‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

令和3年9月24日(金)第504号『Every day is a new day.』

2021 年 9 月 24 日 金曜日

2001年9月。21世紀最初の年に、その大事件は起こりました。

 

2001年といえば、現在、大学生である皆さんの多くが生まれた年です。当時、大学生だった私は、各国首脳がマスメディアを介して緊急声明を発信している瞬間、(表現は悪いですが)現実が映画を超えた瞬間を見逃さぬよう、食い入るようにテレビを観ていました。

2001年9月11日に起こった米国同時多発テロは、かつてない手口、かつてない規模で、私たち日本人にとって経済や文化等、様々な面で身近な存在である米国に、深い爪痕を残しました。そしてそのことは、世界中の人々に多くの衝撃を与えるとともに、米国全土の空港が封鎖されたことで、日本人を含めた多くの外国人も米国に取り残され、決してテロはニュースや映画の中だけの出来事ではないと思い知らされることとなりました。

 

そして、10年後の2011年3月、今度は日本で、大災害が起こりました。

 

2011年3月11日、日本において、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生しました。それは、日本国内観測史上最大規模の大地震であり、それにより、大津波が引き起こされました。

地震大国と呼ばれる日本に住んでいても、どこか他人事、世界のニュースでしか観たことのない津波という災害。それが実際に起こり得るものとして、備えておくべき災害として、東北地方太平洋沖地震は、深い悲しみとともに、多くの日本人の考え方を根本から覆すこととなった天災ではないでしょうか。

 

そして、さらに10年後の2021年現在。

 

新型コロナウイルス感染症の脅威は、今もなお続いており、その収束の目途は立っていません。

それまで当たり前だった、マスクのない世界、多くの人と人との交流。それらが一斉に、実現困難なものとなりました。

ここでも、これまでの「当たり前」が覆されることとなりました。

 

時を経ることで、それまで当たり前であったことが当たり前でなくなることはよくあることですが、特にこの20年の変化は、劇的なものであったといえるのではないでしょうか。

 

いつ、どこで、何が起こるか分からない時代。そんな時代だからこそ、助け合いの精神が必要なのではないでしょうか。

宮崎公立大学では、2015年度から古本を介した募金制度として、『古本募金(ブックループ)』を行っています。この活動を通して集められた募金は、学生支援のために活用させていただいています。こちらからその内容をご確認いただけますので、その趣旨にご賛同いただける方は、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

最後に。

21世紀には、暗いニュースばかりではありません。2010年、NASAの科学者により、これまでほとんどの生物にとって有害であったヒ素を取り込んで成長する細菌を発見した、という発表に始まり、地球外生命体が存在するかもしれないといった議論が、立て続けにありました。こういった、良い意味で常識を覆すニュースも、21世紀には多くあります。

まだまだ21世紀が始まって、20年余り。次の世紀も、その次の世紀も、そのもっと先の世紀も、より良い時代であることを祈りつつ、今週の花金は、経理係アラキがお送りしました。

 

- Every day is a new day. (Ernest Miller Hemingway, The Old Man and the Sea, 1952)

- 人間の知恵はそんなもんだって、乗り越えられる!(富野由悠季監督, 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア, 1988, 松竹)

令和3年8月27日(金)第503号『学内に存在するあれこれ』

2021 年 8 月 27 日 金曜日

オリンピック終わって、パラリンピック始まりましたねー。

普段見慣れない競技とか選手の活躍を見ると、やってみたくなったりしません?

かくいう私は、4月に活躍した松山英樹選手の影響でゴルフを始めました。

練習場では端っこを陣取って練習(変なところにボールが飛んでいくから…)。

でも、プロのスイング動画を見て、自分もいつか出来るようになると夢見てやまない。

総務係のヤマグチです。

 

オリンピック中継では、サーフィンや、スポーツクライミング、スケボーなど、自分的にほとんど見る機会がなかったスポーツを見てきました。

そして、今年で大学に赴任して1年。学内においても、お初でお目にかかるような珍しいものがありましたので、みなさんに紹介したいと思います。

普段は事務局で座っているのですが、たまにぶらぶらしておりますと。

 

 

 

 

 

 

 

 

何かあります

サルノコシカケじゃないですか!

