‘食べ物’ カテゴリーのアーカイブ

2016年11月18日(金) 第344号『宮崎を食す』

2016 年 11 月 18 日 金曜日

大それたタイトルでスタートしますが、
今年の夏は特に暑かった宮崎も、やっと秋めいて、食欲がふつふつとわく季節です。

西日本新聞の「九大『自炊塾』生き方変わる3カ月」のH28.9.7付の記事によれば、九州大学の学生の1日平均食費は652円(最低322円、最高1,149円)とのこと。
本学においても同じくらいでしょうか?
生活費の中でも、食費は一番抑えがちな部分だとは思います。
でも・・あなたの未来を作るのはあなたですが、そのあなたを作るのは、あなたの食べた物。

安い食材で、しっかり栄養を摂りつつ、美味しく食べて欲しい!
という熱い思いでお送りする今回。
地産地消とコスパを重視し、宮崎県が産地ランキング堂々1位のきゅうりと鶏肉、2位のゴーヤを手に、
さあ、数分クッキングにチャレンジ。

「公立大学の『公』をイメージして配置」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「きゅうりのナムル」 ※きゅうりにはデトックスの効果が!

材料:きゅうり1本、にんにく1/2かけ、塩少々、(あれば)ごま油やごま

1 きゅうりを洗って、端を切り落とし、包丁の腹などで割り、一口大に切ります。乱切りでも可。

2 きゅうりに塩を振り、すりおろしたにんにくを混ぜます。(にんにくチューブもOK)

3 少し冷やして、ごま油やごまをかけて食べてください。

 

「ゴーヤの塩昆布あえ」 ※ゴーヤはビタミンCたっぷり

材料:ゴーヤ1本、塩昆布少々、(あれば)ごま油やごま

1 ゴーヤを洗って、端を切り落とし、縦二つに割ります。

2 中の白いワタをスプーンなどで取り除きます。

3 スライサーでゴーヤを薄くスライスし、ボールに張ったたっぷりの熱湯に10分程度、ゴーヤを浸します。(茹でてもいいけど、私はいつも茹で過ぎて失敗・・色が悪くなるんです。)

 

 

 

 

 

 

 

 


4 お湯を切ったゴーヤを絞り、あとは塩昆布と混ぜるだけ。

5 こちらも、少し冷やした後に、ごま油やごまをかけて食べてください。

 

 

「鶏スープ」 ※鶏肉は肌荒れや口内炎に良く、成長ホルモンの材料にもなるそうです。

材料:鶏肉手羽元 適宜、玉ねぎ 1/2個、白だし少々、塩少々、(あれば)しょうが・小ねぎ少々

1 鍋に、手羽元と玉ねぎスライス、水3カップを入れ、30分煮ます。途中、アクが出たら取り除きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2 白だし、塩、しょうがみじん切りを入れ、味をみます。

3 小ねぎの小口切りを散らして出来上がり。

 

 

 

 

 

 


~上級者編~

鶏スープの鶏肉だけ取り出して、ゆで卵、しょうゆ、みりん、酒等と煮ると、2倍楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 


寒い季節に、鶏スープは体に染み渡りますよ~!

簡単なので、ぜひ作ってみてください。

スープまでで、所要時間60分、3品611円。1食ではとても食べきれない量に・・

きゅうりもゴーヤも夏が旬なので、夏ならもっとコスパが良いかも。

 

ラーメンやコンビニ弁当も美味しいけど、少し手間をかけても、新鮮な地元産や、旬の食材もしっかり食べてくださいね。

以上、自宅キッチンから企画総務課 ヤマシタがお伝えしました。

2016年09月30日(金) 第337号 『ブックループ100円定食』

2016 年 9 月 30 日 金曜日

今年1月から始まった古本募金『ブックループ』。

 

皆さまが読み終えた本や、CD・DVD等を提携業者に買い取っていただき、買い取り金額が大学への寄附金となる仕組みです。

 

集まった寄附金は、学生の支援の為に活用されます。

 

 

ブックループ開始からちょうど8か月たった9月26日(月)、後期授業開始にあわせて、

 

食堂の定食が100円で食べられる

 

『ブックループ100円定食』

 

を実施しました!

