‘大学の日常’ カテゴリーのアーカイブ

令和元年10月18日(金) 第476号『卒業論文と情報機器』

2019 年 10 月 18 日 金曜日

今朝、マルチメディア自習室と講義室の窓を開けた時に思いました。そう言えば、金木犀が香っていい頃なのになぁと。

そこで学内の金木犀を見に行ったら、こんな感じ。まだまだ蕾でした。

 

あのいい香りが漂うまで、もう少しのようです。

 

秋の気配が強くなるこの頃、学生さんたちから「卒論」という言葉を聞くようになりました。来年3月に卒業を予定している学生さんは、全員卒業論文を提出します。提出期限の1月中旬まで、3か月となったわけです。
そして徐々に、マルチメディア室が混雑し、貸し出し用のノートパソコンがフル回転し始めます。

本学では、学生に貸し出せる情報機器がいくつかありますので、 今回は、その一部をご紹介。
まずは、ノートパソコン。Windows と MacBookがあります。

 

これらは、講義や研究での利用が優先されますが、通常、いつでも貸し出し可能です。

 

 

このようにワゴンに入れて保管してあります。ゼミなどで複数台利用するときは、このワゴンごと貸し出します。

 

プレゼンテーションなどで使用するプロジェクタはこちら

 

演習室などの教室用と、講堂や大講義室などで利用可能なものと、2種類あります。

 

情報機器は、情報事務室で借りることができます。

これから年末にかけて、ゼミ活動がさらに活発になり、卒業論文の作成などで混雑します。 原則として申し出があった順番に貸し出すので、遅い時間になると全部出払ってしまい、借りられないという場合もあります。
卒業論文を作成の学生の皆さん、計画的に準備をし、貸し出し用の情報機器を有効に活用して下さいね。

 

あっ、それから…
頑張って作成した卒業論文は2重3重にバックアップを取ってください! 提出するまでは何度でも!  毎年あるのです! あとは印刷するだけというところで、ファイルを保存していたUSBメモリが開かない! 自宅パソコンのハードディスクが壊れた! という相談が。。。
こればかりは、泣いても叫んでもどうにもなりません。こちらも泣きたくなりますので、どうかバックアップをしながら卒業論文の作成、頑張ってください!

以上、情報事務室のタニグチでした。

 

令和元年10月11日(金)第475号『心がけ。』

2019 年 10 月 11 日 金曜日

気づけば10月なんですね。

 

去年の10月は半袖だったっけなぁ~と去年の記憶も忘却の彼方となっている自分にがっかりしつつ。通勤の車の中で聞いているラジオ番組のパーソナリティーが「今日はワタクシ、ノースリーブですの♪」と豪語していたのも、たった2、3日前。ここ数日一気に気温が下がり、大学構内の木々も秋支度を始めた今日この頃です。

 

<大学構内の紅葉が色づき始めました!>

 

どうもこんにちは、大学職員デビュー1年目の企画総務課コヤナギです。

新入生と一緒に、今年4月からここ宮崎公立大学での新生活を始めた新人アラフォーも、周りの方々に支えられながら、ドタバタと7カ月が過ぎようとしております。

 

花金執筆ももちろん初めてで、何をご紹介しようか悩んでおりましたが、担当業務は学内のシステムのもろもろということで、初・花金はいわゆる「情報セキュリティに関する脅威」と本学での「情報セキュリティに関する取組」の一つをご紹介させていただければと思います。

 

私が就活をしていた10数年前は、「どこでもインターネットにツナガル」という意味合いで「ユビキタス」と言葉が一世を風靡し、そんな夢の世界がくるのか?とIT業界の入口で驚嘆しておりましたが、インターネット網の普及とスマートフォンの登場と共に、あっという間に世界の人々とツナガルことができるようになりました。

 

しかし、その恩恵の裏側でインターネットを介しての様々な被害も、恩恵と同様あっという間に広がり、気づかぬうちにその脅威の被害となっている場合もあり、いわゆる「サイバー攻撃」という言葉が誌面を賑わすことも多くなってきております。

一体どのようなサイバー攻撃、脅威があるのか?という情報は国内の組織が情報公開しています。

 

