平成30年1月19日(金)第393号『防災・減災のために』

投稿日:2018 年 1 月 19 日    カテゴリー:イベントレポート,スタッフ日記

こんにちは。

センター試験も無事終了し、事務局としては、ほっと一息というところです。

学生の皆さんは、卒論や後期定期試験勉強に追われる日々ですね。

 

今回の花金では、水・木(17日と18日)に行われた「普通救命講習会」の様子を

ご紹介したいと思います。

この講習会は、辻教授の「自然災害と防止・減災」の受講生のうち、防災士資格取得試験の受験希望者を対象に実施されたものです。

 

※以下のリーフレットとビデオで手順を確認した後に、実技指導を受けました。

〇あなたにもできる応急手当 救命処置(CPR+AED)

〇心肺蘇生の流れ(ガイドライン2015)

〇安全の確認からAEDの使用までの流れ

(会場:交流センター多目的室)

〇7~8人のグループに分かれ実技訓練開始

〇心肺蘇生法(CPR)の胸骨圧迫

肘をまっすぐ伸ばして手の付け根の部分に体重をかけます

〇自動体外式除細動器(AED)を使用

電流がきちんと流れるよう、電極パッドを貼る位置にも注意

〇AEDを使用しての胸骨圧迫

ところで、防災士って何か、ご存知ですか?

防災士は、特定非営利活動法人日本防災士機構が認証する資格のことです。

同機構においては

【防災士は“自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを、日本防災士機構が認証した人である。

1.自助―自分の命は自分で守る。

2.共助―地域・職場で助け合い、被害拡大を防ぐ。

3. 協働―市民、企業、自治体、防災機関等が協力して活動する。 】とされています。

 

本学の学生で、防災士になりたい人は、

「自然災害と防災・減災」を受講して、履修証明を取得し、資格取得の試験を受験。

試験合格及び「救急救命講習」終了証を取得して、日本防災士機構への「防災士認証登録申請」を行えば、晴れて防災士に認定されます。

(本学以外では、宮崎県が防災士養成研修を実施しています。)

 

さて、「1・17」【平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災】から、今年で23年が経過します。

死者 : 6,434名、行方不明者 : 3名、負傷者 : 43,792名

「3.11」【平成23年3月11日に発生した東日本大震災】では、

死者 : 15,893名、行方不明者 : 2,556名、避難者 : 130,740名(2016.12.9現在)

 

国や地方自治体は、市民の命を守るため、「公助」としての施策を実施していますが、この二つの震災から私たちが学んだことは、「公助」だけでは、足りないということです。

 

自分の命は自分で守る。そして近隣や地域内での助け合いで、被害を少なくできます。

 

救急救命講習会の様子をチラッとご紹介、のつもりでしたが、その背景にあるものをお伝えしようとして、少し堅苦しくなりました。🙇

 

なお、今回の講習会では、のどに異物が詰まった人への対応や止血法も習いました。

災害時だけでなく、いざという時に、とても役立つ内容でした。

皆さんも、まず、AEDの場所(本学には4か所に設置しています。)の確認から始めてみませんか?

以上、事務局のウメムラがお伝えしました。

 

2018年1月12日(金)第392号『3年生の就活準備』

投稿日:2018 年 1 月 12 日    カテゴリー:イベントレポート,スタッフ日記

こんにちは、学生・就職支援室のヤマモトです。

年も明け、現3年生は3月1日から就職活動がスタートします。学生・就職支

援室では、学生たちが就職活動にスムーズに入っていくためにさまざまな取り

組みを行っています。

今回は12月に行った取り組みについて紹介します。

まずは、業界を知るための業界研究セミナーです。幅広く業界を知ってもらう

ため、各業界の人事の方に大学まで来ていただき説明会を実施しています。

エアライン、銀行、損保、信金、ホテル、商社などの業界研究セミナーを行いました。

 

【エアライン業界セミナー】

CAやグランドスタッフを目指し真剣に聞いています。

 

