2017年2月10日(金)第350号『春』

投稿日:2017 年 2 月 10 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記

先週の土曜日(2月4日)は「立春」、暦の上では春がきました。

2月になると、宮崎(県内)は、スポーツキャンプ一色と言ったところです。

プロ野球では読売巨人軍、福岡ソフトバンクホークス、オリックスバファローズ、広島カープ、埼玉西武ライオンズ、東京ヤクルトスワローズ(ファーム)、東北楽天ゴールデンイーグルス(ファーム)が県内各地でキャンプに入り、練習や紅白戦を行っています。また、2月末には韓国の2チームもキャンプに入り、2月28日から3月4日にかけて日本の4チーム(ソフトバンクホークス、西武ライオンズ、楽天ゴールデンイーグルス、千葉ロッテマリーンズ)とともに6球団による球春みやざきベースボールゲームズ(合計9試合)が開催されます。

また、Jリーグのキャンプも県内各地で行われており、今年は19チーム(鹿島アントラーズ、ベガルタ仙台、大宮アルディージャ、横浜Fマリノス、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島、川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府、FC東京、アビスパ福岡、V・ファーレン長崎、徳島ヴォルティス、ツエーゲン金沢、FC岐阜、ファジアーノ岡山、FC町田ゼルビア、レノファ山口FC、横浜FC、栃木SC)がキャンプしており、トレーニングマッチなどを見ることができます。

 

私も先週末にはオリックスバファローズのキャンプに行き、間近で選手を見ることができました。特に、甲子園を沸かせ一昨年に入団した2人の若手投手の投球練習を至近距離で見ることができ、興奮しました。

また、同じ係の同僚達は毎年ガンバ大阪などのJリーグチームのキャンプめぐりをして、多くの選手からサインをもらったり写真をとったりして、上機嫌で月曜日に出勤して来ています。私も今年はできるだけキャンプを見に行き、楽しみたいと思います。

(清武総合運動公園 オリックスバファローズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月23日から2月26日までは、野球の侍ジャパンも強化合宿を宮崎(宮崎市木花)で行います。以前はイチロー選手も宮崎での強化合宿に参加しており、予想を超える観客が押し寄せていました。2月25日には宮崎公立大学や宮崎大学、宮崎県立看護大学などで二次試験(前期日程)が行われますが、その日に侍ジャパンとソフトバンクホークスとの試合も開催される予定となっていますので、受験生の皆さまは時間には少し余裕をもって試験会場への移動をされる方がいいかもしれません。

 

2009年7月24日に若手職員4人(コバヤシ・ツエ・アラキ・ハシモト)のリレー執筆で始まった花金も7年半続き、区切りのいい第350号となった今回はキノシタが書きました

プロ野球でホームラン350本以上の選手は28人、ミスタータイガース掛布雅之さんが349本ということですので、350号という数字は、ささやかに積みあがった数字ではありますが結構すごいなあと思います。ちなみに、Jリーグ(J1)で350試合以上出場している選手は46人ということです。

この週末は冷え込むようですが、受験生の皆さまにおかれましては、体調を崩されませんように。

今日の宮崎市は快晴、絶好のキャンプ日和です(2月10日 午前10時撮影)

2017年2月3日(金)第349号『公立大のクールな場所をご案内』

投稿日:2017 年 2 月 3 日    カテゴリー:おすすめスポット,大学の日常

先週の花金ブログでは、『MMUあったかスポット巡り』としてお送りしましたが、今週はその逆、『公立大のクールな場所をご案内』します。

 

まずは、ここ。

研究講義棟北、講堂西に位置する桜の木。ここは日当たりも悪く、かなり寒いです。その証拠に、この木の下には苔が生えています。

現在のこの木には、まだつぼみもありませんが、3月の卒業式や4月の入学式では、枝という枝に花を咲かせて華やかに、卒業生を見送り、入学式を迎える、という大事な役割を果たしています。

 

