‘スタッフ日記’ カテゴリーのアーカイブ

令和元年9月13日(金)第471号「宮崎公立大学のFD活動」

2019 年 9 月 13 日 金曜日

後期の授業開始まで、残すところあと1週間ほどとなりました。

授業だけではなく、履修ガイダンスやテキスト販売、履修登録変更などなど、「忘れていました」「アルバイトがあって行けません」では済まされない、大事なものが続きます。学生の皆さんは、そろそろ【夏休みモード】から【学業モード】へ切り替えて、万全の状態で後期のスタートダッシュを決めてもらえればと思います。

 

ところで、前回の花金では、夏休みの期間も、大学が実はいろいろな業務を行っていることが紹介されていました。

今回の花金も、その一つとして「FD活動」を紹介したいと思います。

 

FDとは、Faculty Development (ファカルティ・ディベロップメント)の略称で、教員が授業内容・方法を改善し、教育の質を向上させるための組織的な取組を指します。その内容は極めて広範にわたりますが、具体的な例としては、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催、教員相互の授業参観の実施などが挙げられます(2005 年1月 中央教育審議会「我が国の高等教育の将来像」答申より)。

 

宮崎公立大学におけるFD活動は、開学以来、数度の改組を経て、FD部会という学内組織が担当しています。主な活動内容は、学生への授業アンケートの実施、FD研修会の実施、学外研修への参加、新任教員へのガイダンス、研究活動への支援体制の充実・強化などです。

 

こういったFD活動の一環として、残暑がまだまだ厳しい9月10日(火)、「FDに関する意見交換会」を開催しました。

 

「FDに関する意見交換会」とは、その名のとおり、FDに関連するテーマをいくつか設定し、教員が意見交換を行うものです。

各教員がこれまでの教員生活で得た経験やスキル・テクニックだけでなく反省点なども持ち寄って共有することにより、短期的には後期授業の、長期的には大学全体の教育の質を向上させることを目的としています。

 

当日は、FD部会長の挨拶と趣旨説明の後、テーマごとにグループに分かれ、約1時間、意見交換が行われました。

 

FD部会長による挨拶

 

意見交換の様子①                 意見交換の様子②

 

 

意見交換の様子③                 意見交換の様子④

 

次に、各グループの進行役が、グループで出た意見を発表し、全体で共有しました。

発表の様子

 

「FDに関する意見交換会」は、他の教員との情報交流を行うことによって、様々な気付きを得る機会になったと思います。

 

宮崎公立大学では、これからもFD活動に積極的に取り組んでいきます。

 

以上、今回の花金は、学務課アカザワが担当しました。

令和元年9月6日(金)第470号『講座のご案内』

2019 年 9 月 6 日 金曜日

厳しかった夏も終盤、少しずつではありますが過ごしやすくなってきました。

そして、夏休みも残り少なくなりましたが、

みなさんのこの夏は充実していましたか?

 

大学の事務局は、この期間にしかできないこと、例えば、

図書館では、蔵書点検、

建物は、点検や補修など、

職員は、様々な研修があります。

授業に支障がないように、この時期にまとめて行います。

様々な業務で目一杯の夏です。

 

そして、2週間後の後期授業開始の準備も、すでにもう始まっています。

その中から・・・

学外の皆様にもご参加いただける講座を2つご紹介します。

どちらも、1講座のみの受講も可能です。

高校生のみなさんも大歓迎!! たくさんのご参加をお待ちしております。

 

 

まず1つめは、定期公開講座

今年のテーマは、「令和時代の国際政治経済」

本学の国際政治経済専攻の教員4名に

財務省関係の講師を交えての講座

9月から10月の金曜18時30分スタートです。

(※画像をクリックすると大きく表示されます)

申込方法は、こちらをご覧ください。

 

 

2つめに、ご紹介するのは

高等教育コンソーシアム宮崎が開講する

コーディネート科目「宮崎の郷土と文化」

コンソーシアムに加盟する県内大学等から12名、

加えて特別講師として、河野宮崎県知事、

綾町のユネスコエコパークの河野さん、

戸敷宮崎市長の3名をお迎えし

9月から10月の土曜日に3コマずつ開講します。

(※画像をクリックすると大きく表示されます)

