令和5年12月22日(金)第531号『教員を目指す学生の姿』

投稿日:2023 年 12 月 22 日    カテゴリー:お知らせ,大学の日常

2023年もあと10日ほど。みなさまはどのような1年を過ごされましたでしょうか。

見事世界一を勝ち取った「サムライジャパン」のキャンプ地として盛り上がった2月が、遠い昔のように感じます。

 

さて、本学では英語の教員免許状(中学校・高等学校)が取得できることをご存じでしょうか。現在、約90名の学生がこの教職課程を履修しています。

また、九州地区では令和6年度の教員採用試験について1か月程度の前倒しが決定しています。そのため毎日担当教員の指導を受けながら、寸暇を惜しんで勉強に励んでいます。

今回は、来年度の教員採用試験を受験予定の学生2人に、話を聞きました。


宮崎県出身(3年生)

もともと物事を人に教えることが好きでしたが、中学生の頃、英語の教科担当に憧れを持ち、教員を目指すようになりました。そして英語の教員免許を取得でき、また好きな英語だけでなく幅広い分野を学べるMMUに入学を決めました。

授業やゼミ、教採の勉強と忙しい毎日を過ごしていますが、好きなアーティストの推し活をするなど、ONとOFFをしっかり分けて、集中して取り組むようにしています。

教員採用試験で求められる教職教養については、教職支援室の曽我先生にご指導を頂きながら演習に取り組んでいます。大学の講義と並行するのはしんどいこともありますが、教員になるという長年の夢に向かい、先生方のご支援もいただきながら日々の努力を続けています。

推しのタオルを傍らに勉強中


広島県出身(3年生)

隣のクラスの先生に親身に相談に乗っていただいたことがあり、私も生徒のためにどんなときも、熱心に向き合えるような教員になりたいと思っています。また、私は英語が苦手でしたが、褒めながら長所を伸ばしてくださる英語教員と出会い、いつしか英語が好きになりました。この経験から、英語を苦手とする生徒に学ぶ楽しさを教えられる、そんな教員を目指しています。

休憩の時も洋楽を聞き、少しでも英語力を高める努力をしています。そしてたまには好きなアニメやYouTubeを見て、リフレッシュしています。

学校での勉強と教採対策の両立は大変ですが、”未来の教員になった自分”を想像し、「これまでの学びを生徒に還元するため」という意識を持ち、日々の勉強に励んでいます。また、毎日ご指導くださる先生方や、一緒に勉強を頑張る仲間がいるので、その思いも胸に、採用試験に挑みたいと思います。

図書館での勉強中にお邪魔しました!


インタビューにお答えいただいたお二人、ありがとうございました!

 

このように現役合格を目指し勉学に励む学生だけでなく、大学院進学や企業への就職を経て教員を目指す学生もいます。これからも教員免許状の取得を目指す学生を、関係教職員全員で支援してまいります。

 

2023年最後の花金は、今話題の大谷さんと同じ、背番号17を社会人チームで背負う学務課カネマルがお送りしました。

どうぞよいお年をお迎えください。

Merry Christmas!

令和5年11月24日(金)第530号『宮崎公立大学開学30周年記念式典が行われました!』

投稿日:2023 年 11 月 24 日    カテゴリー:大学の日常

11月4日(土)、宮崎公立大学開学30周年記念式典が行われました。

国会議員の皆様をはじめ、河野宮崎県知事、県内の大学・高校等より104名のご来賓の方々のご出席をいただき、本当にありがとうございました。

(当日の様子についてはトピックスの方で詳しくお知らせしていますのでぜひご覧ください。)

おかげさまで、記念式典、記念講演会、ローカルホッパーコンテスト等、30周年の節目となる一連の記念行事を滞りなく無事に終えることが出来ました。

また、この30年間、宮崎公立大学を温かく見守ってくださった地域の皆さま方へ心より感謝申し上げます。

公立大が開学した平成5年は、皇太子様と雅子様のご成婚の年で、今でもその華やかなパレードの映像が思い出されます。自分事としては長女が誕生し、よちよち歩きからお喋りができるようになり・・・と子どもの成長は本当に早いもので、長かったような短かったような、あっという間の30年だったような気がします。

 

ここ公立大の広い中庭には、立派なケヤキやクスノキが植えられていて、春には温かい風を運び、夏にはいっぱいに茂った葉が木陰を作り、秋には黄葉した落ち葉が舞い散る・・・といった四季折々の姿を見せてくれます。地域の皆さまと同様、公立大が生まれたときからずっとその成長を見守ってくれているようです。

