‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

平成30年5月25日(金)第410号『プチオープンキャンパス&夢ナビ大阪』

2018 年 5 月 25 日 金曜日

受験生の皆さんが入試を終え無事大学に入学したこの時期、入試広報係は新しい「大学案内2019」を作成したり県内外で開催される進学ガイダンスへ参加したりしています。

そして今年も「プチオープンキャンパス」の参加者募集が始まりました。公立大は年に3回オープンキャンパスを開催します。第1回目となる623日(土)の「プチオープンキャンパス」は「プチ」と名前にあるとおり、13時から16時までの3時間。でも内容は「大学の概要説明」「入試説明」「体験授業」「留学体験報告会」「個別相談会」などなど盛り沢山。公立大のことを皆さんに知っていただきたいという思いが凝縮しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(昨年の体験授業)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(留学体験報告会)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(個別相談会)

在学生もスタッフとして参加します。直接学生の声を聞くチャンスです。受験勉強のこと、サークルのこと、気軽に学生スタッフに質問してみてください。教職員の知らない色々な話が聞けるかもしれません。皆さま是非お越しください。

 https://www.miyazaki-mu.ac.jp/info/entrance/6232018.html

 

さらにもう一つ。今年も616()にインテックス大阪で開催される「夢ナビ大阪」に参加します。今年はメディア・コミュニケーション専攻の川瀬隆千教授が講義ライブを行います。タイトルは『人は人の中で人になる』。タイトルを聞いただけで一体どんな講義なのかとても興味をそそられます。関心を持たれた方は是非ご参加ください。(・・・申し訳ありません。宮崎からは遠いです。・・・)

 http://yumenavi.info/live/list/t.aspx?p=osaka&c=035060

 

以上、学務課シイバがお伝えしました。

 

平成30年4月20日(金)第406号『MMUの森のくまさん』

2018 年 4 月 20 日 金曜日

あるー日ーー、森のなーかーー、

くまさんにーー、でーあっーーたーーー♪

こんにちは、今週の花金担当のクワバラです。

 

さて今回は、今年度MMUに赴任されたお二人の先生をご紹介します!

MMUには、くまさんのような先生がすでに何人かいらっしゃいますが、新任の先生方も

負けず劣らずのくまさんたちです。

 

********************************************************************************

 

まずお一人目は、

麻生 雄治(あそう ゆうじ)先生です!!

英語教育において、生徒にどのように伝えるか、また、どのような試験問題を作るか

といった実践面を鍛える「英語教育実践学」がご専門です。

講義では、学生と一緒に模擬授業を行ったり、テスト問題を作成したりと、

即戦力となりうる力を養います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★プロフィール★

・大分県出身。

・見てのとおり、乙女座です。

・趣味は温泉巡り。温泉ソムリエの資格も持っています!

 

★MMUの印象★

「アットホームで、まじめな印象です。また、華やかで明るいイメージがありますね。

学生の皆さんは礼儀正しくて、赴任する前にも何度かMMUに来たことがあるのですが、

その際も学生さんが挨拶してくれたことを覚えています。」

 

★最近気になること★

「血圧と体重です(笑) 食べ物の好き嫌いはないですね。宮崎県はチキン南蛮が有名

ですが、大分県も唐揚げやとり天といった鶏料理が多く、鶏肉で育ったと言っても過言

ではありません。」

 

★学生の皆さんへ★

「一番に伝えたいのは、『英語力を高めよう』ということですね。そして短期・長期に

かかわらず、どんどんと海外に出て異文化に触れてほしいです。社会人になってからは

なかなかできないので、今のうちに積極的に外に出て、さまざまな国の方と会話し、

文化に触れ、肌で感じてほしいですね。」

 

写真撮影でいろんなポーズをとってくれるお茶目な、そして、お話のあいだも

常に笑顔のくまさんです。

 

 

********************************************************************************

 

続いてお二人目は、

清水 習(しみず しゅう)先生です!!

ご専門は「公共政策論」です。今日の講義では、事務局の見学と『だるまさんがころんだ』をしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★プロフィール★

・フィンランド…うそです静岡県です。

・趣味は「大学」ですね。教育・研究だけでなく、大学運営も好きです!

 

★宮崎の印象★

「鶏が美味しいですね。人柄も好い。あと、車の運転がてげてげなのが少し怖いですね。」

 

★最近気になること★

「宮崎弁ですね。“てげ”だと「すごい」という意味なのに、“てげてげ”だと「適当」という意味になりますよね。じゃあ、“てげ、てげてげ”ってすごい適当ってことになるわけで、じゃあ、てげてげてげてげてげてげってすると…」(略)

 

★公共政策論って?★

「政策学って、簡単に言えば、政治の策略について考える学問です。その中で政策過程を学んだりするのですが、今日の講義で事務局を見学したのも『政策を作る組織』を見るためだったんです。じゃあ、なぜ『だるまさんがころんだ』をしたのかですが…」

 

と、ここからとても興味深いお話をお聞きすることができたのですが、興味のある方は是非先生に直接お話を聞いてほしく、ここでは割愛させていただきます。

「あ、そんな見方もあるのか! なるほど確かにそんな考え方もできる!」と、お話をする中でとても引き込まれてしまう、知的好奇心を刺激してくれるくまさんです。

 

********************************************************************************

 

麻生先生、清水先生、これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

平成30年3月30日(金)第403号『旅立ちのとき』

2018 年 3 月 30 日 金曜日

桜が咲き花びらが舞い、木々が芽吹きだす3月は、新たな人生へのスタートを切る別れの時期。

 

3月30日、今年度最後の花金です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務局前。今週末くらいまでが見頃のようです。

 

先週は本学でも卒業式が行われ、未来への希望に胸を膨らませ193名の学生が飛び立っていきました。

 

同様に、事務局でも、本日でMMUを去られる方々がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田原理事長

いつもおだやかで、温かくて、ダンディーな理事長。

理事長の元でいつも安心してお仕事できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉松事務局長

公私ともするどいツッコミで、鍛えられました!