独立行政法人情報通信研究機構(NICT)は、インターネットを介してのサイバー攻撃の通信の様子をリアルタイムでWeb公開しています。

 

■NICTERWEB 2.0(独立行政法人情報通信研究機構)

https://www.nicter.jp/atlas

 

また、情報セキュリティの脅威の情報の一つとして、独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)が「情報セキュリティ10大脅威」を毎年公表しています。

 

■情報セキュリティ10大脅威 2019(独立行政法人情報処理推進機構)

https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2019.html

 

脅威の一覧を抜粋すると以下のものとなります。

(出典:「情報セキュリティ10大脅威(https://www.ipa.go.jp/files/000072669.pdf)」 独立行政法人情報処理推進機構)

 

個人向け、組織向けそれぞれ様々な脅威が登場しておりますが、その脅威から身を守る方策とは一体どのようなものがあるのでしょうか?

 

私見にはなりますが、その多くは、やはり使っている私たちの「心がけ」によるものではないかと思います。それは、決してIT技術に詳しくないとできないわけではなく、例えば見知らぬ人からのメールの添付ファイルは不用意に開かない、使っているソフトウェアは、ちょっと頑張って最新版にアップデートを行う、WebカメラなどのIoT機器の初期パスワードは使用せず、必ず変更するなど、ちょっとした「心がけ」で脅威を避けることができると思っております。

 

そのような「心がけ」を醸成する取組として、本学では、「情報セキュリティ研修会」を、教職員および学生の皆さん向けに実施しております(やっと本題・・・)。

 

学生の皆さん向けは、4月に外部から講師の先生をお招きし実施しました。

<2019年4月の学生向け情報セキュリティ研修会の様子>

 

教職員向けは9月に実施し、職員のみならず普段講義をする側の教員の皆さんもしっかり参加していただきました。

<2019年9月の教職員向け情報セキュリティ研修会の様子>

 

それぞれの研修会の最後に、受講した皆さんにアンケートの記入をお願いしているのですが、「勉強になった!」「こんなことが事件に繋がるのか・・・!」などの感想もあり、多くの方に「心がけ」の大切さをお届けできていると信じております。

 

世界を見れば、USBメモリひとつで、国家レベルの施設が脅かされた事例もあります。

今後も激変していくであろうIT社会の一端を担う者として、情報セキュリティ研修会の実施を通し、皆さんの快適なITライフの一助となるよう努めてまいります。

 

以上、「情報セキュリティ脅威に対する心がけ」ということでお届けいたしました。

 

令和元年9月27日(金)第473号『留学したことで何が身につくのか』

2019 年 9 月 27 日 金曜日

今週から後期の授業が始まり、グローバルセンターは久しぶりに学生で溢れかえっています。長期留学から帰ってきた学生は同級生や後輩と1年ぶりに再会して土産話に花を咲かせ、夏休みの間に将来について考えた1~2年生が絶え間なく留学相談に訪れて来るなど、秋学期特有の「何かが始まる雰囲気」に包まれています。

 

本学の学生は、協定校への短期・長期留学を中心に、全学生の6割近くが何らかの留学を経験します。留学とは、学生にとっては勉強や異文化経験というチャレンジですが、費用を負担する保護者の方にとっては〈教育投資〉としての意味をもちますので、時々「留学することで何が身につくのでしょうか?」という質問を受けることがあります。政府主導で「グローバル人材」の育成政策が推し進められていることもあり、留学は前途有為の人材になるための教育機会としてとらえられる風潮があるのでしょう。

 

学生によって留学プログラムの内容や異文化経験がもつ意味は異なるので一概にはいえないのですが、私が毎年留学を経験した学生の土産話を聞くなかで、最も中核的な成果は「自分のことを他者に語れるようになること」なのではないかと感じています。

 

帰国した学生に「どうだった?」と尋ねると、堰を切ったように多くのエピソードを話してくれます。それは多様な文化的背景を持つ人々との豊かな交流であったり、労働やライフスタイルに関する日本との大きな差であったり、価値観が異なるがゆえに生じるコンフリクトであったり、今だから笑えるけど深刻だったトラブルであったり、実にさまざまです。話を聞いていて、「留学前からこんなに上手に話す学生だったっけ?」と驚くことが多々あります。