【銀行業界セミナー】

銀行の仕組みや機能、銀行が果たしている役割等の説明がありました。

本学卒業の先輩が、会社での働き方や休日の過ごし方を話してくれました。

 

【ホテル業界セミナー】

リゾートホテルを運営している星野リゾートの方から、ホテル業界の動向や

ホテルでの働き方などについて学びました。

 

次に面接対策です。4日間にわたりマナー実践練習を行いました。

元JALとANAのCA出身の講師から面接時の身だしなみ、発声、立ち居

振る舞いなどについて指導していただきました。

練習で学んだことを活かし、実際の面接では自信を持って臨んでもらいたい

です。

最後に福岡就活バスツアーの紹介です。3月1日と3月9日に福岡の

ヤフオクドームで大規模な合同企業説明会が行われます。本学からも

毎年100名前後の学生がこの説明会に参加しています。

自分の夢に向かって学生たちが積極的に行動してくれることを願っている

ヤマモトがお伝えしました。

平成30年1月5日(金)第391号『新しい年、これからの未来に向けて』

投稿日:2018 年 1 月 5 日    カテゴリー:イベントレポート

あけましておめでとうございます。

新年第1号の花金を担当します企画総務課のクワバラです。

久しぶりの執筆で、昨年末から「何を書こうかなあ」とワクワクしながら考えを巡らせていたのですが、結局何も思い浮かばないまま今日を迎えました。

 どうしよう…

そうだ! 今年の干支の「いぬどし」であいうえお作文を考えてみます。

い … いっしょうけんめい

ぬ … ぬ?

 『ぬ』が思い浮かびません。ぬうっと、ぬらりと。

 どうしよう…

 そうだ! 昨年末に行われた「企業・自治体訪問報告会」の模様をご紹介します!

 

年末も押し迫った1226日(火)に、「キャリア設計Ⅰ」講義での初めての取り組みとして、宮崎県内のさまざまな企業・自治体を訪問した2年生が、そこで学び得た成果を発表する報告会が開催されました。

 配布されたパンフレットの表紙には、今回訪問した企業・自治体の名前がズラリと                  並んでいます。

交流センターの多目的ホールに足を入れた瞬間、多くの学生たちの熱気で圧倒されます。

報告は、エリアを3つに分け、各エリアで30分間行われました。

冒頭で紹介したパンフレットには、企業情報だけでなく、訪問時にインタビューした内容、宮崎で働くことのメリット・デメリットがまとめられており、学生の皆さんは手作りのポスターとともに熱心に発表していました。

賑やかな会場の中では、皆に聞こえる大きな声で、要点を分かりやすく伝えなければならず、プレゼンテーションの力も求められます。

また、訪問先企業・自治体の方々も報告会にお越しくださり、発表する学生の背中を押してくださっていたようです。

3年生になってから本格的な就職活動が始まりますが、さまざまな業種で活躍されている社会人の先輩方と早い段階で接することができる、とても良い機会だったのではないでしょうか。

 

 

私が所属する経理係では学生と接する機会がほとんどないため、このように生き生きとした学生たちの活動を見て、とても刺激を受けます。

同時に、一人ひとりが本学でやわらかな知性を身につけ、社会へ羽ばたけるよう、抜け目なく仕事に励みたいと心新たにした時間でした。

 

そうだ! 『ぬ』は“抜け目なく”でいこう。

 

い … いっしょうけんめい

ぬ … 抜け目なく

ど … どーんと構えて

し … 仕事をするぞ!

 

今年一年もまた宮崎公立大学をよろしくお願いいたします!ワン!

