‘おすすめスポット’ カテゴリーのアーカイブ

2017年7月21日(金)第371号 『ランチアワーのお誘い』

2017 年 7 月 21 日 金曜日

みなさん、こんにちは。学生係のカワシマです。

小中学校はそろそろ終業式でしょうか。

公立大生の皆さんは来週から試験ですね。夏休みを目標に頑張りましょう!

試験勉強に疲れたら、凌雲会館のブーゲンビリアを眺めるのはいかがでしょうか。

楽しい夏がイメージできますよ☆

ところで、皆さんは、お昼休みをどのように過ごしていますか?

学食でお友達とお昼ご飯を食べますか?

1度帰宅して、自炊している学生さんもいるかもしれませんね。

 

ちなみにカワシマは、お弁当を注文して、事務局内で食べることが多いです。

 

でもたまに、別の場所でお昼を食べています。

それはどこかと言いますと…

こちら!

保健室内の「ほっとるーむ」という場所です。

 

空きコマやちょっとゆっくりしたいとき、誰でも自由に利用できる

このスペースで、月に3回「ランチアワー」が開催されています。

取材した12日にいらっしゃったのは、学生相談室スエヨシ先生と

保健室のタケヤ先生です。

残念ながら今回は、学生さんの利用はありませんでした…。

 

普段、保健室や相談室を利用していないあなた!

「今日は静かにお昼ご飯を食べたいな」と思ったあなた!

新しい人、新しい価値観との出会いを求めているあなた!

 

ちょっと覗いてみませんか?

手作りのお弁当じゃなくても大丈夫(だって今日の私のお昼はカップ焼きそば)

あなたのご参加をお待ちしています。

 

 

試験後は夏休みに入るため、8・9月のランチアワーはお休みです。

次回のランチアワーは10月になります。

詳しい日程は、インフォメーションホールとMMUPortal 「大学からのお知らせ」で

ご案内します。お楽しみに☆

2017年7月14日(金) 第370号『緑の回』

2017 年 7 月 14 日 金曜日

こんにちは。

施設を担当していますモリハラです。

 

 

7月も半ばになって、日に日に暑さが増している気がしています。

昨日の13日に九州南部が梅雨明けしたもようという報道がありました。

平年(14日)より1日早く、昨年より5日早い梅雨明けとなるようです。

今でも暑いのですが、本格的な夏を迎え、ますます暑さが厳しさをましていくのでしょうか。

 

そんな暑さの中にもかかわらず、元気いっぱいの生物が…

 

はい、雑草です。

この時期は刈っても雨が降ればすぐ伸びてしまうため、本学職員と業者で連携しながら景観管理を行っています。

 

本学職員による草刈りです。

暑さに加え、講義の時間等で作業時間の制約がある中、本当におつかれさまです。

 

ちなみに、場所によっては芝が抑え込んでいる場所もあります。

 

 

また、雑草を抑えつつ、見た目で(個人的に)涼を感じさせてくれるのが、

苔です。

遠目では、やわらかな緑の絨毯のように心に落ち着きを与えてくれ、

間近では、もこもこのかわいらしさで癒してくれます。

 

この他、校内にはたくさんの緑の空間があります。

夏の暑さや勉強・仕事等で疲れた時は、散歩等でリラックスされてはいかがでしょうか。

2017年6月23日(金) 第367号『珍しい街路樹』

2017 年 6 月 23 日 金曜日

皆さん、こんにちは。

緑豊かな学内や周辺の中で、皆さんお気に入りの場所があるのではないでしょうか。

四月から本学に通勤しておりますが、私が心惹かれる場所はこの周辺です。

学内ではありませんが、この体育館前の道路の両脇に植えてある街路樹。

 

 

何の植物かわかりますか?

ハーブの好きな方はすぐに分かるかもしれませんね。

イタリアン料理などのお店の庭に植えられていることもあります。

 

 

 

この植物は、ハーブの一種ローズマリーです!

ローズマリーは地中海沿岸地方が原産地です。

日本へは江戸時代の末期に渡来したようです。

清涼感あふれるよい香りがあり、枝や葉は、香料・化粧水・料理によく用いられます。

一般的には、葉を乾燥して、ハーブティーや肉や魚料理の臭み消しの香辛料として使われています。スーパーでもハーブとして売られていますよね。

 

ローズマリーは、秋から春にかけて、白や薄いブルーのかわいい花が咲きます。

花言葉は、「思い出、記憶、追憶、誠実」です。

香りには、精神安定の効果だけでなく、この花言葉の「記憶」が示すとおり、記憶力や集中力を高める効果もあると言われています。

学生の皆さん、試験の前にローズマリーの香りを嗅ぐと効果があるかも?

ローズマリーの葉を指先でこすると、独特のすっきりとしたよい香りがしますよ。

 

 

ローズマリーは挿し木でも増えます。

水に差しておくと、根が生えてくるので、土に植え替えればいいのですが、私はこの方法で成功したためしがありません。

途中で枯れてしまいます・・・

苗を買って植えていますが、まだやっと枝3本ほどです。この街路樹ほどに成長するのにはかなり時間がかかりそうです。

 

 

 

街路樹でローズマリーが植えられているのを見たのは初めてです。しかも、こんなに立派に育ち、道路の両側に80本以上も植えられています。

見事なローズマリーの街路樹。とても珍しい光景です。

 

 

 

残念ながら、(道路の管理者であれば当然ですが)6月初めに剪定され、現在は丸刈りの半分の大きさになってしまいましたが、それまでは、枝がフサフサに茂り、大きく生長したローズマリーが並んで、それは見ごたえがある景観でした!