インターネットで調べてみると、健康食品やお茶に使われたりするなど、珍重されているとか。

ヤフオクやメルカリでも出品されていて、まあまあの値段がついていて驚きです。

売れるんや!

こうなると、サルノコシカケ探しが忙しくなります。

場所は秘密ですが、もう一つ見つけました。

 

 

 

 

 

あっ、もし発見しても勝手に切断して持って帰ったらだめですよ。見かけたら追いかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き、ぶらぶらしていますと…

 

 

 

 

 

 

 

 

また何かありました。

 

これはつくしです。

食べれるみたいです。

私の隣の席のYさんは食べたらしい。

生えている場所を知っている私は、若干食べたくはありません。なんて。

 

 

 

 

 

 

さて、最後です。

フジバカマです。

旅する蝶、アサギマダラが蜜を求めて飛来するのがフジバカマの花です。

アサギマダラは本州と台湾などの間を旅するそうで、マーキング調査でも数百キロの移動が確認された個体もいるそうです。もしかすると旅の途中で大学に寄ってくれているかもしれません。

ドラマチックなこと言いました!ふふふ。

 

さて、今回は知られざる公立大学の魅力を紹介してきました(つもりです)。皆さんも注意深く学内を歩いていると何か見つけるかもしれませんよ。

隙あらば事務局から離陸し、学内散策に励んでいるヤマグチがお送りしました。

令和3年7月30日(金)第502号『こんにちは!入試広報係です。』

2021 年 7 月 30 日 金曜日

ついにオリンピック開幕!

連日、熱い戦いが繰り広げられておりますね。

 

戦いだけでなく、気温もかなり高くなってきているので、

出場選手の皆さんが体調を崩されないか心配している、入試広報係のウエゾノです。

 

不肖ウエゾノ、この4月から異動により入試広報係にやってまいりました。

が、私以外にもなんと3名の新人さんが新規採用となりましたので、

本日は新しい職員のご紹介をさせていただきます。

 

まず1人目は、期待の新人、オサーダです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に、各種証明書やオープンキャンパスなどを担当しています。

特に証明書の発行関連では、学生の皆さんとやり取りする機会もあるかと思います。

 

2人目は、入試広報のニューフェース、クローギ先生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々、高校の先生だった経歴を生かし、入試広報専門官として、

県内外で開催される進学ガイダンスへの参加や、高校訪問等を担当しています。

 

3人目は、待望のニューカマー、カミオータです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に、証明書発行や、入試広報係の庶務全般を担当しています。

席が窓口に近いため、学生の皆さんとの接点も多いかと思います。

 

以上、新人3名のご紹介でした。

 

なお、最後に入試広報係からのお知らせです。

先日、2022年度版の大学案内が完成いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本学のカリキュラムや特徴などの紹介はもちろん、

現役で学んでいる沢山の学生さんの生の声が掲載されておりますので、

これから志望校を検討される受験生の皆さんには、

是非ご覧いただきたい1冊となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ここをクリックすると、デジタルパンフレットをご覧いただけます。

https://www.d-pam.com/miyazaki-mu/218259/index.html#target/page_no=1

 

また、本学の公式YouTubeチャンネルには、卒業生・在学生へのインタビュー動画や、

大学案内動画がアップされておりますので、こちらも是非ご覧ください。
 

 

↓ここをクリックすると、公式YouTubeチャンネルへジャンプします。

https://www.youtube.com/channel/UCFECdVOwTZH4dQK0Je6PIVg

 

 

今回の花金は以上となります。

 