次にご紹介するのは、ここ。

 東駐車場から研究講義棟1階の101、102大講義室に抜けるこの廊下です。

去る1月14日(土)、15日(日)の2日間。全国の各大学等と同様に、本学でも大学入試センター試験が実施されました。この試験は、ご承知の通り、受験生の皆さんの進路を決める大事な試験です。
この試験では、不測の事態に対応するために各試験室と試験実施本部の連絡を密接に行うこと等を目的とした「連絡係」が各試験室前に配置されるのですが、本学会場の中でも最も寒い場所がこの廊下。陽が当たることもなく、ビル風も吹き抜けるこの場所に、1日中滞在する「連絡係」。その苦労が忍ばれます。

 ちなみにこの場所の中ほどには、全面ガラス張りのドアがあり、その場所ではダンス部部員の学生がダンスの練習を行っている姿が、しばしば見受けられます。

 

最後にご紹介するのはこの場所。


研究講義棟北側の研究室です。前回のブログでは、研究講義棟南側のグローバルセンターの様子をお伝えしましたが、同じ研究講義棟の建物でも、南と北では、陽の当たり方が全く違います。
そして今回ご紹介するのは、7階のとある研究室。暖房を入れてもなかなか暖まらないこの部屋で、ここの主であるウメヅ先生は、持参の水筒(の緑茶)で温まっています。

ウメヅ先生は、アカデミック・リーディングやライティングを学ぶ1年次の「基礎演習」やアクティブラーニングを実践する2年次の「基幹演習」をより良くするために尽力いただいています。

そして、権利の関係でお見せすることはできませんが、研究室の本棚には特撮ヒーローのフィギュアがずらりと並び、机には自作の特撮ヒーローのマスクもあり、安倍首相の推奨するクールジャパンを体現しています。

 

 

南北に長い日本列島は、四季折々で様々な表情を見せてくれますが、ここ南国宮崎の宮崎公立大学でも、小規模ながら場所に応じて、様々な姿を見せてくれます。

 

以上、今回のブログでは、私アラキが公立大のクールな場所をご紹介させていただきました。

2017年1月27日(金)第348号『MMU あったかスポット巡り』

投稿日:2017 年 1 月 27 日    カテゴリー:おすすめスポット,スタッフ日記,大学の日常

最近、寒い日が続いておりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回のはなきん担当、企画総務課ヒライの実家(兵庫県北西部)はこのような状況になっております。

This is 豪雪。

今週の月曜日(1/23)時点でのこの写真。積雪量は約1mと言ったところでしょうか…。 笑

雪がたくさん降る地方の皆さま、ぜひとも気をつけてお過ごし下さい。

 

初っ端からタイトルにそぐわない写真となりましたが、うってかわって、本日(1/27)の宮崎市は、なんと最高気温17度!

南国宮崎と言われる所以を、存分に発揮した気温となっています。

中央のエレベーター部分にも、教室の窓にも、青空が反射して映るくらい良いお天気です。

 

たまたま今日は暖かいですが、まだまだ寒い日々を快適に過ごすべく、今回は学内のあったかスポット3カ所をご紹介いたします!

 

まず訪れたのは、こちら!

勉強したり、本を読んだり、留学情報をシェアしたり!

研究講義棟が誇るあったかスポット①。3Fのグローバルセンター!

 

写真右側に見えるように、広々とある窓から、暖かな日の光が注ぎこみ、部屋中を暖めてくれます。

「朝イチは寒いけど、10時過ぎくらいから一気に暖かくなっていくよ。お昼前くらいには暖房も切っちゃうくらいだよ。」

と、グローバルセンターのコバヤシさんやニイナさんたちもおっしゃるほどの暖かさ!

 

学生の皆さん、10時以降が狙い目です!!

あったまりつつ、インターナショナルな情報をゲットしに足を運んでみてください!

 

続きましては、こちら!

明るい!あったかい!と言えばこちら!

あったかスポット②図書館です!(写真は、図書館内のブラウジングホールです)

 

図書館のおすすめポイントは、蔵書の数々を大切に守るため、温度とともに湿度も管理されているところ!

