平成30年12月14日(金)第437号『障がい学生支援室 紹介』

投稿日:2018 年 12 月 14 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記,大学の日常

みなさん、こんにちは!

季節はすっかり冬めいて、早いもので今年も締めくくりの時節となりました。

平成最後の12月・・一日一日がいつもより大切に思えるのは私だけでしょうか・・

 

今回はまだあまり知られていない本学の「障がい学生支援室」についてご紹介します。

今年の4月に新しく開設されたお部屋です。

障がいがあるなどの理由により、修学上、また、学生生活を送る上で様々な悩みを抱えている学生さんの相談を受け、必要に応じた配慮の調整などを行うところです。

福利厚生棟2階、ここが入口です。保健室と同じ階にあります。

入口を入ってすぐが、障がい学生支援室の窓口になっています。ここで、来室された学生さんの受付等を行います。

(奥が私のデスクです!・・なにやら机の上が散らかっていますが(;^ω^)

入口を入って、左側は奥に長いスペースになっており、右手前の机で学生さんとの面談を行ったりしています。奥は、この支援室を利用される学生さんが勉強や、必要な時に休むことができる場所として作られました。勉強する時は、ひとつひとつ机をパーテンションで仕切ることが出来ますので、小さな個室としてご利用できますよ。

ゆっくり腰かけて休めるスペースを作りました!

なんとこのソファ、保健室で使われていないものをいただきタケヤ先生とふたりでせっせと運びました!

・・・かなり重たかったです()

 

時に必要な情報を共有したり、相談したり、支援が円滑に進むように協力しているスタッフのお部屋もご紹介しますね。

 

学生さんたちの「駆け込み寺」となっている保健室。常駐されているのがタケヤ先生!

ケガや病気だけじゃなく、タケヤ先生にお話を聞いていただき、元気になれた学生さんも多いのでは?・・実は私も、時々駆け込んでいます()

こちらのスペースは、保健室内にある「ほっとるーむ」

学内で一人静かに過ごしたい、ゆっくり休みたい時などに使用していただける場所です。

 

こちらは、学生相談室です。事務局1階の廊下を奥に進むと入口があります。お部屋の奥にもドアがありますが、こちらは外からも入れるようになっています。

このお部屋には臨床心理士の資格をお持ちの学生相談員の先生が、毎週、月曜・水曜・金曜の午後にいらっしゃいます。

 

月曜日は、元気はつらつ~♪ サカベ先生!

水曜日は、しっとり、らっとり♪ スエヨシ先生!     

金曜日は、どしっとほわんと♪ サメシマ先生!

 

なにかのCMみたいになってますが(;^ω^)・・・でも、このフレーズがほんとにピッタリです!

とても信頼できる素晴らしい先生方ですよ。安心してご相談ください!

 

最後に、大学内で見つけた景色をいくつか・・・

この写真は講義棟横のイチョウの木です。

 

私事ですが、遠い昔、色の勉強をしてパーソナルカラーリストの資格を持っています。

色には、癒しの効果や、補色といってお互いの色をきれいに見せる効果などがあります。

この空の青と、黄色に色づいた葉・・青の補色はオレンジですが、黄色はそれに近いのでコントラストがとても綺麗ですね。

このお花は、管理棟横に咲いていました。椿でしょうか?

緑の補色は赤・・こちらもお互いの色を引き立てていてとても綺麗で、すぐに見つけることができました。

余談ですが、病院のオペ室の壁や術衣が緑なのは、術医の目の疲労感を最小限に抑えるため、スーパーでお買い物するとき赤いお肉やお魚にバランや大葉が一緒に入っているのは、お肉やお魚の色をきれいに見せてくれるためです。

この写真は、正面の門を入ってすぐ横の木々たちです。赤茶色や黄色の落ち葉のグラデーションが、光を浴びてとても綺麗ですね。

こんな風に、忙しい日常生活の中で、まわりの景色に目を向け自然の作り出す色に癒されることも大切なのでは・・と思います(^-^)

 

それでは・・朝晩の冷え込みがかなり厳しくなりました。みなさま、体調にお気をつけてお過ごしください。

以上、障がい学生支援室、ナゴシがお伝えしました。

平成30年年12月7日(金)第436号『Any plans for this month?』

投稿日:2018 年 12 月 7 日    カテゴリー:お知らせ,イベントレポート,スタッフ日記,学生の活躍

みなさんこんにちは!