みなさん、猛烈な暑さにはくれぐれもご用心いただくとともに、

不要不急の場合を除き、県境をまたぐ移動を控えつつ、

人混みを避け、外出時はしっかりとマスクを着用し、

ワクチンを接種しても決して油断することなく、

元気でたのしい夏をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年6月25日(金)第501号『図書館からNews(新発見・新人・新入生)をお伝えします』

2021 年 6 月 25 日 金曜日

みなさん、こんにちは。

雨と紫陽花が美しい6月の花金を担当するのは

図書館職員3名です。

その内の1人、カワシマは、4月から図書館勤務となりました。

知っているようで全く知らなかった図書館。

そんな私が出会った図書館のお気に入りスポットがこちら

 

キャレルデスクのコーナーです。

集中して勉強したい方にお勧めの場所です。

個席と訳されるキャレル(carrel)。甘くて四角いお菓子を連想させる

響きも好きです。(連想するの、私だけでしょうか?)

集密書架のそばにあります。

利用してみたい!でも場所が分からない…という方は、受付の際にお尋ねくださいね。

 

ひきつづきヒガシが、

同じく今年度から図書館で働くことになった学生アルバイトのお二人をご紹介いたします。

対面での授業が再開されることが決まり、

図書館も通常開館(=授業がある日は20時までの開館)をすることになり、

夕方以降は学生アルバイトのみなさんのご協力で運営しています。

5月に面接が行われ、応募者多数で悩みぬいた結果、

1年生2名が働いてくれることになりました。

 

 

まずはK.H.さんのコメント。

「図書館で働きたいと考えた理由はなんですか?」

⇒「本に触れる機会をつくりたいと思っていました。」

 

「実際に働いてみての感想はいかがですか?」

⇒「思っていたよりも覚えることが多かったのですが、

いろいろ教えていただきながら楽しく働くことができています!」

 

そうなんです!意外と図書館の仕事は多岐にわたるのです!

学生アルバイトのルーティン作業は、返却図書を書架へ戻すことと、

利用者への貸出・返却などのカウンター対応。

物理的に本に触ることも多いのですが、配置場所やパソコン操作、

その他の利用補助など覚えていただかないといけないこともたくさんあります。

 

次にH.M.さん。

「2020年度はどう過ごしていましたか?」

⇒「夏までは高校が休校だったので、家でゲームをしたり、

友達とひたすらLINEしていたりしました。」

 

学校が再開されてからは、土日も学校に行き、

ずっと受験勉強していたそうです。

また、先生から本を紹介されて読んでみたら、本の魅力に気づき、

もっとたくさんの本に出会いたい!と思って、大学図書館のアルバイトに応募したとのこと。

 

「初めて図書館で働いてみてどうでしたか?」

⇒「改めて本の多さに気づかされました。

まだまだ覚えてないことや知らないことが

たくさんあると思うので、これから頑張ろうと思います!」

 

本学図書館に無い本も他大学から借りることも出るので、

出会い自体は無限にありますが、彼女にとって良い本に出会えるといいですね。

図書館を上手に活用できるようになってほしいと願っています。

 

せっかくなので、semi初めましての3年生にもコメントをいただきました。

I.K.さん

「アルバイトのきっかけは? 」

⇒「友達の誘い」

「2020年度の過ごし方は?」

⇒「授業以外は家で家族と過ごしていました。」

 

F.A.さん

「2020年度の過ごし方は?」

⇒「家でドラマや映画をたくさん見ていました。」

 

「久しぶりに図書館で働いてみてどうでしたか?」

⇒「慣れないことやわからないことがあっても、

先輩や職員の方が必ず丁寧に教えてくださるので、

楽しく働くことができています。」

 

実は、3年生も通常の図書館アルバイト勤務は初めてなのです!

昨年度は通常授業が行われることなく、

図書館も17時までの短縮開館でしたので、

夏休みの「蔵書点検」についてのみ、アルバイト勤務をしていただきました。

それにもかかわらず、僅か1ヶ月足らずで

すっかりアルバイトの『先輩』になってくれました!