バレンタインデーに梅干しとらっきょうを送っても笑って受け止めてくれる素敵な局長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津隈先生(入試広報係)

九州内全域をいつも飛び回っておられました。

この笑顔にいつも救われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日髙地域研究センター事務長

時に優しく時に厳しくご指導いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡さん(経理係)

大学の影の金庫番として、大学を支えていただきました!

 

共に過ごした素敵な時間をありがとうございました。

 

これからも、素敵な人生を歩まれてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなのことが、大好きです!金丸でした。

 

平成30年3月9日(金)第400号『祝!第400号』

2018 年 3 月 9 日 金曜日

椿の季節を迎えたある日の事務局での会話。

 

職員A「姉さん、今週『花金』の担当ですよね」

私  「そうやとよー。何書こう~?」

職員A「そういえば、記念すべき400回目ですよ」

私  「うそーー!!」

 

というわけで、2009年7月にスタートした『週刊花の金曜日』、略して『花金』は、今回で第400号を迎えました!

そこで、学生時代から今日まで『花金』とともに歩んできたお二人に、

突撃インタビューしてみたいと思います。

 

まずは前出の職員Aことアラキ氏!

実は、宮崎公立大学開学10周年記念誌に、こんなお姿(右端)で登場しています。

「凌雲祭でのこんな写真が載ってしまい、公立大のイメージを悪くしてしまったのではないかと。

広報担当として、今更ながら心配しています。

でも、このときの女装コンテストでは優勝した記憶があります!

間違っていたらすみません(笑)」

 

いや、その美脚ならあり得ます!

ちなみに、記念誌の別のページには、

卒業生総代として答辞を述べているアラキ氏の写真も掲載されていますが、

女装写真のインパクトがあり過ぎて、記憶に残りません!

 

さて、そんなアラキ氏も今やアラフォー。

『花金』の始まった2009年から大学職員となり、

現在は、広報誌『MMU SHiP』Vol.12の発行に向けて、最後の追い込み中です。

 

「今号では、学生記者5名の皆さんが企画した内容が、春らしく紙面を彩っています。

他にも、これまでの広報誌ではなかなか掘り下げられなかった本学の講義の内容

(2年生の必修科目「基幹演習A・B」について)や、

本学と協定を結んでいるハワイ大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジに初めて派遣留学した

学生の紹介など、盛りだくさんです!」

まだ紙面をお見せできなくてごめんなさい。

発行は3月下旬を予定しています。どうぞお楽しみに!

 

さて、続いては、笑顔のとっても素敵なトミナガさん!

 

「私もアラキさんと同じく公立大の卒業生です。

学生時代はダンス部に所属して、凌雲祭を盛り上げたり、

他大学のイベントに出演したりしていました。

ダンスを通じて、公立大や周りの皆さまを少しでも元気にできたのかな、と思ってます。」

 

そんなトミナガさん。現在は地域研究センターで、地域貢献業務に携わっています。

 

「今、新年度前期(4~9月)の開放授業の準備をしています。

開放授業とは、学生が受講している講義の一部を、地域の皆さまに開放するものです。

募集期間は3月20日(火)までですので、興味のある方はぜひお申し込みください。

これからも、地域研究センターの業務を通じて、地域の皆さまのお役に立てるように頑張ります!」

トミナガさんが持っている募集要項は、地域研究センターや事務局でも配布しています。

詳しくはこちらでご確認ください!

 

最後に。

学内で最も開花が早いと言われている講堂前の桜は、まだまだこんな感じです。

以上、満開の桜が待ち遠しいウエダがお送りしました。

平成30年2月9日(金)第396号『新聞・雑誌、図書等の無料配付を実施中!』

2018 年 2 月 9 日 金曜日

25日、午前9時。

図書館の入り口で数人の学生が列を作っています…

何かを待っている様子。いったい何が始まるのでしょうか。

 

図書館では学生・教職員を対象に、年2回にわけて新聞・雑誌、不要になった図書等の

無料配付を行っています。

この日は、無料配付の開始日だったため、9時の開館と同時に

無料配付会場の新聞配架室を目指して学生が続々と入ってきました。

    

目当ての雑誌に一直線の学生や、吟味している学生で配付会場は一気ににぎやかになります。

明るい表情で配付会場を後にする学生達。気に入ったものがあったのでしょうか。

 

数日前から配付資料の準備を行い、配付開始前は多くの資料であふれていました。

図書館では多数の新聞・雑誌を購読しているため、半年でも相当な量になります。

これだけの資料を図書館で保管し続けることはできませんが

ただ廃棄してしまうのはもったいない!それなら、欲しい人に配付して、有効に活用してもらおう!

ということで、図書館にも利用者にもうれしいイベントとなっています。

 

普段、なかなか手に取らない雑誌も、この機会に読んでみると

意外な掘り出しものが見つかるかもしれません。

新聞・雑誌、不要になった図書等の無料配付は219日(月)まで行っていますので

興味のある方はぜひご来館ください。

また今回、写真を掲載している配付会場(新聞配架室)とは別に図書館カウンターでも

図書の無料配付を行っていますので、そちらも併せてご覧ください。(こちらの配付期間は未定です。)

 

以上、図書館:サヤマがお送りしました。