 

しかし、ただ話のネタを探すだけなら外国に行く必要はありません。なぜ留学を経験した学生の話が面白いのかというと、彼/彼女たちが各国共通の社会問題や国際関係の文脈を理解したうえで、日本の政治経済の問題をそこにしっかりと位置づけることができており、いわゆる〈大人としての会話〉ができるようになっているからです。

 

多国籍な環境で留学する学生は、日本に関するニュースが国際的に報じられたときに、そのコミュニティーで最も日本に精通した人間として説明を求められます。ある学生は、ベトナム人技能実習生の問題が報道されたときに、ベトナム人留学生の友人から血相を変えて「これは本当なのか?本当に日本であったことか?」と聞かれ、大きな罪悪感とともに自身が知っていることを説明したそうです。

 

日本国内で暮らしているとき、私たちは日々生じている社会問題に対して意見の表明を求められる機会はそこまで多くありません。逆説的ですが、日本にいながら日本とは意識的に無関係でいることも可能です。しかし、外国で留学生活を送っているとき、学生たちは「日本から来ている」という事実から離れることはできません。社会問題に限らず、日常生活のさまざまなトピックにおいて、外国人から「日本ではどうなの?」と絶えず尋ねられることになります。日本を離れることで、これまで深く考えたこともなかった自国のありようについて問われ、改めて考えることになるのです。

 

そのように外国人に対して多くの語りをくりかえすなかで、世界と自国に関する知識が豊かなものになっていき、社会で起きていることを「自分のこと」として引きつけて思考する能力が飛躍的に高まるのではないかと感じています。そして、そのような能力は「仕事に役立つ」といった狭い領域の話ではなく、人生全般を楽しく豊かなものにしてくれると思います。

 

グローバルセンターでは、留学を希望する学生を1人でも多く留学実現にまでつなげられるよう、これからも留学支援に取り組んでいきたいと思います。

 

以上、本日期限の留学奨学金の添削指導のため珍しく花金でボケる余裕のなかった(悔しい)グローバルセンターのコバヤシがお送りしました。

令和元年9月20日(金)第472号『もうすぐ夏が終わる・・・』

2019 年 9 月 20 日 金曜日

もうすぐ夏が終わりますね。

宮崎の夏はもう少し続きそうですが、本学学生は「夏休み」が終わります。

 

夏休みは何をしていたのか、聞いてみたかったのですが、

本日(原稿執筆日)の図書館来館者数は、この夏2番目の少なさで、

来てくれている希少な学生のみなさんは、貸出返却の手続きをして、立ち去っていきます。

 

そこで、7月19日掲載の“花金”第464号『夏が来ますよー』の著者にご許可をいただき、

その後の動向をインタビューしてきました。

 

まずは、A先生。「プロジェクトキャンプに行きます」と夏休みの予定を語られてましたので、聞いてみました。

 

A先生:行ったよ!

質問者:『プロジェクトキャンプ』って何ですか?

A先生:「全国高校生マイプロジェクト」のスタートアップキャンプに

卒業生に誘われて、行ってきました。

(詳細をお話ししてくださいましたが、省略させていただきます。)

質問者:何か思い出に残る出来事は?

A先生:でっかいアリがいた!!

質問者:蟻ですか!噛まれませんでしたか?

A先生:キャンプって言ってもね、テントではなく…(と説明されました。)

質問者:私、中学生の時に、それこそキャンプで、蟻にくるぶしの下、アキレス腱あたりを噛まれて、次の日の登山がつらかったのを思い出しました!

A先生:…、でね…(後略)…

 

と、突撃インタビューかつ、話を脱線してしまいましたが、快くお話しくださいまして、

最後に一言ご感想をいただいたきました。

「高校生すごいな!!」

 

その他、この夏の思い出をお伺いすると、その道中について語ってくださいました。

 

A先生:何が驚いたって、高速バスに乗ったんだけどね、

高速道路上で降ろされたんだよ!!

高速道路上にバス停があって、そこから徒歩で一般道に下りていくの!!

