平成31年2月15日(金)第444号『気持ちをポジティブに切り替えるために』

投稿日:2019 年 2 月 15 日    カテゴリー:スタッフ日記

学生の皆さんは春休みですね。気持ちが軽くウキウキと過ごしているところではないでしょうか。

宮崎はこの冬、例年より暖かい日が多く寒さの苦手な私は嬉しく感じています。

庭のフキノトウが出てきたり、梅の花や菜の花を見かけたり、春を感じることができるようになりました。

学内では、花を多くつけているのは椿ぐらいですね。花々が咲き乱れる春が待ち遠しいです。

 

今回は、リフレーミング(Reframing)のお話です。

 

大学生活においても、卒業して社会人になり就職した会社等においても、友達・先生・職場の人など他の人と関わり合いながら過ごしていきますが、その中では、苦手な人、もしかしたら気の合う人との間でも、嫌な気分を感じたり、気持ちが沈んでしまうことがあることでしょう。

 

そんな時はリフレーミングを使ってみましょう。

リフレーミングとは、ある出来事や事柄について、今の見方とは違った見方をすることで気分や感情を変えることです。

私たちは普段の生活や仕事において、同じ現象や事柄でも人それぞれ違う捉え方をしています。

ネガティブな捉え方をしてしまった時にポジティブな捉え方に変えることができれば、よい方向へ感じ方が変わります。

リフレーミングを日常的に使えるようになると心の状態や受け止め方を一瞬にして変えることができますので、自分に自信を持ちたい時やモチベーションを上げたい時などに使ってみてください。

 

例えば、下の表にあるようなネガティブイメージの言葉を言われた時、リフレーミングを活用して前向きなポジティブイメージになる見方に切り替えてみましょう。

「負けず嫌いだね。」⇒(リフレーミング)「向上心があるね。」

リフレーミングを行うことで、改めて自分の良さに気づいたり、短所を受け入れることができたり、自分のことを理解するきっかけにもなりますよ。

また、ネガティブイメージから抜け出せなくなったお友だちや身近な人がいた時にも、リフレーミングの言葉かけを使うことができますよ。

とは言っても、なかなか使いこなせないでいる学務課 ミヤハタでした。

 

【リフレーミング例】

 

平成31年2月8日(金)第443号『2月のイベントお知らせ』

投稿日:2019 年 2 月 8 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記,学生の活躍,食べ物

新暦(西暦)では年が明けてひと月が経ちますが、

旧暦では、2月の新月の日に新しい年を迎え、1年がスタートします。

 

さて、本学は、卒論提出、定期試験も終了し、春休みの最中。

集中講義は行われていますが、学生の姿も少なく寂しいキャンパス・・・・・

と思いきや・・・・

 

明日9日(土)に、こんなイベントが行われるそうです。

公立大学近くにある、チョコレートショップ「meme」さんと、本学の学生がコラボした、一日限定のドーナツショップ!

場所は、宮崎公立大学構内で、12時から17時まで。

 

チョコレートを知り尽くしたプロのシェフと、アイデア溢れる学生とのコラボでどんな化学反応が起きるのか?!

 

 

続いて、214日、21日には、

『宮崎公立大学公開研究発表会』が行われます。

 

地域貢献の一環として、本学で行われている研究の成果を地域の皆さまに還元するための発表会です。

詳細はこちら

https://www.miyazaki-mu.ac.jp/info/community/post_453.html

 

大学の研究についてあまり触れることがないという地域の方々も、この機会にぜひご参加ください!

 

 

話は戻り、旧暦では新しい年がスタートした2月、

昔から、新しい年のはじまりは、旧年中の運勢がリセットされ、この日の過ごし方次第で、新年の運気が決まると言われたそうです。

みなさまに、多くの福が訪れますように。

 

以上、企画総務課カネマルでした。

 

平成31年2月1日(金)第442号『卒業を控えた皆様へ』

投稿日:2019 年 2 月 1 日    カテゴリー:スタッフ日記

322日の卒業式まで、2か月をきりました。

大学生活を間もなく終えようとしている卒業予定の皆様

あれこれと、楽しい思い出がたくさんできたことだと思います。

 

これから 就職や進学など それぞれの道に向かって

また、新たなスタートが待っています。

 

今回は、「働き始めるあなたへ」の(おせっかいで、個人的)アドバイスです。

「3という数字」は、新しい環境に適応するための心がまえです。

とりあえず、3日、3か月、3年やってみましょう。

「ネットワーク」は、組織内だけでなく、異業種でもつ。

さらに、ネットワークを作るのは、新人の時がいいですね。

何も知らないのですから、何を聞いても恥にはなりません。

「好き嫌い」は、わがままを言わない、ということではなく、好き嫌いで判断しない、ということです。

向いているか向いていないか、まずやってみる という気持ちを忘れないで。

そうこうするうちに、「ライフステージ」にも変化があります。

個人差はありますが、新人のままの環境ではなくなります。

そして「景色が変わる」のは、立場の変化です。

職位が上がる場合も含め、経験年数によって、仕事の内容だけでなく、仕事の見え方も変わっていきます。

 

さて。♪がついたキーワードについて

 

説明力・・・アインシュタインの言葉に「6歳の子どもに説明できなければ、理解したとは言えない」というのがあります。6歳は極端にしても、相手が理解できる説明を心がけましょう。

報告書はA4 1枚にまとめること。それ以上の情報は手持ち資料として。

 

アンガーマネージメント・・・怒りのコントロールです。苦情にも冷静に対応する。

内部協議で、ヒートアップした相手と議論するときにも、必要なことです。

 

無駄なものはひとつもない・・・好き嫌いで物事を決めない、にも通じるかもしれませんが、

どんな経験も、必ず役にたちます。むしろ、苦しかった経験に学びがあります。

恥や失敗こそ糧になります。経験こそがあなたの財産であり、そういう意味では、机にかじりついていないで、現場に行く、人に会う、自分の目で見て、確認しましょう。

 

人間力・・・本格的AI時代が到来します。でも、人が直接することに意味がある仕事をAIがとって変わるのは、まだ難しいでしょう。人間力の基本として、心を磨きましょう。

 

健康第一・・・さて、あなたの代わりはいるでしょうか?いないでしょうか?