30年の節目を迎え、あらためてスタート地点に立ったという気持ちで公立大の業務に携わっていきたいと思います。

今回の花の金曜日は、企画総務課のナガトモが担当させていただきました。

 

中庭には造園業者さんの粋なはからいで、『30』という花文字を作っていただきました。その周りには鮮やかなケイトウやマリーゴールドの花が30周年を華やかにお祝いしてくれています。

公立大東側駐車場横にそびえるイチョウの木も鮮やかな黄金色に輝いています。

 

令和5年10月27日(金)第529号『第31回宮崎公立大学凌雲祭が開催されました!』

投稿日:2023 年 10 月 27 日    カテゴリー:学生の活躍

10月21日(土)、22日(日)の秋晴れの中、第31回宮崎公立大学凌雲祭が開催されました。

4年ぶりに一般の方にも来場いただける形式での開催に加え、学生による出店やお化け屋敷、縁日、昔遊び広場など、小さなお子様にも楽しんでいただけるよう実行委員の学生達が約半年の間、準備を重ねてきました。

 

今年度実行委員の中心として活動してくれた3年生は、1年生の時から凌雲祭に関わってくれていた学生が多く、先輩達と一緒に行った過去2年間の経験と、新しい独自の企画で今回の凌雲祭を作り上げてくれました。

盛りだくさんの企画の中から少しだけ当日の様子をお伝えします。

出店局の皆さん!出店局の局長が一から調べて出店を復活してくれました。 出店してくれた7団体のみなさんありがとうございました。

 

宮崎青年会議所さまによるJC太鼓!とても迫力があり見ごたえのあるものでした!

縁日にはお子さんがたくさん来てくれました!綿あめが自分で作れるとあって大人気でした!

お化け屋敷の皆さん!とてもリアリティがあって大盛況!1年生も含めて夜遅くまで準備を頑張っていました!これだけの大人数をまとめてくれた局長、副局長お疲れさまでした!

縁の下の力持ち!屋外局の皆さん。当日は駐車場整理やゴミステーションの運営など本当に支えてくれました。

 

今回の目玉イベント!ネルソンズさんをお迎えするために頑張ってくれた広報局の皆さん。学生達が用意した宮崎名物づくしのおもてなしは、ネルソンズさんにも喜んでいただけたのではないでしょうか!

そして最後はこの5人!今留学中の学生も含め6人で、総勢約150人の実行委員学生の中心となり今回の凌雲祭を作り上げてくれました。毎日遅くまで人に見せない努力を重ねて学生達を引っ張ってくれた実行委員長をはじめ、とてもいいチームワークでした!

このほかにも、近隣への挨拶文配付や各部活動・大学側との調整、スポンサー企業様へのお願いなども含め、ここで紹介しきれないほど、見えない部分も含めて本当に大変だったと思います。

そんな学生達の姿を近くで見ることができて、感謝でいっぱいです。
また来年につなげていきたいと思います。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

10月は学生係のエビハラがお送りいたしました。

令和5年9月29日(金)第528号『石の上にも30年』

投稿日:2023 年 9 月 29 日    カテゴリー:お知らせ

正面からみたMMU

「宮崎公立大学は、広く知識を授け、深く専門の学術を教授研究し、高い識見と国際的な視野を持つ人間性豊かな人材を育成するとともに、広く地域に開かれた大学として生涯学習の振興、産業経済の発展及び文化の向上に貢献することを目的」(宮崎公立大学学則第1条から抜粋)として1993(平成5)年に開学し、今年2023(令和5)年に開学30周年を迎えました。

 

開学10周年には公立大学として地域貢献の充実を図るため、その拠点となる凌雲会館を建設し、開学20周年にはスターリング大学(英国)との学術交流協定締結による国際交流の発展を図るなど、本学は節目となる年に、その魅力を高めるための事業に取り組んできました。

そして、開学30周年となる今年は、「「学生に」「知らなかったことに出会える、未知のものを生み出せる、新しい自分になれる機会を」「集まりたくなる、来たくなる場を作ることによって」提供する」という事業コンセプトの下、各事業を実施しています。今回は、既に完成・完了した事業、そして近日中に実施する事業を、この場を借りてご紹介します。

 

まずはじめに、「福利厚生棟改修事業」(学生食堂の改修)です。
これは、昼食の時間は寛ぐことができ、それ以外の時間では自習のほか、グループワークを通して交流できる空間づくりのため、学生食堂の大幅なリニューアルを行ったものです。床の張替えをはじめ、机や椅子の入れ替え、レイアウトの工夫など、専門家の意見を取り入れ、コンセプトに沿った空間づくりを行いました。

