‘大学の日常’ カテゴリーのアーカイブ

平成30年4月13日(金)第405号『新年度の講義が始まりました(…その裏で)』

2018 年 4 月 13 日 金曜日

3月の卒業式で卒業生達を送り出した講堂前の桜の木がすっかり葉桜に変わった今週、新年度の講義が開始され、静かだった学内も学生たちの声で賑やかになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講義を行うにあたり、講義準備を行う先生方はもちろん大変なのですが、今回のブログではその裏で汗をかいている方々をご紹介します。

 

まずはこちら。

大学では高校までと違い、学生自身の興味・関心に基づいて、講義を受けることができます(もちろん、必要な単位数や諸条件はあります)。そのため、学生によってどの講義を受けるかは、文字通り十人十色。そして、講義の行われる各教室の収容人員はそれぞれです。

講義が開始される最初の週は、教務係の皆さんが手分けして各教室を回っています。学生が溢れかえっている教室がないか、各教室の収容人員に対して受講者数が過度に少なくなっている教室がないか、研究講義棟(7階建て)の階段を昇り降りしてチェックを行い、不都合があった教室の教室変更を行います。

この日はアカザワさんとウエゾノさんが、各教室をチェックして回っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前述の通り、各学生が受講する講義は人それぞれです。そのため、学生一人ひとりが購入する教科書も様々。そして「どの講義をどのくらいの人が受講するか」を予想することは、なかなかに困難です。基本的に、前年度の各講義の受講者数を基に教科書の発注を行いますが、年度によってその数は大きく変動することがあります。その教科書販売の調整を、ギリギリまで同じく教務係のアイザワさんが頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、教科書販売の様子はこのようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に訪れたのはこちら。

本学の英語系の講義では、紙媒体の教科書を使う以外に、いわゆるE-learningとよばれるパソコンを使って講義を行うこともあります。例えば、1年次必修科目の「検定英語Ⅰ」という講義では、Word Engineというソフトを使って単語力を伸ばすよう促しています。

このソフトの購入方法や使用方法について、アイザワさんとニイナさんが説明を行っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、事務職員の様子を紹介するだけでなく、先生方の様子も少しご紹介。

この日は1年次必修科目「基礎演習A」の第1回講義として、全体ガイダンスが行われていました。本学では、1年生から4年生まで演習(ゼミ)を必修としています。そして1年生の演習は「基礎演習A・B」と呼ばれ、文字通り大学で学ぶ基礎となるアカデミック・スキルを習得することを目的としています。大学での“主体的な学び”の入り口ともいえるこの講義のために、担当であるウメヅ先生は準備に余念がありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、学生の皆さんがより良い環境で勉学に励むことができるよう、“当たり前”の状況を作るために、陰となり日向となり、多くの人たちが支えています。今週は企画総務課の私アラキが、その様子のごく一部をご紹介させていただきました。

平成30年4月6日(金)第404号『新年度も宮崎公立大学ブログ「週間 花の金曜日」(=花金)をよろしくお願いします。』

2018 年 4 月 6 日 金曜日

新年度が始まり1週間が過ぎようとしています。

今週の花金は、新年度に開催された行事をいくつか紹介したいと思います。

 

4月3日(火)、晴天の下、本学の講堂で入学式が行われました。本学正門前の桜も式典に彩りを添えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

有馬学長が新入生207名に式辞を述べました

 

 

 

 

 

 

 

 

入学式では、新入生の代表による宣誓も行われ、先に開催された平昌オリンピックを取り上げ、「社会に貢献するために、大学生活の中で様々な教養を身につけ、新たな仲間たちと日々努力していく。」と宣誓されました。

新たな仲間たちとの学業や部活・サークル活動、アルバイトだけでなく、何気ない語らいや読書の時間も大切していただき、夢に向かって充実した日々を過ごしてほしいと思います。

 

 

入学式が終わってほっとする間もなく、翌日からオリエンテーションが始まりました。

 

オリエンテーションでは、学修の心構えや履修の仕方、心と身体の健康に関すること、留学に関すること、また大学施設の利用についてなど、学生生活を送る上で必要な様々な事柄について説明を受けます。

 

オリエンテーションに参加している新入生 皆さん、真剣に聞いていました

 

 

 

 

 

 

 

 

説明をする職員 気合いの入った資料を使って説明をしていました


 

 

 

 

 

 

 

高校生までの学習方法との違いや、一人暮らしなど新たな生活のスタート、新しい人間関係の構築など、不安や戸惑いもあるかもしれませんが、オリエンテーションで聞いたお話を思い出したり、分からないことがあれば相談したり、うまく乗り切ってほしいと思います。