Do you have any plans for this month?

みなさん、今月のご予定はお決まりでしょうか? 

 

宮崎の街も、すっかりクリスマス一色です☆彡

 

本学でも、学友会を中心に、毎年恒例のクリスマスコンサート開催の準備が

着々と進んでいるようですよ。ぜひぜひお越しください♬

 

今年のクリスマスコンサートは、1221日(金)夕方5時からです!

せっかくなので、出演予定のクラブ・サークルのみなさんを一部ご紹介したいと思います♪

 

まず、アカペラ部のみなさんです!

写真は七夕コンサートの時のものですが、

会場がアカペラの歌声をより響かせ、私はじっくりと歌声に聴き入っていたのを覚えています!

今回のクリスマスコンサートでは、どの楽曲をお届けしてくれるのでしょうか・・・?

やはりクリスマスソングでしょうか? それは当日のお楽しみですね♪

 

そしてお次は、フラダンス部のみなさんです。

今回は、フラダンス部部長さんより紹介文をいただいております。

「私達、フラダンス部は一年生3名、二年生11名、計14名で活動しています。

金曜日の5限は講師の先生をお招きし、月曜日6限は自主練習を行なっています。

部員全員が初心者です。私たちと一緒に本格的にフラダンスを習ってみませんか?

部員まだまだ募集中です!また、ステージやイベントなどの出演依頼もお待ちしています。

Instagram,Twitter,Facebookもやっておりますので、宮崎公立大学フラダンスで検索してみて下さい♩」

フラダンス部は、今年の敬老の日には学外イベントの出演依頼を3件も受けたという

人気っぷりです!寒さなんてなんのその、南国気分漂う華やかなフラダンスを満喫し、

ハワイアンな気分を味わえること間違いなし!

 

その他、軽音部、放送部、応援部、演劇部、ダンス部が出演予定です。

ステージ披露も楽しみですが、学友会会員によるMCも私の楽しみの一つなのです…♩

前回のコンサートで明るく、元気にMCをしてくれたのは、2年生のカワコさん(左)とクラチ君(右)です!

 

そんな二人に、かわいい某ゆるキャラ付きのカンペを出していたのは、3年生のイマムラ君です。

イマムラ君は、コンサート企画・運営の総監督であり、しっかり者の学友会会長です!

スマートフォンで実施要項を確認しながら、インカムで他のメンバーと連絡を取り合ったり、

MCに指示出しをしたりと大忙しです!

笑顔がステキですね~ 

その他、音響担当、照明担当など、舞台裏では学友会会員が色々な役割を担って頑張っています!

 

このように学生主体で実施するクリスマスコンサートです♪

みなさんもお気軽にお越しください。抽選で景品が当たるかもしれません~

 

 

また、本学1,2年生のみなさん!先輩たちと一緒に学生イベント(新入生歓迎会、スポーツデイ、各コンサート等)を企画・運営に興味ありませんか? 近々、新学友会会員も募集するそうですよ~!

 

今回はみなさんに、学生が企画するイベントについてお知らせしました♪

 

以上、数年ぶりに母校へ戻り、毎日学生たちと交流しながら学生時代の自分に思いを馳せている

学生係ガンニチダでした。

 

******************宮崎公立大学イベント情報**********************

どちらも入場無料で一般の方も大歓迎です。皆様のお越しをお待ちしております。

 

★宮崎公立大学 第9回クリスマスコンサート開催のお知らせ★

日時:2018年12月21日(金)

場所:宮崎公立大学 講堂

開場:16:30~  開演 17:00~  入場無料

出演団体:アカペラ部、軽音部、放送部、フラダンス部、応援部、演劇部、ダンス部

 

吹奏楽部の定期演奏会もあります。

 

