもったいない!それなら、欲しい人に配付して、有効に活用してもらおう!

ということで、図書館にも利用者にもうれしいイベントとなっています。

 

普段、なかなか手に取らない雑誌も、この機会に読んでみると

意外な掘り出しものが見つかるかもしれません。

新聞・雑誌、不要になった図書等の無料配付は219日(月)まで行っていますので

興味のある方はぜひご来館ください。

また今回、写真を掲載している配付会場(新聞配架室)とは別に図書館カウンターでも

図書の無料配付を行っていますので、そちらも併せてご覧ください。(こちらの配付期間は未定です。)

 

以上、図書館:サヤマがお送りしました。

 

平成30年1月19日(金)第393号『防災・減災のために』

2018 年 1 月 19 日 金曜日

こんにちは。

センター試験も無事終了し、事務局としては、ほっと一息というところです。

学生の皆さんは、卒論や後期定期試験勉強に追われる日々ですね。

 

今回の花金では、水・木(17日と18日)に行われた「普通救命講習会」の様子を

ご紹介したいと思います。

この講習会は、辻教授の「自然災害と防止・減災」の受講生のうち、防災士資格取得試験の受験希望者を対象に実施されたものです。

 

※以下のリーフレットとビデオで手順を確認した後に、実技指導を受けました。

〇あなたにもできる応急手当 救命処置(CPR+AED)

〇心肺蘇生の流れ(ガイドライン2015)

〇安全の確認からAEDの使用までの流れ

(会場:交流センター多目的室)

〇7~8人のグループに分かれ実技訓練開始

〇心肺蘇生法(CPR)の胸骨圧迫

肘をまっすぐ伸ばして手の付け根の部分に体重をかけます

〇自動体外式除細動器(AED)を使用

電流がきちんと流れるよう、電極パッドを貼る位置にも注意

〇AEDを使用しての胸骨圧迫

ところで、防災士って何か、ご存知ですか?

防災士は、特定非営利活動法人日本防災士機構が認証する資格のことです。

同機構においては

【防災士は“自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを、日本防災士機構が認証した人である。

1.自助―自分の命は自分で守る。

2.共助―地域・職場で助け合い、被害拡大を防ぐ。

3. 協働―市民、企業、自治体、防災機関等が協力して活動する。 】とされています。

 

本学の学生で、防災士になりたい人は、

「自然災害と防災・減災」を受講して、履修証明を取得し、資格取得の試験を受験。

試験合格及び「救急救命講習」終了証を取得して、日本防災士機構への「防災士認証登録申請」を行えば、晴れて防災士に認定されます。

(本学以外では、宮崎県が防災士養成研修を実施しています。)

 

さて、「1・17」【平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災】から、今年で23年が経過します。

死者 : 6,434名、行方不明者 : 3名、負傷者 : 43,792名

「3.11」【平成23年3月11日に発生した東日本大震災】では、

死者 : 15,893名、行方不明者 : 2,556名、避難者 : 130,740名(2016.12.9現在)

 

国や地方自治体は、市民の命を守るため、「公助」としての施策を実施していますが、この二つの震災から私たちが学んだことは、「公助」だけでは、足りないということです。

 

自分の命は自分で守る。そして近隣や地域内での助け合いで、被害を少なくできます。

 

救急救命講習会の様子をチラッとご紹介、のつもりでしたが、その背景にあるものをお伝えしようとして、少し堅苦しくなりました。🙇

 

なお、今回の講習会では、のどに異物が詰まった人への対応や止血法も習いました。

災害時だけでなく、いざという時に、とても役立つ内容でした。

皆さんも、まず、AEDの場所(本学には4か所に設置しています。)の確認から始めてみませんか?

以上、事務局のウメムラがお伝えしました。

 

2018年1月12日(金)第392号『3年生の就活準備』

2018 年 1 月 12 日 金曜日

こんにちは、学生・就職支援室のヤマモトです。

年も明け、現3年生は3月1日から就職活動がスタートします。学生・就職支

援室では、学生たちが就職活動にスムーズに入っていくためにさまざまな取り

組みを行っています。

今回は12月に行った取り組みについて紹介します。

まずは、業界を知るための業界研究セミナーです。幅広く業界を知ってもらう

ため、各業界の人事の方に大学まで来ていただき説明会を実施しています。

エアライン、銀行、損保、信金、ホテル、商社などの業界研究セミナーを行いました。

 

【エアライン業界セミナー】

CAやグランドスタッフを目指し真剣に聞いています。

 

【銀行業界セミナー】

銀行の仕組みや機能、銀行が果たしている役割等の説明がありました。

本学卒業の先輩が、会社での働き方や休日の過ごし方を話してくれました。

 

【ホテル業界セミナー】

リゾートホテルを運営している星野リゾートの方から、ホテル業界の動向や

ホテルでの働き方などについて学びました。

 

次に面接対策です。4日間にわたりマナー実践練習を行いました。

元JALとANAのCA出身の講師から面接時の身だしなみ、発声、立ち居

振る舞いなどについて指導していただきました。

練習で学んだことを活かし、実際の面接では自信を持って臨んでもらいたい

です。

最後に福岡就活バスツアーの紹介です。3月1日と3月9日に福岡の

ヤフオクドームで大規模な合同企業説明会が行われます。本学からも

毎年100名前後の学生がこの説明会に参加しています。

自分の夢に向かって学生たちが積極的に行動してくれることを願っている

ヤマモトがお伝えしました。