 

今回は当日の様子をお伝えしたいと思います。

 

メニューはこちら。

メインのおかずはサバの塩焼き(平兵衛酢添え)(写真左)もしくはチキン南蛮(右)から選ぶことができ、小鉢、味噌汁、ごはんが付いて100円!!(*通常は430円です。)

 

告知のポスターも貼り、準備は万端です。

 

しかし、一抹の不安が・・・。

 

夏休み明けの実施ということもあり、学生は来てくれるのでしょうか・・・!?

 

 

11:30、開始直後の食堂に行ってみると・・・。

 

まだお昼休みになっていないにも関わらず、続々と学生が入ってきます。

(どうやら、2限目に講義がない学生たちが早めに食べにきたようです。)

 

 

用意していた150食分の定食もあっという間に売れていき、開始から約1時間で完売。

12時まで講義を受けていて、間に合わなかった学生達も・・・(ゴメンナサイ)。

 

今回、100円定食という初の試みにドキドキでしたが、多くの学生に利用してもらうことができ、ホッと一安心です。

 

 

読み終えた一冊一冊の本が、学生一人一人の笑顔に変わる!

今後も、ブックループで集まった寄附金は、学生支援の為に活用していきます。

 

読み終えた本や、CD・DVDがありましたら、ぜひ『ブックループ』をご利用ください!

ブックループについてはこちら

 

以上、定食を食べる学生の笑顔に元気をもらったキムラがお届けしました。

平成26年10月31日(金) 第243号『○○の秋』

2014 年 10 月 31 日 金曜日

秋が深まり、朝夕が肌寒くなってきました。
正門前の桜もすっかり葉を落としています。

 

 

○○の秋といえば、、、皆さんは、何を思い浮かべますか?
食欲の秋!が最初に浮かぶのは私だけ???
他にも、スポーツの秋!文化の秋!芸術の秋!実りの秋!読書の秋!行楽の秋!勉強の秋!などなど
たくさんの秋がありますね。

さて、
10月17日の花金でも紹介されていましたが、本学の敷地には、昭和63年まで宮崎大学教育学部がありましたので、学内には、本学の歴史(21年)以上の樹齢を持つ大きな木がたくさんあります。

その中の1本。
この木なんの木だかわかりますか?

 

 

実がなっています。

 

落ちている実を集めました。

 

いったい、何の実なのでしょう???

青い部分をはずし、洗って乾燥させたものが、これ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

そう、胡桃(くるみ)です。
市販されているものより小粒でしたが、濃厚な味がしました。

調べてみると、オニグルミという種類。学内には1本だけ植わっています。
学内のどこに植わっているのかは、ヒ・ミ・ツ!
今年の実はもう終わってしまいましたが、来年の秋、学内散策をして収穫してみてはいかがですか。

 

最後になりましたが、いよいよ明日、11月1日(土)から2日間、第22回「(りょううんさい)」が開催されます。

詳しくは、こちら
凌雲祭ウェブページ

 

文化の秋、芸術の秋、勉強の秋、食欲の秋、行楽の秋などたくさんの秋を味わえる「凌雲祭」に、ぜひ、お越しください。

以上、学務課のケサマルがお届けしました。

2014年7月4日(金)第227号『たこ焼き人生論』

2014 年 7 月 4 日 金曜日

6月上旬、学生食堂の掲示板がこのようなことに。

 

本学は学生イベントがとても多い大学です。新入生は入学直後に新入生歓迎会があり、部・サークル活動紹介イベントを経て約8~9割の新入生が何らかの課外活動団体に所属し、4月末にはスポーツデイ、5月には約7割の新入生が大学祭実行委員に所属し、7月には芸術祭、9月~10月の準備期間を経て11月に大学祭、12月にクリスマスコンサート、と息をつく暇もなく多忙な学生生活を送ります。