これからもよろしくお願いします。

 

ここまで来たら、4年生にも聞いてみましょう。

I.M.さん

「図書館でアルバイトしようと思ったのはなぜですか?」

⇒「図書館のような落ち着いた雰囲気の職場が

自分には向いていると思ったから。あと、家から近かったので。」

 

「久しぶりにアルバイトしてみてどうでしたか?」

⇒「仕事の細かい部分を忘れていましたが、

職員の方々が優しく教えてくださりました。

アルバイト生も含めて優しくて落ち着いた方々と仕事をできるので、

より正確に業務をこなせるように心がけていきます!」

 

心強いコメントをありがとうございました。就職活動も上手くいきますよう応援しています!

 

最後にF.K.さん

「2020年度はどう過ごしていましたか?」

⇒「昨年度は履修科目が多く、1日の大半はオンライン授業を受けていました。

その傍ら、料理のレパートリーを増やしたり、お庭に緑を植えてみたりと

『おうち時間』を楽しんでいました。」

 

「久しぶりに図書館で働いてみてどうでしたか?」

⇒「1年以上ブランクがあり、慣れない部分もありましたが、

新しくできた仲間とともに日々頑張っています!」

 

4年生も先輩としては初めてで、後輩に教えた経験がなく、

不安も大きかったと思います。

それにもかかわらず、アルバイトシフト調整の際に

「今年1年皆さんと元気に働けることを大変嬉しく思います」と

前向きな姿勢に感服いたしました。

以上、図書館アルバイト学生6名をご紹介しましたが、

彼女たちに会えるのは夕方の時間、現在のところ学生・教職員のみです。

 

【アルバイト勤務の様子:返却資料を除菌して、チェックユニットにてチェック】

 

というわけで、ココカラは、

図書館担当回、アンカー(3人目)のミネがおおくりします。

「図書館」には、さまざまな資料や情報があり、

それらと利用者をつないでいくことは、

私たちの大切な役割の一つです。

そういった観点から、本学の図書館では、

学修プロセスの各段階に応じた

利用者教育/情報リテラシー教育を行い、

学生の皆さんが、必要な時に、必要な資料や情報を

スムーズに入手することが出来るように、サポートできればと考えています。

その一環として、先日、教養課程の開講科目『現代教養講座』の中で、

「図書館資料の探し方」についてお話をさせていただく機会がありました。

【真摯に聴講いただき、ありがとうございました!】

 

1年次の必修科目である同科目。

まずは、ここを出発点として、大学での学びについて

それぞれのビジョンを想い描き、そこへ向かって一歩一歩、

歩みを進めていっていただければと思います。

その道中で、活用いただける「図書館」となれるように、

われわれ図書館スタッフ(職員&学生アルバイト)も、

これまた一歩一歩、研鑽を積んでまいります。

お読みいただいたとおり、

ニューフェイスも多い、今期の図書館ですが

どうぞよろしくお願いいたします!!

【どうぞご活用ください♪】

令和3年5月28日(金)第500号『おはようございます! 何年生? 出身はどちら?』

2021 年 5 月 28 日 金曜日

連休明けの5月6日(木)。一部の授業を除き対面授業開始の日です。講義室へと急ぐひとりの学生さんと挨拶を交わすことができました。久しぶりの、本当に久しぶりの生(?)の会話でした。学生さんにとって慌ただしい朝の時間帯の会話としては、私からのワンパターン。

 

「おはようございます。 何年生ですか? 出身はどちらですか?」。

学生さんは「(人差し指を1本立てて)1年生です。出身は宮崎です。」と爽やかに応じてくれました。

 

未知のコロナウィルスが世界中で猛威を振るっています。私たちの当たり前だと思っていた日常すら忘れるほどに長期に及びます。しかし、大学にとって特別な日である「対面授業開始の日」に、学生さんといつもの会話ができたことで当たり前を思い出し、いつもの生活が送れることに感謝したいと改めて思いました。

