‘スタッフ日記’ カテゴリーのアーカイブ

令和2年1月17日(金)第488号「宮崎×キャリアの探求」

2020 年 1 月 17 日 金曜日

こんにちは、学生・就職支援室のヤマモトです。

今回は、12月24日(火)に、川瀬隆千先生の担当である2年生の「キャリア設計Ⅱ」で、

行われた「学生による企業・自治体訪問」成果発表会について紹介します。

この授業は、2年生が地元の企業・自治体を訪問し従業員の方々にインタビューをすることにより

地元で働くことの魅力を発見させることを目的としています。

本取り組みは今年で3年目になり、次の企業・自治体を訪問しました。

発表は交流センターの多目的ホールで行われました。

2年生全員が参加するので、会場はご覧の通りです。

1年生時に履修した【情報応用スキル】で学んだプレゼンテーション資料の作成スキルを活かし資料を作成しました。

 

グループを3つに分け、1つのグループが30分ずつ発表します。

残りの2つのグループは、興味のある企業の発表を聞いて質問をしていきます。

田中先生も発表会を見学に来ていただきました。

訪問した企業の方も多数発表会に参加していただきました。

また、学生からの質問にも直接答えていただきました。

実際、企業を訪問して従業員の方々の話を聞いたことで、学生たちは働くことについて

考えるきっかけになったのではないかと思います。

 

将来の目標に向けて積極的に行動してくれることを願っているヤマモトがお伝えしました。

令和2年1月10日(金)第487号「5年目!!」

2020 年 1 月 10 日 金曜日

明けましておめでとうございます。

 

皆さんは2020年、どのようなお正月を迎えましたか?

 

2020年は東京で2回目のオリンピック開催が予定され日本にとって大きな節目の年となりそうです。また、今年は「子年」にあたり、再び新しい十二支の「サイクル」がスタートする年です。

 

「サイクル」⇒「循環」⇒「ループ」(ちょっと無理やり感は否めませんが・・・)

 

今回はMMUで実施している「ブックループ」についてお話したいと思います!

 

タイトルにもありましたが、2015年1月にスタートした「宮崎公立大学古本募金」、通称「ブックループ」は5年目を迎えました。学内外の皆様のご協力をいただき、2019年11月末現在で累計冊数22,376冊、446,609円となりました。

 

この場をお借りしまして、これまでブックループへ寄附してくださった皆様にお礼申し上げます。そして、下記のグラフは今年4月から11月までの受入冊数と寄附金額の推移を表したグラフです。

11月に冊数と金額がぐんと右肩上がりになっています。

 

定期的に学内外の方からのご寄附も頂いていますが、11月にいただいた冊数の半分以上は本学教授の山口 裕司先生からでした。

 

山口先生はMMU開学の1993年から27年間教鞭をとられ、今年3月に惜しまれながらご退職されます。その為、これまで研究や学生指導のために個人で購入された膨大な蔵書をブックループに寄附してくださることになりました。

 

その蔵書数、ざっと数えて1,500冊以上!

 

撮影時は12月第2週です。少しだけ本棚がスッキリしてきました。

先生のお部屋全体に本が納められています。

その蔵書を週に約160冊ペースで事務局に搬入してくださっています。

搬入された本を箱詰めして、バリューブックスという運営会社へ発送し、売却金額が寄附金として大学に支払われます。

 

これまでに「100円定食」、「基礎演習全体発表会 優秀賞賞品」や「学食の副菜補助(50円引き)」として本学学生の支援の為に活用させていただきました。

 

引き続き、皆さまが読み終えた本や、CDDVD等がございましたら、寄附をお待ちしております!

<ブックループについて>  ※下記画像をクリックするとブックループのページにリンクします。

以上、ブックループの寄附金を活用させていただく次の企画は何にしようかな、と思案している企画総務課カネマル(ル)がお届けしました。

令和元年12月27日(金)第486号『休眠打破』

2019 年 12 月 27 日 金曜日

宮崎の冬。

12月になっても最高気温が20度を超える日もあり、

今年は暖かいなと思います。

 

公立大学は4月になると、桜の花が咲き誇ります。

しかしこの時期、桜の枝先には

小さな「つぼみらしきもの」が確認できる程度です。

桜の花芽は夏に形成され、一旦「休眠」し、

冬に一定期間低温にさらされることで再び目覚め

春の暖かさで花芽が成長し花を咲かせるそうです。

 

受験生の皆さんはセンター試験直前で

お正月どころではないかもしれませんが、

春には皆さんの希望どおりの花が咲くことを願っています。

以上、花壇の花にホッとしている学務課シイバがお伝えしました。

 

令和元年12月20日(金)第485号『サザンカ・ツバキの季節になりました』

2019 年 12 月 20 日 金曜日

皆さんこんにちは。

今年も残すところ10日余り。新しい時代、令和元年も終わりを告げようとしています。

宮崎でもようやく冬の気配が感じられる季節となり、街では、クリスマス・忘年会へと気分が高まってきています。

 

初冬の校内を見回すと、サザンカの赤い花が目に飛び込んできます。ツバキもつぼみをふくらませ、開花する時期を待っているようで、ようやく、サザンカ・ツバキの季節がやってきました。

 

本学とツバキの関わり合いは強く、校章はツバキをモチーフにデザインされていますし、愛唱歌として「椿歌-ツバキウタ-」が代々歌い継がれています。

学内のサザンカです。散った花びらもきれいです。

学内のツバキです。開花まではもう少し…。

近づいてみると開花の準備中でした。

 

 

ところで皆さん ツバキ繋がりですが、宮崎市に世界的なツバキ園があるのをご存知ですか?