 

しかし、入学直後の新入生歓迎会を除いては、部・サークルや所属ゼミ、入学直後に形成された人間関係が参加単位となる行事です。大学生活の醍醐味のひとつは、「様々な価値観を持つ他者と関わり、相対比較の中で自分を知ること」にあります。本学の学生も、アルバイトやボランティアで地域住民と関わり、留学先で外国人と関わり、就職活動を通じて社会人と関わり、価値観の地図の中に自分を位置づけて理解していきます。外向き志向の積極性は素晴らしいことなのですが、「もっと大学内の新しい人間関係に目を向けてもいいんじゃないかな」と学務課コバヤシは感じていました。居心地の良い人間関係の中の当たり障りのないコミュニケーションだけに閉じこもるのではなく、「同じ大学に通っている」という大きなくくりの中で、今まで話したこともないような人間と突発的にゼロからコミュニケーションを構築していくような体験をしてほしいな、と。

 

ぼんやりそんなことを考えていた時、中国人の留学生から「もっと学内の日本人学生と交流したい」という要望を聞きました。そこで、本学の「日中文化交流促進会」というサークルの学生たちに相談したところ、学生交流イベントのアイデアが次々に生まれてきました。その第一弾が上記の「地元自慢タコパ」だったのです。

 

たこ焼きはあまり具材を選ばない料理で様々なアレンジが可能です。日本全国、そして外国から学生が集う本学の学生が、それぞれの出身地の食材を持ち寄り、たこ焼きを丸めるという作業を通じて人間関係を構築していくという、素敵なイベントの予感がしました。そして、あらゆる食材(個性)を包み込み、コミュニケーションのきっかけと美味しさを提供してくれる「たこ焼き」という料理の懐の深さ、さすがは人情の街大阪発祥の料理です。

 

 

 

タコパ当日、学生食堂にたこ焼き器を9台準備して、日中文化交流促進会のメンバーが下ごしらえを始めます。

たこ焼き器に油を敷くための道具を手作りする新垣さん

 

集合したメンバーの食材も予想通り個性豊か。その一部を紹介します。

チキン南蛮from宮﨑!

しらすfrom静岡!

さつま揚げfrom鹿児島、トマトピーマンfrom宮崎!

めんつゆfrom兵庫!

やたら辛いラー油from中国!

ツナ缶from韓国!

西紅柿炒蛋(卵とトマトを炒めたやつ)from中国!

地鶏from宮崎!

サーモンfrom北海道!

 

その他にも、蒟蒻、赤味噌、もずく、梅干し、納豆等々、バラエティー豊かな食材が揃いました。渡邊先生からはモーリタニア産のタコの差し入れをいただき、「そもそもモーリタニアってどこ?」ということで調べたり・・・

いよいよたこ焼きを焼いていきます。まずは油を万遍なく塗り、生地を穴の8分目まで注ぎます。じゅーっと音がするまでプレートを熱しておくことが望ましいです。具材をそれぞれの穴に投入した後、さらに穴からあふれ出るまで生地を注ぎ足します。しばらく加熱し表面にきつね色の焦げがついた頃合いで、穴のふちに竹串を刺して時計回りにくるっとたこ焼き全体を半回転させます。すると、地球の重力に引っ張られて半生の生地が穴に広がり、半球が球へと膨らみます。この際、穴の外に溢れた生地もすべて南半球に押し込みます。南半球もきつね色になったら完成です。

 

参加者がランダムに振り分けられたテーブルで、初対面同士の学生が自己紹介をしながら名刺シール交換し、あとはわいわい話しながらひたすらたこ焼きを焼き続けます。2度の席替えを経て、約10人のたこ焼き友達「タコパル」ができます。

 

 

 