申込方法は、こちらをご覧ください。

今週は、ガクムカカワノがお伝えしました。

令和元年8月30日(金)第469号『備え』

2019 年 8 月 30 日 金曜日

残暑お見舞い申し上げます。

今年の夏も暑かったですね。

 

今週は曇りや雨の日で始まり、26日月曜日の最高気温は25度を下回ったようですが、それ以降、まだまだ暑い日が続いています。立秋とは名ばかりで、厳しい暑さです。

 

でも、1日1日秋は近づいています。これから、朝夕が冷え込むこともありますので、体調管理には十分に注意してください。

 

ところで、「残暑」とは暦の上で「立秋」(秋の始まり)(今年は8月8日)以降を指しますが、「暑さが残る時期」という意味ではっきりとした終わりの日はないそうです。一般的には概ね8月いっぱい、暑さが長引く年には9月に入っても「残暑」とされることがあるそうです。

 

「残暑見舞い」は、「立秋」を過ぎ、暦の上で秋を迎えても実際は暑さが続いている時期に出すもので、挨拶の言葉も、「立秋とは名ばかりの暑さ」「暦の上では秋とはいえ、厳しい暑さが続いておりますが」といった“まだまだ暑い”といったものが使われるそうです。

 

 

来週から9月。9月1日は防災の日です。

 

今週、北部九州では、秋雨前線による大雨で、甚大な被害が出ています。宮崎でも平成17年に大雨による浸水によって甚大な被害がありました。

 

今夏、要望もあり、本学管理棟1階の学生ホールと凌雲会館2階の地域研究センターに宮崎市が作成したハザードマップの一部を設置しました。

※ 本学管理棟1階の学生ホールの配置場所

※ 地域研究センターの配置場所

 

「ハザードマップ」とは、一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」のことだそうです。

 

宮崎市のハザードマップには、地域ごとのため池や津波、洪水、土砂災害に関するものがありますが、本学にはその一部しか設置してありません。

 

宮崎市のホームページには、すべてのハザードマップがありますので、もしもの時に備え、お住まいや関係のある地域のものを一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

https://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/life/fire_department/hazard_map/

(「宮崎市ホームページ」へのリンク)

 

そして、今後は台風への注意も必要となります。

 

今年も数回、台風が来襲していますが、お盆期間の台風には各地で被害や影響がありました。たまたま宮崎にはそれほど影響はありませんでしたが、いつもそうとは限りません。

常日頃から、備えはしておくことが大切です。

 

ただ、あれだけ宮崎に接近しておきながら、大事に至らなかった台風も珍しいなと思い、気象庁のホームページを閲覧してみました。

 

気象庁のホームページには、過去の台風の経路など各種データや資料が掲載されていました(私が生まれたウン十年前の台風経路もありました)。

 

もちろん、最新の気象情報も掲載されていますので、一度、確認してみるのも今後の参考になるのではないかと思ったところでした。

 

https://www.jma.go.jp/jma/menu/menureport.html

(「気象庁ホームページ」へのリンク)

 

「備えあれば患いなし」。もしもの時に備え、できることから行いましょう。

 

とはいいつつ、なかなか事前準備が苦手な企画総務課のナベシマでした。

令和元年8月23日(金)第468号『ウツセミに想フ ~残暑お見舞い申し上げます~』

2019 年 8 月 23 日 金曜日

先週末、宮崎の街では、その名も「まつり宮崎」なる

夏祭りが催されておりました。

夏、真っ盛りですね。

 

夕涼みがてら、足を運ぶと、

遠くのステージから森山直太朗さんの美しいファルセットが…

すぐそこまで近づいている「夏の終わり」を

なんとも涼やかに届けてくれました。

祭りの浮足立ち感…嫌いじゃないです。

 

8月に入り、日を空けることなく次々にやって来た台風9号、10号。

それらがようやく去り、学内のセミ達も残暑の大合唱を連日響かせています。

セミの大合唱には格好のローケーション

緑つややかな木々がモリモリ

 