 

国際ツバキ協会(28か国からなるツバキ愛好者の団体)から平成15年に「国際優秀ツバキ園」として認定され、世界で42園、国内でも8園しかない、優秀なツバキ園なんです。

 

その名は「椿山森林公園」!

 

場所は、宮崎市の南西部、日南市(旧北郷町)の境界に位置し、41.3ヘクタールの敷地の中に1,000種、48,000本のツバキが植栽され、赤や白、しぼりなどの花が楽しめます。

 

私はこの椿山森林公園と通算で9年間の関わり合いを持ち、若かりし頃は、園内の整備やPRに精を出してきました。

 

当時、小学生が遠足に訪れたときは、次のような案内をしていました。

 

「ここの公園は41.3ヘクタールの広さ みんなの小学校の運動場41個分の広さがあるんだよ」 (小学校の運動場の広さは、ほぼ1ヘクタール位です。)

 

「それでは、ツバキは何でツバキって言うか知ってる?」

「ツバキの葉は光っているでしょう。ツヤツヤした葉っぱの木、ツヤ葉木、ツバキになったんだよ!」 (諸説あり)

 

「ふ~ん…」とやや尊敬の目で見られ、説明が終わるとほとんど先生気分でした。

 

いい加減な案内で申し訳ございません。

 

園内の花の時期は1月から3月 見ごろは2月ですので、ぜひ足を運んでみてください。

園内の風景です。奥に見えるは展望台です。

公園から「双石山」が見渡せます。

以上、ツバキには少しうるさい企画総務課のカサシマがお届けしました。

令和元年12月13日(金)第484号『百年の大計 ~The making of MMU~』

2019 年 12 月 13 日 金曜日

突然ですが、大学ってどうやってつくると思いますか?

大学をつくるレシピは次のとおりです(学校教育法2条~4条)。

 

○大学をつくることができるのは、国、自治体、学校法人だけ

○大学は大学設置基準に従ってつくらなければならない

○公立大学や私立大学をつくるときは、文部科学大臣の認可を受けなければならない

 

これをまとめると「大学(ここからは本学のような公立大学にしぼって話しますね)をつくりたいときは、自治体が、大学設置基準に適合し、文部科学大臣の認可をもらえばよい」ということになりますね。

なお、文部科学大臣の認可をもらうためには、文部科学大臣に認可申請書というものを提出しなければなりません。黙っていても認可はもらえないんですね…あたりまえだけど。

 

本学もこうしてできました。1993年、今から26年前のことになります。

 

初公開! こちらが本学の認可申請書一式(控え)。

 

厚さをごらんいただくために積み上げてみました。

約24センチありますね。

 

認可申請からおよそ8か月後、認可をもらうことができました。

こちらも初公開! 本学の設置認可書。当時は「文部大臣」でした。

これで宮崎公立大学のできあがり!

 

こう書くと簡単そうにみえるかもしれませんが、大学設置基準のハードルは高く、これに適合するというのは容易ではありません。

基準に適合しているかどうかの審査の過程では、文部科学大臣が大学設置・学校法人審議会という大学運営の専門家集団に諮問し、この審議会がヒアリング、書類審査、実地審査を行い、適合しているかどうかを文部科学大臣に答申します。

 

宮崎市は、基準に適合して認可をもらうため、不退転の決意で大学設置準備室という組織をつくり、認可申請の準備に2年間をかけました。

当時、政令指定都市以外の一般市は全国に651市ありましたが、大学設置に参画している一般市は6市しかありませんでした。宮崎市は7番目です。

 

さらに、大学設置の前提として、自治体住民の合意形成も欠かせません。大学の設置や運営にかかる経費は、入学料や授業料で足りない場合は税金でまかなうことになるのですから。

本学の場合、1988年に当時の長友貞藏市長が宮崎市に大学を設置することを表明して以来、市民の間に大学設置の気運が高まり、1990年には大学の早期設置を願って期成会が結成されました。

期成会は、2か月間で11万7千人の大学設置を要望する署名を集めました。

当時の宮崎市の15歳以上の人口は22万7千人ですから、この半数が署名したことになります。

 

案外知られていないようですが、本学の門標を揮毫したのは、創立者の長友市長です。

 

そういえば、冒頭で大学づくりのレシピをご紹介しましたが、これにはレシピにつきものの材料が書かれていませんね。

大学づくりに必要な材料は、その大学で教えてくれる先生たち、施設や設備、資金などなど。しかし、大学をつくるにあたって一番大切なものは、地元の情熱ではないでしょうか。

20数年前、この宮崎の地には、はるか未来を見通して人材を育成すべく、本学の設置に情熱を注いだ人々がいました。

この人々の熱い想いから本学は生まれたのです。

 

期成会の設立趣意書はこう結ばれています。

新しい大学を私たち自らの手で設置し、百年の大計をもって地域の財産として守り育て、後世に引き継いでいくことは私たちの使命であると思います。

 

こうして今も、本学は、宮崎市民に温かく見守られています。

 

今回は、昔のことだけはよく知っている事務局長老のモトマルがお送りしました。

 

 

追記

本学の設置に多大な貢献をされ、開学後も本学の礎を築かれた罍昭吉先生(1993年~2005年、本学教授)が10月11日、74歳で永眠されました。早すぎる死を悼み、ご冥福をお祈りいたします。

本学に込められた先生の夢と理想は、宮崎の財産として、後世に引き継がれていくことでしょう。