★第14回宮崎公立大学吹奏楽部 定期演奏会開催のお知らせ★

日時:2018年12月16日(日)

場所:宮崎市民プラザオルブライトホール

開場:16:30~  開演 17:00~  入場無料

ダンス部も出演予定です♪

 

平成30年11月30日(金)第435号『インフルエンザにご注意を!』

投稿日:2018 年 11 月 30 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記

今年もインフルエンザ流行期となってきました。

 

厚生労働省によると、インフルエンザの国内流行期は、例年12月~4月下旬、1月下旬~2月にピークを迎えると示されています。

 

お隣の鹿児島県では、中学校ですでに学年閉鎖となったところも出ており、宮崎でもまもなく流行期に突入すると予測されます。

(宮崎県衛生環境研究所HP・宮崎県内の患者発生状況(週報)より抜粋、H30年47週まで)

 

MMU入学に向けて受験勉強をしている方々、しっかりとインフルエンザ予防につとめてください。

 

本学保健室ではインフルエンザ流行期にさきがけて、10月31日(水)、11月1日(木)、11月5日(月)の計3日間、学校医の協力のもと「学内インフルエンザワクチン予防接種」を実施しました。

 

この学内接種では、学校医である清水中央クリニック院長、篠原立大先生はじめ、クリニックのスタッフの皆様が、本学保健室にて実施してくださいますので、忙しい学生や教職員が、医療機関へ足を運ばずに接種することができます。(保健所への届け出は、クリニックより提出済み)

 

今年度、実施の様子をご紹介します。

 

医療機関での受診と同様に、まずは、問診表を記入し、そして体温測定。

(ちなみに、最終日の11月5日(月)は、クリニックより最新式の「おでこで測定できる体温計」を持参していただきました。数秒で体温測定ができる優れものでした)

学校医篠原先生の診察を受け

接種となります。

注射ですので、当然痛みは伴います!

接種終了後は、接種料金のお支払です。

本学教職員も受験生同様に入試シーズンは、体調を崩せません。

 

教職員は、自身が受験するような気持で入学試験に対応しています。

受験生が、スムーズに試験を受けることができるように・・・

そのため体調管理には、日頃から細心の注意を払っています。(そうだと思っています)

 

ただし、予防接種をしたからといってインフルエンザに罹患しない訳ではありません。

手洗い、咳エチケット、規則正しい生活など、正しい予防を行ってください。

学内へは、「インフルエンザについて」をMMUポータルやインフォメーションホールへ掲示しています。

各自ご確認ください。

 

 

今年度、まだインフルエンザ予防接種を受けていない方は、近隣の実施医療機関で早めの接種をお勧めします。

12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと推奨されています。)

 

今年度の学内インフルエンザワクチン予防接種は、学生の受診者が例年よりも少なかったように感じました。

来年度は、学内でのインフルエンザワクチン接種を是非ご検討ください。

 

今週の花金は、自分の体力を過信して、悪化してから観念、という事にならないように、日頃から健康管理や規則正しい生活を心掛けているはず!の保健室タケヤがお届けしました。

 

平成30年11月16日(金)第434号『広報誌制作の舞台裏』

投稿日:2018 年 11 月 16 日    カテゴリー:学生の活躍

11月も中旬となり、朝晩の冷え込みが日に日に厳しくなっています。その一方で、ここ南国宮崎では、日中はまだまだ暖かい日が続いています。

そんな気候のためか、時期は11月上旬と少し日は遡りますが、春先に本学の別れと出逢いを見届けている講堂前の桜の木に、一輪の花が狂い咲いていました。

 

さて、今回のブログでは、来年春に発行される大学広報誌『MMU SHiP』制作の舞台裏について、ご紹介します。

 

この広報誌の制作には、オトナ(業者の方と職員)だけでなく、本学学生も携わっています。

先日行われた業者の方と学生記者、職員を交えた3回目の編集会議では、オトナに対しても物怖じせずに積極的に自分達のアイディアを披露し、オトナからの厳しい指摘を受けても、怯まずに反論を展開している様子が何度も見受けられました。