「寒いし、乾燥するから肌もカサカサするわ…」という学生の皆さん!(あれ?私だけでしょうか…?笑)

お肌もカサカサから守りつつ、勉強に読書にぜひぜひご活用ください。

 

ちなみに、暖かさとしては、上の写真のブラウジングホールの方が暖かいですが、静かに集中型の方には、こちらもおすすめ!

個室机ゾーン

個室研究室ゾーン

どちらも南側に面していて、暖かい光が入ってきます!

今日のようにお天気がいい日は、ブラインドも上げて勉強をするのもよいかもしれません。

 

最後にご紹介するのはこちら!

中庭。そう、外です。

学内あったかスポット最後の③は、中庭のベンチ!

 

まだ少し、活用シーズンには早いですが(笑)、今日くらいの気温であれば、

(日中なら…)ちらほら見えるベンチに座ってお昼ご飯もおすすめです!

 

強すぎる日差しも、木々が適度に遮ってくれるので、ゆったりと長時間過ごせます!

(もう少し暖かくなれば…)私もベンチで読書でもしてみようと思います♪

 

コートがいらない時期になるまでは、 ぜひ暖かい飲み物でも持って、読書に、友との語らいに、ご活用ください!

 

 

【番外編】

学生の皆さんが足を踏み入れることの少ない、管理棟2階。

(ここに来るのは卒論提出の日が最初で最後だ…とも言われています。)

そこに、管理棟が誇る、あったかスポットがあります。

それは・・・

どどん。

事務局長室!!!

 

南側に面した大きな窓があり、さんさんと日の光が入ってきます。

そこはまさに、あったかスポット!

 

せっかく学内各所を紹介するんだから、学生さんが日頃足を踏み入れないところを…!と思い、

お仕事中のスギマツ局長に出演協力をいただきました。

(忙しい中にお邪魔しましたが、さすが心もあったかです!)

 

以上、番外編も含めつつ、MMUあったかスポットのご紹介でした!

2017年1月20日(金)第347号『卒業生インタビュー』

投稿日:2017 年 1 月 20 日    カテゴリー:スタッフ日記,大学の日常,学生の活躍

初めて花金を担当します、図書館のカリシュウと申します。よろしくお願いいたします。

 

1月14、15日の両日に実施されたセンター試験も無事終了し、4年生の卒業論文提出日も間もなくとなりました。着々と新年度に向けて進んでいくのを感じます。

 

さて、図書館には6名の学生アルバイトさんがいるのですが、今年度の勤務は今月まで。

4年生のお二人とお会いできるのもあと少しです。

せっかくなのでお二人の話が聞きたいと思い、インタビューを申し込むと快く答えてくれました。

答えてくれたのは、辻ゼミのトヤマさん、中山ゼミのノダさんです。

 

 トヤマさん                          ノダさん

 

Q: 3年間の図書館アルバイト、おつかれさまでした。昔から本はよく読むのですか?

トヤマ:昔は読んでいませんでした。読書をすると寝落ちしてしまうタイプです(笑)。

でも図書館でバイトをするようになって、返却本を見ていたら面白そうな本がたくさんあって気になったので、徐々に読むようになりました。

ノダ:最近は時間が割けていないのですが、昔から読書は好きでたくさん読みました。子供の頃は休日に図書館に行くのが習慣で、司書や本屋の仕事に興味もありました。

 

Q:真逆の読書歴ですね。では図書館でアルバイトをしてみて面白かったことや感じたことはありますか?

トヤマ:本の大切さを実感しました。汚されたり、マーカーで線を引かれたりしている本も意外とあって、図書館の本は皆の物なので大切にしてほしいと思います。

ノダ:人の好みが本から垣間見えるのが面白かったです。自分では普段読まないジャンルの本でも、返却作業で手に取ってみて興味が出てくることもありました。

 

Q:では大学生活について。4年間を振り返ってみていかがですか?

トヤマ:あっという間でした!私はお花畑サークルというボランティアサークルで、清掃やイベントスタッフなどたくさんの活動をしました。バイトも違う職種をいくつかしたので、学生時代に様々な経験ができて良かったと思います。

ノダ:部活が一番印象深いです。アカペラ部の部長をしていました。中学・高校でも音楽部の部長をしていたのですが、大学では、地域の方やメンバーなど、よりたくさんの方に恵まれ、支えられていることを実感しました。

 

Q:さて、もうすぐ卒論提出ですが、進捗状況はいかがでしょう?