 

 

最後にご紹介するのは、今年度の開放授業のオリエンテーションの様子です。開放授業とは、地域住民の方が、本学の一部の授業を学生といっしょに受講するというものです。受講する地域住民の方へ、授業に参加する上での注意事項や図書館の利用等について説明をしました。

 

オリエンテーションに参加している受講生


 

 

 

 

 

 

 

 

受講者の方のいつまでも学び続ける姿勢に頭が下がる思いです。

くしくも、有馬学長が入学式の式辞で、学び続けることの重要性について新入生に語られました。先行きの分からない不透明な時代を生き抜くために大切なことかもしれません。

 

 

着々と新年度の行事が過ぎていきますが、まだまだ始まったばかり。

私たちも新しい仲間(同僚)をお迎えし、今年度も様々な行事、出来事があると思いますが、毎週、お伝えできればと思います。今年度も『花金』をよろしくお願いします。

 

以上、今週の花金は企画総務課のフクモトが担当しました。

 

 

平成30年3月16日(金)第401号『MMU探検隊が行く~凌雲会館編~』

2018 年 3 月 16 日 金曜日

隊長:整列! 番号!

隊員:1!

隊長:よ~し、そろったな! 2010910日以来、8年ぶりのMMU探検隊の出動だ。

隊員:本当ですね。いや~長かったな~(遠い目)。

 

以上、隊長、隊員、脚本すべてカワシマでした。(似たようなくだり、本当に2010910日の花金に載っています…お暇だったら確認してください)

 

今回は、学生さんも知っているようで知らない「凌雲会館」についてご紹介しますよ。


 

 

 

 

 

 

 

 

「凌雲会館」は、講義棟の北側にある建物です。

1階には学生・就職支援室、後援会・同窓会事務室、2階には地域研究センターがあります。

その他にも、学生が利用できる色々な施設があるんですよ。

 

凌雲会館に入って最初に見えるのがラウンジと自習コーナーです。


 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがラウンジ。


 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが自習コーナーです。近くには自動販売機も設置してあり、飲食可能です。

静かすぎず賑やかすぎないこのスペースは、カワシマのお勧めです。公務員講座の前に予習復習をしている学生や、お友達と相談しながら企業研究などを進める就活中の学生が利用することが多いようです。


 

 

 

 

 

 

 

 

さらに奥へ進むと、ボランティア支援室があります。ボランティア活動をする課外活動団体や学生が利用できます。ボランティアの募集掲示もしていますよ。

 

更に奥へ進むと、A,B二つの会議室があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前がAです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中はこんな感じです。

続いてBは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなレイアウトになっています。

今年度は、凌雲祭実行委員会や学生ボランティア部が会議をする姿が見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階に上がると右手に「IT教育支援室」があります。

こちらにはノート型パソコン・プリンターが設置してあり、平日は21時まで利用できます。

知らない学生が多いのですが、土曜日も9~17時まで利用できますよ。

 

続いて、凌雲会館のお隣、「交流センター」の施設を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは「多目的ホール」。

直近の花金ですと、1月19日(金)第393号『防災・減災のために』で紹介された普通救命講習会の会場として利用されていますね。

今月に入ってプロジェクターや機械が新しくなり、より利用しやすくなりました。

 

多目的ホールを左手に見ると、右手には「会議室」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は期日前・不在者投票所としても利用されたので、入ったことがある宮崎市民の方もいらっしゃるのでは?レイアウトが違うので、印象はかなり違うと思います…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流センターには和室もあります。

そしてこの和室、茶室でもあるのです。

主に茶道部や書道研究会が活動場所として利用しています。

 

ご紹介した施設は、公立大生の皆さん利用可能です。また、交流センターについては、一般の方も利用できます。申請は凌雲会館2階、地域研究センターまで。

 

またMMU探検隊の出番は来るのか?

今週の担当はカワシマがお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和室の庭越しに研究講義棟。

 

平成30年3月9日(金)第400号『祝!第400号』

2018 年 3 月 9 日 金曜日

椿の季節を迎えたある日の事務局での会話。

 

職員A「姉さん、今週『花金』の担当ですよね」

私  「そうやとよー。何書こう~?」

職員A「そういえば、記念すべき400回目ですよ」

私  「うそーー!!」

 

というわけで、2009年7月にスタートした『週刊花の金曜日』、略して『花金』は、今回で第400号を迎えました!