学生のほとんどは、このような雑誌づくりに携わったことがないので、時には突拍子もない発言をすることもあります。しかし、それを補って余りある発想力とバイタリティーで、広報誌をより良いものにしていこうと、ひいては、宮崎公立大学の魅力をより多くの方々に知ってもらおうという熱意が、随所に感じられます。

広報誌制作に携わる学生記者は、本学学生から公募により選ばれており、今号は2年生3名、3年生1名、4年生1名の計5名の学生記者が頑張っています。

学年がバラバラなので、空きコマ(講義の入っていない時間帯)が合わず、昼休みに会議を行うことがほとんどで、(貴重な休み時間を割いてもらってまで)この日の会議もランチミーティング形式で行われました。

 

また別の日には、業者の方による「視界よしっ!」(留学関連定例企画記事)の取材が行われました。詳細についてはここではご紹介できませんが、留学の思い出を生き生きと語る様子が印象的でした。

 

このように、宮崎公立大学の「今」を伝える広報誌『MMU SHiP』vol.13は、現在、鋭意制作中です!

バックナンバーはこちらからご覧いただけますので、あわせてお楽しみください。

 

以上、広報誌制作の一員として携わっているものの、ちょっとした雑談の端々に、学生記者とのジェネレーションギャップに月日の早さを感じてやまない企画総務課の私アラキが、今週のハナキンをお送りしました。

平成30年11月9日(金)第433号『保護者説明会の舞台裏』

投稿日:2018 年 11 月 9 日    カテゴリー:イベントレポート,スタッフ日記

こんにちは、今週の花金担当のクワバラです。
前回の記事でもご紹介しました第26回凌雲祭では、私も2日目に参加しました。
さまざまなイベントを見聞きして特に印象に残ったのが、かるた同好会による百人一首体験と、茶道部による抹茶とお菓子のふるまいでした。
百人一首では上の句を読み上げる学生の声に聞き惚れ、抹茶のふるまいでは学生の丁寧な作法に見惚れて、普段から練習に励む姿が思い浮かぶほどでした(熱心に見聞きするあまり、写真を一枚も撮っていません。すみません…)。

さて、その凌雲祭の初日にあたる10月27日(土)に、今年度の保護者説明会を行いました。

(当日の様子など詳しい内容はこちらをご覧ください)

 

今回も多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 

当日までの準備担当として、例年11月上旬に開催しているところ、せっかく保護者の皆さまに来ていただくので、学生が生き生きと活躍している凌雲祭と同日の開催にできないかと試行錯誤する中、「チャレンジしてみよう!」という上司の後押しや、周りの同僚の支えもあって、開催に至ることができました。

ただ、何かを変えるときは、振り子のように、その反動もあります。

今回も、ようやく実施体制や当日の流れができたと思いきや、駐車場が例年と違う場所のため、会場までの案内は地図だけではなく人員も配置すべきとの考えが抜け落ちていました。

そんなとき、
「俺がするよ」
「いや、私がする」
「いやいや、僕がしますよ」
「どうぞどうぞ」
と、職員の皆さんが声を上げてくれる。

当たり前かもしれませんが、皆がチームとして仕事をしている、そう感じた瞬間でした。

そのように教職員皆で実施した保護者説明会を無事に終えることができ、手前味噌になりますが、アンケートでは、
『本日はお世話になりましてありがとうございました。初めての参加で不安も多かったのですが、駐車場の案内から始まり、各所での案内、進行、全て丁寧・親切で不安が消え去り、スムーズに参加する事ができました。人としての思いやり、気遣いを各関係者の方から垣間見る事ができ、本大学に娘が入学できて本当に良かったと改めて感じさせられました。』
という感想をいただき、とても嬉しく思いました。

もちろん、細かな反省点もしっかりと次につなげて、来年度以降もより多くの保護者に皆さまの期待に応えられる説明会にしていきたいと思います。

今回の花金は、「今後も学生一人ひとりの保護者の方の思いに応えられるよう、大学教職員チームの一員として業務に取り組みます!」という小学生の作文のような花金でした。

次回の花金もお楽しみに!