平成29年12月22日(金)第390号『2019年に向けて』

投稿日:2017 年 12 月 22 日    カテゴリー:スタッフ日記

2017年 最後の花金です。

もういくつ寝るとクリスマスにお正月、成人式とイベントが続きます。

なんだかそわそわしてしまう時期ですが、試験の時間割が発表になりましたね。

4年生は、卒業論文作成も佳境でしょう。

でも、冬休みの間だけ、色々忘れて「今」を楽しんでください。

 

さて、来年の話をすると鬼が笑うといいますが、飛び越えて再来年の話を・・・

2019年度入学の学生さんから、教職課程のカリキュラムが変わります!」

 

MMUでは、英語の教員免許状(中学校教諭一種、高等学校教諭一種)を取得するための教職課程を設置していますが、20194月以降も引き続き教職課程を有するためには、文部科学大臣に再課程認定申請を行わなければなりません。

全国の教職課程を有するすべての大学が、この申請に向けて悩み、もがき、苦しんでいます。

 

そんななか、同志社大学(京都市)にて開催された「教員免許事務勉強会」(主催:京都地区私立大学教職課程研究連絡協議会(以下、「京私教協」))に参加しました。

教員免許業務は、法律が複雑に絡んでおり、改正が行われるたびに各大学は右往左往しています。

法律を読み解き、・・・・・・・・・・・・・・・・、教職課程を開始する。

この「・・・」の中には、教職課程事務に関わる人々の汗と涙が滲んでいます。

 

そんな悩みを抱える全国の大学の教職課程事務担当者のために、一緒に勉強しましょうと誘ってくださる懐の深い、京私教協の方々に感謝しつつ、図々しく勉強会に参加させていただき、同じゴールを目指す方々と情報交換を行いました。

MMUの教職課程に活かすべく、たくさんの情報と人脈を持ち帰りました。

 

2019年度教職課程をスタートできるまで、この「教職課程認定申請の手引き」を

「抱いて寝る」、「眠れない日々」を過ごす学務課教職担当者です。

 

在学生の皆さんは、変更ありませんので、卒業まできっちり学んでくださいね。

 

来年度教育実習を予定されている皆さん、教育実習履修要件のスコアはクリアしていますか?

まだ証明書を提出されていない方、証明書の提出をお待ちしています。

 

卒業予定の皆さんは、年明けには、「教育職員免許状授与願」提出の案内があります。

提出はお早めに!

 

最後に2017年 どんな年でしたか?

楽しいこと、うれしいこと、しんどいこと、たくさんありましたね。

どなたさまにくる年も、良い年になりますように!

 

授業開始は、19日(火)です。

元気な顔でお会いしましょう。

 

新年の目標は、「健康第一」の学務課カワゴエでした。

 

平成29年12月15日(金)第389号『今年新しくなったもの・・・』

投稿日:2017 年 12 月 15 日    カテゴリー:大学の日常

今年も残すところ2週間余り。

 

ということで、「今年を振り返る」というアバウトなテーマを胸に、学生・就職支援室のある凌雲会館をスタートし、北から南へと学内をウロウロしてみました。

まずは、研究講義棟エレベーターホールの西側出入口

そして、福利厚生棟出入口と(分かりにくくて恐縮ですが)その奥の学食出入口

更に、管理棟北側出入口とその内側のドア

                                

もうお気付きの方もいらっしゃるかと・・・。

MMUでは、今年新しく5か所の出入口が自動ドアになりました。

 

単にバリアフリーが進んだだけでなく、日ごろ、大きな荷物を台車に積んだりして運ぶ機会のある私たち職員にとっても、とても便利で優しいドアです。

よく、「バリアフリーは結果的には皆にとって優しいもの」と言われますが、大きな荷物を運びながらこれらの自動ドアから出入りするたびに、妙に納得します。

 

さて、最後に、今年を振り返った後に、来年に向けて進んでいることを一つご紹介!

本日(12/15)まで、推薦入試Ⅰ・特別選抜・編入学の入学手続きを受付けています。

手続きをなさった合格者の皆さん、来年4月に皆さんをお迎えする準備も、少しずつ進んでいます。気が早いですが、桜満開の?4月に、皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

今週の花金は、「年齢を重ねるごとに、1年の月日が経つスピードが増しているような気がする」学生・就職支援室のカジワラがお届けしました。