そこで、学生時代から今日まで『花金』とともに歩んできたお二人に、

突撃インタビューしてみたいと思います。

 

まずは前出の職員Aことアラキ氏!

実は、宮崎公立大学開学10周年記念誌に、こんなお姿(右端)で登場しています。

「凌雲祭でのこんな写真が載ってしまい、公立大のイメージを悪くしてしまったのではないかと。

広報担当として、今更ながら心配しています。

でも、このときの女装コンテストでは優勝した記憶があります!

間違っていたらすみません(笑)」

 

いや、その美脚ならあり得ます!

ちなみに、記念誌の別のページには、

卒業生総代として答辞を述べているアラキ氏の写真も掲載されていますが、

女装写真のインパクトがあり過ぎて、記憶に残りません!

 

さて、そんなアラキ氏も今やアラフォー。

『花金』の始まった2009年から大学職員となり、

現在は、広報誌『MMU SHiP』Vol.12の発行に向けて、最後の追い込み中です。

 

「今号では、学生記者5名の皆さんが企画した内容が、春らしく紙面を彩っています。

他にも、これまでの広報誌ではなかなか掘り下げられなかった本学の講義の内容

(2年生の必修科目「基幹演習A・B」について)や、

本学と協定を結んでいるハワイ大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジに初めて派遣留学した

学生の紹介など、盛りだくさんです!」

まだ紙面をお見せできなくてごめんなさい。

発行は3月下旬を予定しています。どうぞお楽しみに!

 

さて、続いては、笑顔のとっても素敵なトミナガさん!

 

「私もアラキさんと同じく公立大の卒業生です。

学生時代はダンス部に所属して、凌雲祭を盛り上げたり、

他大学のイベントに出演したりしていました。

ダンスを通じて、公立大や周りの皆さまを少しでも元気にできたのかな、と思ってます。」

 

そんなトミナガさん。現在は地域研究センターで、地域貢献業務に携わっています。

 

「今、新年度前期(4~9月)の開放授業の準備をしています。

開放授業とは、学生が受講している講義の一部を、地域の皆さまに開放するものです。

募集期間は3月20日(火)までですので、興味のある方はぜひお申し込みください。

これからも、地域研究センターの業務を通じて、地域の皆さまのお役に立てるように頑張ります!」

トミナガさんが持っている募集要項は、地域研究センターや事務局でも配布しています。

詳しくはこちらでご確認ください!

 

最後に。

学内で最も開花が早いと言われている講堂前の桜は、まだまだこんな感じです。

以上、満開の桜が待ち遠しいウエダがお送りしました。

平成30年3月2日(金)第399号『新年度へ準備!』

2018 年 3 月 2 日 金曜日

3月に入りました。

新年度開始まで残り1か月ですね。

新生活や新学年の始まりに、気持ち良いスタートが切れるよう、心身ともにしっかりと調子を整えておきたいものです。

 

本学では、4月の第1週に「学生定期健康診断」を実施します。

新1年生・4年生は血液検査も行います。

2017年度の「学生定期健康診断」で、気になった項目を挙げてみます。

 

1年生は「視力」です。

過酷な受験勉強を成し遂げた結果でしょうか、視力が落ちている方がとても多かったです。入試後は新生活準備が忙しく、コンタクトやメガネの調整がなおざりになっているのではないでしょうか?

大学入学後もしっかりと勉強できるように、新入生の皆さんには入学前にメガネ等の調整をお勧めします。

他学年の方も、見えづらいまま放置せず、新学期前にぜひ調整してみましょう。

 

4年生時の血液検査では、脂質(中性脂肪・LDLコレステロール)が高値を示している方が増えています。

1年生時と比べ、食生活の乱れが大きな原因になっていると思われます。

栄養バランスを考えて食事を摂るように心がけてください。

 

学生の皆さんが、よく食べていると思われる、インスタントラーメン・ポテトチップス(スナック菓子)・フライドチキン・菓子パン・ドーナツ・ケーキなどに含まれるトランス脂肪酸はコレステロールを上げやすいと言われています。

摂りすぎには注意しましょう。

また、LDLコレステロールを下げるには、食物繊維を多く含む大豆製品・海藻・野菜類を増やすことが大切です。

食物繊維は腸のなかでコレステロールを吸着して、便と一緒に排泄する働きがあります。

女子では、貧血傾向がみられます。

鉄分を多く含む食事を心がけましょう。

他にも健康に関することが知りたい方は、遠慮なく保健室へお越しください。

今回は、保健室:タケヤが担当いたしました。