‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

令和元年12月6日(金)第483号『学生サポートセンターがスタートして2カ月が過ぎました』

2019 年 12 月 6 日 金曜日

イチョウの絨毯に思わず足を止めました。

12月ですね。

 

12月の声を聞き、とたんに心せわしくなってきましたが、今月は特に、慌てない慌てない・・と自分に言い聞かせています。

 

さて今年度後期から福利厚生棟2階のレイアウトが変わり、以前保健室だった場所が『学生サポートセンター』としてスタートして2カ月が過ぎました。

 

10月の花金では学生サポートセンターについて紹介がありましたが、今回は学生サポートセンター内にある、障がい学生支援室ついても少し話をします。

 

障がいについては、個人の中にあるという考え方から、近年では、「個人の心身状態と環境との相互作用による活動や参加の制限」と考えられています。

障がい学生支援室でも、何らかの障がいがある場合に、取り除いたり、設置したり、代わりを工夫することで制限を無くしたり小さくなるよう調整をしています。

全ての申し出に対し皆さんが思うような配慮ができるとは限りませんが、困っていることを相談することで、方向性がみえてくると思います。

どんな配慮が必要か具体的に固まっていなくても大丈夫です。気軽にお越しください。

 

それから、『ほっとるーむ』も一度覗いてみてください。フカフカのソファーがある個室(現在3部屋あります!)があり、休憩・自習スペースとして利用できます。

パーテーションは皆さんの好きなように移動が可能です(限度もありますが・・・)。ご利用の際は学生サポートセンタースタッフに声をかけてくださいね。

ランチアワーもこちらのホットルーム内で開催しています。

写真は今月4日(水)のランチアワーの時のものです。この日は学生相談室のスエヨシ先生が参加しました。学生相談室には臨床心理士資格を持った専門の相談員が3名いらっしゃいますが、ランチアワーにも参加しています。

今月はあと13日(金)、16日(月)の12時から開催します!!学生の皆さんの参加お待ちしています。

 

以上、学生サポートセンター ニシハラがお届けしました。

2019年11月1日(金)第478号『枯葉&カレーは』

2019 年 11 月 1 日 金曜日

金木犀の香りも和らぎ、穏やかな日差しの中で

ひんやりとした風がそよぐ季節になりました。

秋ですね。

 

構内を歩けば、明日に迫った凌雲祭(大学祭)でステージに上る学生たちの、

ガラスに向かってダンスの練習に打ち込む姿を目にし、

揺れるようなギターや沈むようなベースの音を耳にします。

 

祭りの前は、個人的に、遠足の前日のような、

慌ただしく過ぎる日々の中で新年に思いを馳せる年末のような気分になります。

そして今年は職員有志がカレー店を出店することもあって、

さてそのお味は?と想像すると、お腹が喜んでいるように鳴ります。

 

大事なことなので、もう一度。

 

明日は待ちに待った凌雲祭です。

たくさんのお店とたくさんのイベントを用意して、皆さんのお越しをお待ちしています。

カレーを作ってお待ちしています。

※凌雲祭の詳細については、こちら。

 

 

さて、その凌雲祭に向けて、今週、教職員が集まって大学周辺の清掃活動を行いました。

もくもくと。

もくもくと。

 

緑豊かな本学は落ち葉も豊かで、生命の営みを感じつつ、たまに落ちている空き缶やタバコの吸殻を拾いながら、改めてポイ捨てはしないと誓います。

 

今後も、通勤・通学中の方のご迷惑にならないよう気をつけながら清掃活動に取り組んでいきたいと思います。

きれいになりました。

 

以上、総務係クワバラでした。

令和元年10月26日(金)第477号『来週の土曜日から凌雲祭ですね!』

2019 年 10 月 25 日 金曜日

いよいよ凌雲祭の開催が迫ってきましたね。昨年は、宮崎神宮大祭(神武様)と重なり、帰り道の交通渋滞に巻き込まれて、大変な思いをしたことを思い出しました。

さて、学生の皆さんは、凌雲祭の成功向けて一所懸命に打合せ等を行っていると思います。今年のテーマは、『UNION ・・・つなぐ心 むすぶ絆・・・』ですね。実行委員会の委員を中心にみんなで団結してつながり、結び合って頑張ってください。私たち職員もこの日を楽しみにしています。

今年の凌雲祭が天候に恵まれますようにお祈りいたしております。

 