毎年、この季節がやって来ると、

我が恩師―田中薫先生(2005年度退官:出版文化論)は、

「待ってました!」とばかりに、麻ジャケットの胸ポケットに

学内で捕まえた飛びきり元気なセミを忍ばせて

何も知らずエレベーターに乗り込んでくる

学生や教職員たちを驚かすという

少年のようなイタズラを慣行しておられました。

 

2年前の夏に急逝されてしまい、ほんとうに本当に寂しい限りですが

第1期から10期にわたる、90人余りのPANゼミ生(出版文化論ゼミ卒業生)たちが

この夏も、セミの声響くどこかの地で、

感謝の念とともに、思い出し笑いしていることでしょう^^

「薫先生!今年も活きの良いセミ、テンコ盛りですよ!!!」

薫先生、本当にありがとうございました。

 

例年、夏休みに入り学生たちの華やかな声が

聴かれなくなってくると、こんな風に

セミの声が余計に耳につくような気がしています。

学生がいないと画にならない…

 

蝉はセミでも、「蜩(ひぐらし)」や「つくつく法師(法師蝉)」は秋の季語。

 

これらの「カナカナカナ~♪」や「ツクツクホウ~シっ♪」が響いてくる頃には、

学生たちがそれぞれの休暇を終えて

また賑やかな声を聴かせてくれることでしょう。

 

この学生たちが少ない間に、

図書館は蔵書点検(※) 等の作業をモクモクと行って、

新学期のスタートに備えます。

 

宮崎の夏はまだまだ暑い(長い)!!

どうぞ皆さま体調に気をつけてお過ごしください。

今週の花金担当-図書館ミネでした☆

 

 

令和元年8月16日(金)第467号「暑い夏の過ごし方」

2019 年 8 月 9 日 金曜日

梅雨が明けた途端、暑い暑い夏がやってきました。

今週は台風の影響もあり天気の崩れる日が多い1週間となりましたが

気温や湿度は高く暑い日が続いていますので、皆さま体調にお気を付けください。

 

緑豊かな学内ではいたるところでセミが盛大に合唱し、

暑さをさらに盛り上げているようで、蝉の声を聴いているだけで汗がでてくる毎日です。

そんな暑い毎日を、皆さまどのように過ごしていますか。

 

暑い日差しをものともせず、汗を流してスポーツに取り組んだり

宮崎の夏と言えばサーフィンが有名ですが、この季節にマリンスポーツを楽しんだり

夏祭りや花火などの夜のイベントに参加するなどなど

暑いだけではなく、夏ならではの楽しみが色々あります。

 

そんな暑い夏の過ごし方として

「涼しい図書館で勉学に励んだり読み物を楽しむ」

という選択肢を1つ加えてみませんか。

 

本学では、先週、前期定期試験が行われ、

図書館では試験勉強やレポートなどの課題に取り組む多くの学生の姿が見られました。

図書館には、数人で並んで座れる閲覧席や、1人用のキャレルデスク、

集中して勉強や調べ物がしたいときに重宝する個室研究室などの施設があり

それぞれの用途に合わせて利用されています。

雑誌や新聞を配架している「ブラウジングホール」というエリアでは、

キャップ付きボトルに入った飲料水であれば摂取可能になっていますので、

とくに暑い日の利用の際にお勧めです。

 

今週から夏季休業に入り、普段より一般利用者の方の姿がよく見られます。

本学図書館は県内在住もしくは在勤の方であればご利用いただけますので

詳しくは図書館ホームページ(http://www.miyazaki-mu.ac.jp/library/)の

〈利用案内〉をご覧ください。

 

 

また、現在図書館では「夜」をテーマにした季節の図書展示も実施しています。

試験も終了し夏季休業に入った今、読みたい本を読める絶好のチャンスです。

 

 

ぜひ、暑い夏こそ図書館をご利用ください。

皆さまの来館をお待ちしています。

 

以上、図書館:サヤマがお送りしました。