9台のたこ焼き器がブレーカーを落としまくるというトラブルも乗り越え、無事に1000個のたこ焼きを焼いて胃袋に収めました。たこ焼きを共に焼いた「タコパル」共同体が組織された瞬間です。

 

 

 

たこ焼きは実に奥が深い食べ物です。焼き始めた時は、白い生地の海にごろごろと個性豊かな具材が転がっているだけで、「本当にこのドロドロの物体が丸い綺麗なたこ焼きになるのか?」と不安になります。しかし、加熱され、回転させられ、重力という自然の導きに翻弄されながら、たこ焼きはその姿を徐々に整形されてゆき、不完全な半球だったたこ焼きはやがて美しい球へと仕上がります。その姿は、不安定な青年期を右往左往四苦八苦しながら過ごし、半人前から一人前に成長して卒業していく若者の姿を彷彿とさせます。なんとメタフォリカルな料理でしょうか。さあ皆さんも、今夜は仲間・家族とたこ焼きを!

 

以上、一緒にたこ焼きを焼くと非常に面倒くさい男、学務課コバヤシがお送りしました。

 

2014年5月16日(金)第222号『未来の破片』

2014 年 5 月 16 日 金曜日

「週刊」と謳いながらブログを更新できておらず誠に申し訳ありません。
大学は新学期が始まりフル回転で、人間や知識との素敵な邂逅が日々再生産されています。

 

それらを整理してまとめて保存したいのですが、時間は残酷なまでに過ぎていきます。
「過ぎていく時間が奪っては壊して それでも思いを繋いでいてよ」と歌ったのはASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんですが、学務課コバヤシもこの心境で4月末から5月上旬までの大学や宮﨑での想い出の欠片を写真で紹介します。

 

 

■4月24日(木)15:20

中庭でスポーツデイの練習に励む1年生基礎ゼミ。のどかな風景。

 

 

■4月26日(土)11:10

スポーツデイ10人11脚部門でのワンシーン。練習したチームが異常に速い。

 

 

■5月3日(土)9:30

MMU軽音楽部OB・OG会企画、大学-青島間ハーフマラソンスタート。

 

 

■5月3日(土)10:30

ゴールの青島海岸。約19kmで1時間の道のりでした。

 

 

■5月3日(土)12:00

青島獲れの新鮮なお刺身。宮崎県外に就職した卒業生があまりの美味しさに目を細める。青島の魚事情については、大学広報誌「MMUSHiP」 vol.3で学生が取材しています。

 

 

■5月3日(土)16:50

MMU軽音楽部OB・OG会集合写真。ロックミュージックが流れる部室前で卒業生の子ども同士が戯れる平和な光景。

 

 

■5月9日(金)12:35

今年度の大学祭テーマをめぐって熱血ディベートを繰り広げる凌雲祭実行委員幹部。

 

 

■5月14日(土)13:15

生目の杜運動公園で開催された「食フェスタinみやざき2014」での宮崎牛の焼肉。宮崎市の牛事情についても、大学広報誌「MMUSHiP」 vol.3で学生が取材しています。

 

 

 

 

「食ってばっかじゃねえか!」と言われるかもしれませんが、食材の新鮮さは宮崎の大きな魅力のひとつです。

 

食べ過ぎてばかりだと体重の増加は必定ですが、ランニングやサイクリング等の環境が整っているのもまた宮崎の魅力。

 

大学でかけがえのない4年間を過ごした卒業生は、かつての友人や美味しい食べ物を懐かしんでMMUを再訪してくれます。

 

本号でご紹介した一見バラバラの欠片に見える写真は、未来につながる想い出の破片なのです。

 

 

無理がありますか。

 

 

 

以上、1年前にランニングを始めて体重5kg減を達成したコバヤシがお送りしました。

次号は附属図書館でダイヤモンドのように光り輝くプリンセスプリンセス、アカザワさんが執筆してくださいますのでお楽しみに!