また、本学の関係者だけでなく、どなたでもご入場いただけますので、地域の皆様にも宮崎公立大学を身近に感じていただける機会になると思います。楽しいイベントもありますので、お子様、お孫さんを伴って、見に来てください。よろしくお願いいたします。

1日目の11月2日土曜日は、保護者説明会も同時開催となっていますので、保護者の皆様もぜひお越しくださいませ。

今週の花金担当は、昨年度の凌雲祭で、提供された飲食物を完全制覇した学務課ヤマモトでした。

 

(昨年度のヤマモト飲食実績写真一部掲載)

令和元年10月7日(金)第474号『福利厚生棟2階が新しくなりました☆』

2019 年 10 月 4 日 金曜日

 

 

10月に入りました。朝夕は少し涼しくなってきましたが、昼間はまだまだ暑いですね。

宮崎の秋は短く、油断しているとあっという間に冬が来ます(個人の見解です)。

衣替えのタイミングにご注意くださいね。

 

さて今週の花金は、新しくなった福利厚生棟2階の様子をご紹介します。

 

福利厚生棟2階といえば、保健室と障がい学生支援室。

二つの部屋がありました。

しかし、後期からレイアウトが変わっているのです。

いつもの保健室かと思いきや…

見えますか…?

「保健室」と「障がい学生支援室」がスペースを共有し、

「学生サポートセンター」になったのです。

以前は学生が立ち寄る「ほっとるーむ」だったスペースが…

なんということでしょう(お好きな声をご想像ください)。

職員が笑顔で迎える、障がい学生支援室のスペースに。

面談スペースもあります。

保健室も従来通り利用できますよ。

ちなみに旧障がい学生支援室は、ほっとるーむになっています。

奥を除くと…

勉強や作業ができるコーナーや

くつろげるスペースがありますよ。

利用してみてください。

今週の担当は総務係カワシマでした。

令和元年9月13日(金)第471号「宮崎公立大学のFD活動」

2019 年 9 月 13 日 金曜日

後期の授業開始まで、残すところあと1週間ほどとなりました。

授業だけではなく、履修ガイダンスやテキスト販売、履修登録変更などなど、「忘れていました」「アルバイトがあって行けません」では済まされない、大事なものが続きます。学生の皆さんは、そろそろ【夏休みモード】から【学業モード】へ切り替えて、万全の状態で後期のスタートダッシュを決めてもらえればと思います。

 

ところで、前回の花金では、夏休みの期間も、大学が実はいろいろな業務を行っていることが紹介されていました。

今回の花金も、その一つとして「FD活動」を紹介したいと思います。

 

FDとは、Faculty Development (ファカルティ・ディベロップメント)の略称で、教員が授業内容・方法を改善し、教育の質を向上させるための組織的な取組を指します。その内容は極めて広範にわたりますが、具体的な例としては、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催、教員相互の授業参観の実施などが挙げられます(2005 年1月 中央教育審議会「我が国の高等教育の将来像」答申より)。

 

宮崎公立大学におけるFD活動は、開学以来、数度の改組を経て、FD部会という学内組織が担当しています。主な活動内容は、学生への授業アンケートの実施、FD研修会の実施、学外研修への参加、新任教員へのガイダンス、研究活動への支援体制の充実・強化などです。

 

こういったFD活動の一環として、残暑がまだまだ厳しい9月10日(火)、「FDに関する意見交換会」を開催しました。

 

「FDに関する意見交換会」とは、その名のとおり、FDに関連するテーマをいくつか設定し、教員が意見交換を行うものです。

各教員がこれまでの教員生活で得た経験やスキル・テクニックだけでなく反省点なども持ち寄って共有することにより、短期的には後期授業の、長期的には大学全体の教育の質を向上させることを目的としています。

 

当日は、FD部会長の挨拶と趣旨説明の後、テーマごとにグループに分かれ、約1時間、意見交換が行われました。

 

FD部会長による挨拶

 

意見交換の様子①                 意見交換の様子②

 

 

意見交換の様子③                 意見交換の様子④

 

次に、各グループの進行役が、グループで出た意見を発表し、全体で共有しました。

発表の様子

 

「FDに関する意見交換会」は、他の教員との情報交流を行うことによって、様々な気付きを得る機会になったと思います。

 

宮崎公立大学では、これからもFD活動に積極的に取り組んでいきます。

 

以上、今回の花金は、学務課アカザワが担当しました。