トヤマ:頑張ります(笑)!追い込みの時期なので大変です・・・。

ノダ:まだまだですが、しっかり完成させたいです!

 

Q:卒業後の進路をお聞きしてもいいですか?

トヤマ:銀行に勤めます。毎日明るい笑顔を心掛けたいです。学生と違って規則正しい生活をしなければならないので、まずは早起きから頑張ります!

ノダ:中学校の英語の先生になります。教師は子供の頃からの憧れでした。誰かの人生に関わることに誇りを持って、子供たちと一緒に成長していきたいです。

 

Q:もうすぐ春休みですね!何か予定は決まっていますか?

トヤマ:友人と京都などへの卒業旅行を計画しています。ゆっくりしたいですね~。

ノダ:卒業旅行をしたいと友人と話してはいるのですが、まだはっきりとは決まっていません。新任の教員になるので、春休み中も勉強を怠らず頑張りたいです。

 

トヤマさん、ノダさん、お忙しい時期にありがとうございました!

卒論について尋ねるとどちらからも苦笑が漏れていましたが、しっかり者のお二人なので、心配は無用であろうと思っております。

春休みの2か月間でしっかり充電して、素敵な新社会人になってくださいね!

 

2017年1月13日(金)第346号『ちいさなお客様の来学』

投稿日:2017 年 1 月 13 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記

今週はすごい寒波が来襲しているようですね。

九州以外は寒波に覆われて、北日本や北陸はひどい天気になっているようです。

宮崎は、寒波の影響がひどくないとはいえ、最低気温が0℃近くで、

朝起きるのが辛いです。

今年の年始は暖かい日が続いていました。

特に3日は最高気温が20℃と3月下旬並みの暖かさでした。

本格的な冬将軍の到来とのギャップに体調を崩しそうです。

皆様もインフルエンザの予防や体調管理にお気を付けください。

 

さて今週は、

宮崎大学附属小学校2年生のみなさんが本学の見学にいらっしゃいました。

総勢32名のかわいらしいお客様でした。

 

活科校外学習「ぼく・わたしの町たんけん」ということで、本学も含め地域のいろいろな施設や商店などを見学するようです。

まずは、出迎えたとき、大きな声でご挨拶をいただきました。

その後103大講義室で本学に関する説明をしました。

 

2年生ということで、資料の漢字をどれだけ使用していいかわからず、

数字とひらがが画面を多く占めています。

公立大学の学生数や施設の概要、小学校と違うところを説明しました。

児童の皆さんは私語もせず熱心に耳を傾けて説明を聞いていました。
その後の質疑応答では、

公立大学ができて何年経ったのか、どのようなことを教えているのかなどといった質問が出されました。

学習意欲も旺盛で質問もたくさん出されました。

画板のようなものにプリントを挟んでメモを取っており、

覗き込んでみると、非常に細かくきちんとメモが取られていました。
自分が10歳くらいのころ、こんなに熱心に勉強していたかなと振り返りましたが

なにせ30年以上も前の事なのでよく覚えていません。

ただ、優秀な生徒さん達だなという印象がありました。

 

その後、食堂、図書館と案内しました。

移動の時も列を乱さず、しっかりついてきてくれます。

 

図書館では、まず、館内を見学しました。

特に移動書棚では、ボタン操作で、自動で動く書架を見て思わず声を上げる児童のみなさんが印象的でした。

それでも、図書館ということですぐに静かになり、移動を再開しました。

 

蔵書数や利用者数、日常の業務について説明のあと質疑応答となりましたが、

ここでも熱心に質問が出されました。

 

 

最後、お別れのご挨拶をして終了です。

これから、次の見学予定である商業施設に向かうとのことでした。

将来、10年後、この大学に入学してくる子もいるかもしれないなと感慨深く見送りました。

 

以上、総務係コニシがお伝えしました。