答えは、いるけど、いない だと思います。

仕事において、あなたの代わりはいます。あなたが突然消えても、仕事は回ります。

でも、あなたの家族や友人にとっては、あなたはかけがえがなく、何より、あなた自身にとって、あなたの人生の主役はあなた。

だから、心も体も健康に保つことを忘れないで。

 

そして

どんな情報も、うのみにしないでくださいね。

自分のものさしをもち、自分で考え、選択できる人になってください。

 

アインシュタインの言葉をもうひとつ。

「人生は2通り。奇跡はないと思って生きるか、すべてが奇跡だと思って生きるか」

奇跡がないと思って生きると、多くの奇跡を見逃すでしょう。

この世にあふれる奇跡をたくさん見つけてください。

 

今回は、企画総務課 ウメムラがお届けしました。

かくいう 私も この春に公立大学を卒業します。

公立大学を卒業される皆様と、在校生の皆様、教職員の皆様のご活躍と幸せを祈っています。

 

    (平成31年1月29日の公立大と青空)☝

   (これから 咲き誇る まだ枝だけの桜)👇

 

 

平成31年1月25日(金)第441号『卒業論文提出日』

投稿日:2019 年 1 月 25 日    カテゴリー:スタッフ日記

1月23日(水)は、卒業論文提出日でした。

受付開始時間は9時からですが、毎年、開場待ちの学生が並びます。

今年も8時20分くらいには既に学生の姿が!

       (今年の一番乗り!)

 

会場では、卒業論文の提出だけでなく、卒業後の進路の最終確認や、図書館の延滞資料の確認なども行われます。

       (会場はこんな感じ)

 

入ってすぐに受付を済ませ、いよいよ卒業論文の提出です。

ここでは、卒業論文と卒業論文概要書などのチェックがあります。

緊張の面持ちでチェックを受けている学生の皆さんですが、無事に受理されると、晴々とした表情に早変わり。

       (厳しい目でチェック)

 

厳しいチェックを乗り越えた次は、学生・就職支援室の職員による卒業後の進路確認です。

無事に卒業論文を提出した学生を優しく労います。

(卒業論文の提出、お疲れ様。卒業後も頑張って!)

 

次に、図書館職員による延滞資料の確認です。卒業論文を書くために、図書館の資料をたくさん借りていた学生もいますが、しっかりと返却しましょう!

(卒論も提出したことですし、ゆっくり読書はいかが?)

 

すべてのチェックポイントを無事に通過した学生が、会場から出てきます。

安堵の表情、晴れやかな笑顔、ほんのり疲労感を漂わせた表情など様々ですが、一概にやり切った満足感が伝わってきます。

   (会場から出てきた、一番乗りの皆さん)

    (提出の証、受理票を持って笑顔)

 

無事に提出を終えた皆さん、本当にお疲れ様でした。

学生生活で得た知識や経験、苦労や悩み、もしかすると涙など、様々なモノが盛り込まれた集大成だったのではないでしょうか。

今は苦しかったことしか思い出せなくても、時間が経過して見返してみると、指導を受けた先生や、共に学んだゼミの仲間たちのことを、素敵な思い出と一緒に思い出せると思います。

 

この後は、2月9日から12日まで、いよいよ本当の最終関門「卒業論文発表会」が待っています。万全の準備をし、最高の発表をして、大学を巣立ってください。

 

以上、実は卒業論文をチェックしていた一人、学務課のアカザワでした。

 

平成31年1月18日(金)第440号『願い』

投稿日:2019 年 1 月 18 日    カテゴリー:スタッフ日記

早いもので、1月も半ば、

平成の時代は残すところ3ヶ月半足らずとなりました。

 

5月1日の即位の日が近づくにつれ、

昭和から平成に代わったあの時のような、

何かしら不思議な雰囲気に包まれる感覚がやってくるのでしょうか?

 

さて、そんな中で、明日から2日間、

平成最後の大学入試センター試験が行われます。

大学入試センターによると、

志願者は、全国で57万6千人以上、宮崎県内では4千5百人以上。

その一部の志願者の皆さんが本学で受験されます。

そのために、今日から3日間は、

会場準備や不正防止などのため

大学敷地内は試験関係者以外立入禁止となります。

いつも、学内を散策されたり、

図書館や食堂をご利用されている方には

ご不便をお掛けしますが、

ご理解とご協力をお願いします。

 

今週、センター試験がトラブル無く実施されること、

受験生の皆さんがベストなコンディションで試験に臨めることを願いつつ、

職員による大学周辺道路のボランティア清掃を行いました。

明日から大学受験の本番を迎える受験生の皆さん、

自分を信じて最後まで諦めずに!

夢へのチャンスを掴んでください!!

講堂前の桜が、

大きく広げた枝に、たくさんの冬芽を付けています。

新入生を迎える春の準備は順調のようです。

 

企画総務課 カワノがお伝えしました。