梅雨の憂鬱になりがちなこの時期、ちょっとローズマリーの匂いで、気分をスッキリさせてみてはいかがでしょうか。

街路樹のローズマリーに一斉にかわいらしい花が咲くのを楽しみにしている事務局のミヤハタがお届けしました。

 

2017年4月14日(金)第358号『学内のさくら』

2017 年 4 月 14 日 金曜日

新年度が始まり約2週間が経過しました。入学式の時3分咲きだった講堂前の桜も、もうずいぶん散ってしまいました。

 

 

桜の花は、入学・入社・異動など新しい出会いの季節にとても似合っていると思います。そういう理由で学校に桜の花が多く植えられているのではないかと、この時期はいつもそう思います。

 

今週明けはあいにくの天気でしたが、その後、好天に恵まれ、青空を背景に本学の桜の花は非常にきれいに花をさかせています。

 

 

夜は、ナトリウムライトの独特のオレンジ光に照らされて、すこし幻想的な雰囲気を醸しています。撮影技術が拙いために綺麗に撮影できませんでした。

 

 

 

 

話がすこし転換しますが、

今年の2月から3月にかけて、研究講義棟の一部の空調を行っている大きな機械のオーバーホールと、食堂のエアコンの更新を行いました。

どちらも開学以来、大事に使ってきたもので、研究講義棟の空調機は重要な部品を交換し、食堂の空調機は新しいものに付け替えを行っています。

 

 

食堂の空調機は本体だけでなく室外機も大きく、しかも他の室外機と込み合っていて、業者の方は設置に苦労されたようです。

 

 

がっちり大きな足場を組んで、クレーンでつり上げていました。

室外機を運び込むため使うクレーンも大きく、侵入経路をどうするか問題になりましたが、桜の木の枝を一部切って、クレーン車が通れる空間を確保するしかありませんでした。

 

このことを造園業者に相談したところ、枝の剪定にはちょうどいい時期だったらしく、問題はないとのことで、業者にお願いして枝を切り、後の処置をしてもらいました。

 

 

『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』

といいますが、かなり大きく育っていた枝を4~5本切ってしまったので、春に花が咲くか心配でした。

今年は、充分きれいに花が咲いて良かったです。

 

来年も花がきれいに咲いて欲しいと思う総務係コニシが、ここ一週間の学内の桜の状況をお伝えいたしました。

2017年2月3日(金)第349号『公立大のクールな場所をご案内』

2017 年 2 月 3 日 金曜日

先週の花金ブログでは、『MMUあったかスポット巡り』としてお送りしましたが、今週はその逆、『公立大のクールな場所をご案内』します。

 

まずは、ここ。

研究講義棟北、講堂西に位置する桜の木。ここは日当たりも悪く、かなり寒いです。その証拠に、この木の下には苔が生えています。

現在のこの木には、まだつぼみもありませんが、3月の卒業式や4月の入学式では、枝という枝に花を咲かせて華やかに、卒業生を見送り、入学式を迎える、という大事な役割を果たしています。

 

次にご紹介するのは、ここ。

 東駐車場から研究講義棟1階の101、102大講義室に抜けるこの廊下です。

去る1月14日(土)、15日(日)の2日間。全国の各大学等と同様に、本学でも大学入試センター試験が実施されました。この試験は、ご承知の通り、受験生の皆さんの進路を決める大事な試験です。
この試験では、不測の事態に対応するために各試験室と試験実施本部の連絡を密接に行うこと等を目的とした「連絡係」が各試験室前に配置されるのですが、本学会場の中でも最も寒い場所がこの廊下。陽が当たることもなく、ビル風も吹き抜けるこの場所に、1日中滞在する「連絡係」。その苦労が忍ばれます。

 ちなみにこの場所の中ほどには、全面ガラス張りのドアがあり、その場所ではダンス部部員の学生がダンスの練習を行っている姿が、しばしば見受けられます。

 

最後にご紹介するのはこの場所。


研究講義棟北側の研究室です。前回のブログでは、研究講義棟南側のグローバルセンターの様子をお伝えしましたが、同じ研究講義棟の建物でも、南と北では、陽の当たり方が全く違います。
そして今回ご紹介するのは、7階のとある研究室。暖房を入れてもなかなか暖まらないこの部屋で、ここの主であるウメヅ先生は、持参の水筒(の緑茶)で温まっています。

ウメヅ先生は、アカデミック・リーディングやライティングを学ぶ1年次の「基礎演習」やアクティブラーニングを実践する2年次の「基幹演習」をより良くするために尽力いただいています。

そして、権利の関係でお見せすることはできませんが、研究室の本棚には特撮ヒーローのフィギュアがずらりと並び、机には自作の特撮ヒーローのマスクもあり、安倍首相の推奨するクールジャパンを体現しています。

 

 

南北に長い日本列島は、四季折々で様々な表情を見せてくれますが、ここ南国宮崎の宮崎公立大学でも、小規模ながら場所に応じて、様々な姿を見せてくれます。

 

以上、今回のブログでは、私アラキが公立大のクールな場所をご紹介させていただきました。