「彼はどの講義室に向かい、どの先生の講義を受けるのかなぁ。高校の授業との違いにも早く慣れて、キャンパスライフを楽しんで!!」などと思いながら初々しい後ろ姿を見送りました。

この感染症の猛威が収まり、一日も早く中庭に響く若人の賑やかな声が聞きたいものです。

と書きながら一方で、楽しいはずの昼食も「黙食で!」とお願いする立場で辛いですが、トンネルの先に小さな小さな光も見えてきているようです。今は、乗り越えるために結束しましょう!!

 

新型コロナ感染症対策を行い、対面授業を再開しました

 

 

 

 

 

 

 

学生からの質問に答える松本教授(英語科教育法)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、今朝はもう一つ印象に残ることがありました。

車通勤中のことです。前の車に「宮崎県民 IN CAR」のステッカーが貼ってあるのに気づきました。「BABY IN CAR」はよく見ますが、まさか・・・!?。ステッカー横のナンバーを見ると、県外の大都市名が読み取れます。

これだ! 「県外ナンバー車に罵声を浴びせる」「県外ナンバー車に物を投げつける」など、いわれなき嫌がらせを受けることがあるので、「ナンバーは県外名ですが私は宮崎県民です」宣言のための、あの話には聞いていたステッカーです。実際に見ると、宮崎県民として複雑な気持ちになりました。憎むべきはウイルスであり、人ではないはずです。こんなご時世だからこそ、思いやりやいたわりの気持ちを大事にしたい。

テレビで取り上げた「県外ナンバー車排斥運動」の番組の中でのコメンテーターの言葉を思い出します。

 

人の心の中までウィルスは侵入できません。侵入を許し、人としての思いやりや辛い思いをしている人への優しさを失ってはさびしい限りです。自分のために、そして大切な多くの人のために「アフターコロナ」を目指して、小さな一人一人の力を大きな束にして、もうしばらく(であって欲しい)、耐えましょう!!

 

担当はフタミでした。

 

皆さんには、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、昨年度は、オンラインを軸に授業を行ってきましたが、特に、現在の2年生には、通常の教育と大学生活を経験してもらいたいという気持ちがありました。そういう意味で、今、対面授業がスタートしほっとしていますが、日本及び宮崎県の感染者が増えないようにと、いつも思っています。感染防止には、皆さん、これまでどおり注意してください。

 

このようななかワクチン接種が、本格的にスタートしました。イギリス、アメリカでは、すでにワクチン接種が進み感染者が明らかに減少に転じました。この1年5か月、大変でしたが、やっと将来への明るさが見えそうです。新しい技術で、ワクチンが早く開発できたのは、本当に幸運だったといえます。

 

最近、若い人には、私はよく言います。アフターコロナでは、今までとだいぶ違う社会が到来するのではないかと。つまり、「リモート社会」の到来です。テレワークが推奨されるようになりましたが、世界のどこにいてもネットで結んで働ける時代がやってくると予想されます。

 

それと、これまで東京一極集中が問題視され一向に解決できませんでしたが、このリモート社会の到来で解決できる可能性が高まっています。また、今回の新型コロナ禍で、本学も協定校であるイギリスのスターリング大学へオンライン授業で留学した学生さんがいました。つまり、日本にいてもオンラインで直接海外の大学の授業も受けられるようになりました。これも、驚きです。

 

大学時代に、大きな苦労をした皆さんも、時代の大きな転換点にいるのかもしれません。可能な限り前向きに、この転換点を、乗り越えてほしいです。

 

担当はアリマでした。

 

今回は記念すべき500号ということで、二見理事長と有馬学長に花金ブログをお願いしたところ快く承諾していただきました。

お二人の記事からコロナ禍において学生のことを心配されている様子が伝わってきました。

 

次回からはまた職員がブログを投稿しますのでお楽しみに!!