質問者:九州では何カ所かありますよね。

A先生:そうなの?私、初めてで!!

(その後の交通手段が気になりましたが、問題なく目的地に到着されたようでした。)

A先生:…それにしても、よくわかったね。私がA先生って!(笑)

 

 

つづきまして、B先生かC先生かのどちらか分かりませんが…

 

質問者:論文何本書かれましたか?

BorC先生:20本書きましたよ~(笑)

質問者 :(笑)

BorC先生:…いやいや、ひたすらコレですよ!

(目の前にある分厚いファイルを叩きながら)

この仕事が多すぎて、書けそうになかった。

20本に届かなった・・・ということに・・・(しておきます。)

 

残念ながら、もう一人の「論文●本書く」とおっしゃった先生はご不在のため、

結果を確認できませんでしたが、お三方とも忙しい充実したを過ごされたようです!

(あえて「夏休み」とは申しません)

 

最後にMr.常夏ゴトウさん。留学生到着直前とのことで、簡潔に話してくださいました。

Mr.常夏ゴトウさん:中国からの留学生4名(半年間2名、1年間2名)

 

以上、夏のご予定のその後を追ってみましたが、いかがでしたか。

有意義な夏休みを過ごされたであろう学生のみなさんがキャンパスに戻ってくるのが楽しみです。図書館にも来てくださいね。

 

今回ご登場の教職員全員、「写真はNG」とのことですので、

この夏、私がハマってしまったものを載せておきます。

夏休みは、(時間を見つけては)ひたすら、弾いていました。

「令和」になって四十の手習い(40歳ではありません!)を始めた図書館ヒガシでした。

令和元年9月13日(金)第471号「宮崎公立大学のFD活動」

2019 年 9 月 13 日 金曜日

後期の授業開始まで、残すところあと1週間ほどとなりました。

授業だけではなく、履修ガイダンスやテキスト販売、履修登録変更などなど、「忘れていました」「アルバイトがあって行けません」では済まされない、大事なものが続きます。学生の皆さんは、そろそろ【夏休みモード】から【学業モード】へ切り替えて、万全の状態で後期のスタートダッシュを決めてもらえればと思います。

 

ところで、前回の花金では、夏休みの期間も、大学が実はいろいろな業務を行っていることが紹介されていました。

今回の花金も、その一つとして「FD活動」を紹介したいと思います。

 

FDとは、Faculty Development (ファカルティ・ディベロップメント)の略称で、教員が授業内容・方法を改善し、教育の質を向上させるための組織的な取組を指します。その内容は極めて広範にわたりますが、具体的な例としては、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催、教員相互の授業参観の実施などが挙げられます(2005 年1月 中央教育審議会「我が国の高等教育の将来像」答申より)。

 

宮崎公立大学におけるFD活動は、開学以来、数度の改組を経て、FD部会という学内組織が担当しています。主な活動内容は、学生への授業アンケートの実施、FD研修会の実施、学外研修への参加、新任教員へのガイダンス、研究活動への支援体制の充実・強化などです。

 

こういったFD活動の一環として、残暑がまだまだ厳しい9月10日(火)、「FDに関する意見交換会」を開催しました。

 

「FDに関する意見交換会」とは、その名のとおり、FDに関連するテーマをいくつか設定し、教員が意見交換を行うものです。

各教員がこれまでの教員生活で得た経験やスキル・テクニックだけでなく反省点なども持ち寄って共有することにより、短期的には後期授業の、長期的には大学全体の教育の質を向上させることを目的としています。

 

当日は、FD部会長の挨拶と趣旨説明の後、テーマごとにグループに分かれ、約1時間、意見交換が行われました。

 

FD部会長による挨拶

 

意見交換の様子①                 意見交換の様子②

 

 

意見交換の様子③                 意見交換の様子④

 

次に、各グループの進行役が、グループで出た意見を発表し、全体で共有しました。

発表の様子

 

「FDに関する意見交換会」は、他の教員との情報交流を行うことによって、様々な気付きを得る機会になったと思います。

 

宮崎公立大学では、これからもFD活動に積極的に取り組んでいきます。

 

以上、今回の花金は、学務課アカザワが担当しました。