リニューアルオープンした学食

 

次に、「就職活動支援事業」(ワークブースの設置)です。
コロナ禍を経て、企業や自治体の採用選考において様々な場面でオンライン化が進んでいることを踏まえ、大学としてその支援策の1つとして、オンライン対応のスペースを設置しました。これにより、学生が慣れないオンライン面接の準備に煩わされることなくweb面接等に集中することで、本来の実力を発揮することのできる環境づくりを行いました。

学生が集中できるよう、備品等も設置

 

そして、11月4日(土)に実施する「MMU Local Hopper Contest」(LHC)

「記念式典、記念講演会及び卒業生との交流会」です。

当日は、記念式典、講演会に続き、LHCを実施します。これは、学生グループが地元企業や団体が抱える課題について、各団体との対話やフィールドワーク、グループワークを通じて、その対策方法を考え、発表するというものです。当日は19名の学生が9グループ(1テーマに3グループずつ)に分かれて発表を行い、課題を提案していただいた地元企業や団体に、その審査を行っていただきます。

最後に、その日の締めくくりとして、本学同窓会凌雲なな会様の主催により、同窓生(卒業生)と学生の皆さんが交流できる場を設けていただきます。

コンテストの募集ちらし

 

このように、2023(令和5)年の開学30周年記念事業では、学生をメインターゲットとした各事業を展開していきます。
今回の各事業が何かのキッカケとなり、学生の主体的な取組みを促し、ひいては宮崎のさらなる活性化の一助となれば、と考えています。

 

以上、今週の花金は開学30周年記念式典等の運営に携わらせていただいている経理係のアラキがお送りしました。

講堂側からみたMMU

令和5年9月1日(金)第527号『新任の教員を紹介します!』

投稿日:2023 年 9 月 1 日    カテゴリー:大学の日常

学生の皆さん、夏休みはいかがお過ごしでしょうか。

夏休み期間の大学は行きかう人もまばらで、静かーな日々が続いています。そんな中、

9月1日から2名の教員が宮崎公立大学に赴任されました。

今回は、お二人の先生から学生の皆さんへのメッセージをお届けします。

 

まず1人目は、モーク・カタリーナ教授です。

 

<学生の皆さんへ一言>

私の名前はCathrine-Mette Morkです。ノルウェーの名前なので、発音がちょっと難しいかもしれません。大学では皆さんが「モーク先生」と呼びますが、「Trine(Treenuh /トリーナ)」と呼んでもらってOKです。モントリオール出身のカナダ人なので、日本語、ノルウェー語、スペイン語に加え、フランス語も話せます。1995年からずっと日本に住んでいます。やっぱり日本が大好きです!研究テーマはCLIL、CALL、と異文化コミュニケーションです。MMUでは、「英語」、「スピーチ」と「ゼミ」の授業を担当します。学生が目標を達成する手助けができることを楽しみにしています!

 

2人目は、リチャーズ・ポール准教授です。

 

<学生の皆さんへ一言>

初めまして。リチャーズです。

後期から英語関連の授業を担当することになりました。

私はどうしようもない言語オタクなので、言語の面白トーク(英語や日本語の「あるある」話等)をしたい時に気軽に研究室に遊びに来てください。研究室では子供のころ遊んでいた戦隊のフィギュアが目立つと思います。飾っているのは日本に興味を持つようになった最初のきっかけかもしれないことと、「くだらない事でも人生に大きな影響を及ぼす力を秘めている」という素敵なメッセージを伝えたいから...と自分には言い聞かせています。(本当は今でも格好いいと思っているから部屋にあります。)よろしくお願いします。

 

 

さて、突然話題は変わりますが、学生の皆さんは学内のAED(自動体外式除細動器)が設置されている場所をご存知でしょうか。

 

「管理棟事務局」、「研究講義棟5階ホール」、「凌雲会館入口」、「体育館ホール」の4か所に設置しています。そのうち管理棟事務局のAEDを、このたび屋外に移設しました(管理棟掲示板の横)。これにより、大学が休みの日でも、学生に加えて地域住民等が使用できるようになりました。

 

 

AEDは日常的に使用するものではないので、あまり意識することはないかもしれませんが、もしものときのために、ぜひこの機会に一度確認してみてください。

以上、今回は総務係がお届けしました。