平成30年2月15日(金)第397号『みなさん、春休みですよ!』

投稿日:2018 年 2 月 16 日    カテゴリー:大学の日常

みなさんこんにちは。

南国宮崎のさむーい冬をいかがおすごしでしょうか?

ここ数日はわずかながらあたたかさを感じ、梅の花を見て春が近づいてきているのだなとしみじみ感じているところです。

 

さて、大学では後期定期試験や卒業論文発表会も終わり、春休みを迎えました。

ごらんのとおり、キャンパスは閑散としています。

春休みとはいえ、教員や職員も同様に休みなわけではありませんよ!

仕事の内容こそ異なれど、色々とやることはあるのです。

でも、授業がないのに先生たちは研究室で何やってるの?という素朴な疑問にお答えするべく、不肖ウエゾノが研究室にほぼノーアポで突撃取材を敢行してまいりました。

 

春休みの過ごし方① 川瀬隆千教授の場合

みんなどうせ遊んでると思ってるんでしょ?まぁ確かに特にやることは…なんつって。

今は研究の成果をまとめ、論文を書いているところですよ。論文を書くためには文献を読んだりしないといけないけど、授業期間中にはなかなか時間が取れないんだよね。夏休みや春休みはまとまった時間が確保できるので、研究に集中できるとても大切な期間です。

あ、春休みといえば、新年度のために部屋の掃除もしたいんだけど、だいたい手つかずのまま4月を迎えちゃうんだよねー(笑)。

卒業論文発表会の冊子。

ゼミ生のイラスト力が半端ない!

 

春休みの過ごし方② 田中宏明教授の場合

卒業論文発表も終わり、やっと落ち着いたところです。
今は自分の研究をしていますよ。研究を進めるうえで必要な文献を読んだりとかね。あと、来年度の講義の準備も始めています。シラバスも書かなきゃいけないんだけど、学生の皆さんが理解しやすい講義を組み立てていくのがなかなか難しいんだよなぁ。
あ、学内のことではないんだけど、2月3月は、自治体とかの委員会の会議に出席することが多いですね。先日は消防士の発表会に出席したんだけど、大変良い発表を聞かせていただきました。

田中先生は本の並べ方が独特ですね!

 

春休みの過ごし方③ スコット ビンガム准教授の場合

やっと試験の採点がおわったよ…。
春休みは来年度の講義の準備をしなきゃだね。特に英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの準備がたーいんへん!
あとはこれから異文化実習の引率でニュージーランドに行かないといけないから、その準備もあるねー!結構バタバタだよー!

採点した試験の山が…。

 

春休みの過ごし方④ 野﨑秀正准教授の場合

やっと自分の研究に手が付けられるようになりました。主に、論文を検索して、自分の研究にあうものを読み漁っている状況ですね。その作業をずーっとしているとちょっと飽きてきちゃうので、来年の講義のネタ探しも並行してやっています。ネタを探すにしても、本を読まなきゃいけないんですがね…。
あとは、研究室のパソコンのデスクトップを2017年度版にしている(フォルダ分けとか)ので、既存のファイルとかを整理して、2018年度版に刷新しなければなと考えているところです。

ネタ探しのために読んでいる本。

 

春休みの過ごし方⑤ 山口裕司教授の場合

春休み?そりゃあ真面目に研究して、来年度の講義の準備をしているにきまっているでしょう(笑)。あとは結構会議がたくさんあるんだよね。
あ、そういえば、2・3月は花粉症がひどくなってキツイ!散歩もできなくて悲惨!卒論発表も終わって、ほっとする時期なのに非常に残念でならんですな。

 

春休みの過ごし方⑥ 宮元章次学部長の場合

卒論発表も終わって、なにしようかなーって悩んでる…ってことはありません!
日本学術振興会より助成を受けている科学研究費にて実施した研究の成果を論文にまとめ、今はその校正中です。来年度の講義準備としてシラバスも書かねば!と考えているところです。
あとは、社会貢献の一環として、いくつかのスポーツ関連の学外委員になっておりますので、ちょうど2・3月はその会議や各種行事に出席する機会が多く、土日も結構な頻度で活動しております!

 

以上、6名の先生方よりお話を伺いました。

皆様お忙しい中、突撃取材にお付き合いいただき本当にありがとございました!

 

さて、次は職員に話を伺ってみましょう。

春休み、どうですか??

 

春休みの過ごし方⑦ 附属図書館・サヤマさんの場合

今してることですか?今は照会の依頼が来ているのでそれに回答しているところですよ。
春休み期間中ですか?いろいろと仕事はありますが、来年度図書館に配架する雑誌の手続きがありますね。あ、来年度は洋雑誌のオンラインジャーナルが増えます(PR)!
個人的には、シマウマの赤ちゃんを見に、フェニックス動物園へ行きたいなーと。

 

春休みの過ごし方⑧ グローバルセンター・ゴトウさんの場合

今は5月の蔚山大学の短期研修のプログラムを作成中です。作成にあたり、関係者の方々や企業に打診・調整を行っているところです。
個人的には、ここ最近披露宴にお呼ばれする機会が多く、しばらくは続きそうです。あとは、夏休みに向けた体づくりに精を出してマス(笑)!

 

春休みの過ごし方⑨ 入試広報係・トオダさんの場合

前期試験の準備真っ只中です!バタバタです!ヒーヒー言ってます!前期が終わったら合格発表して、入学手続きがあって、後期の入試があって、合格発表して入学手続きがあります!
入試シーズンが終わって、好きなアーティスト(ゆ〇)のコンサートに行くのを楽しみにしています!

 

春休みの過ごし方⑩ 教務係・アイザワさんの場合

春休み期間中は、来年度のシラバス作成を先生方にお願いしたり、教職課程の再課程認定に向けた業務、また卒業証書の作成に関する業務が中心となります。
私もトオダさんと同じく、この時期を乗り越えたら、好きな声優さん(前〇智昭)のイベントに参加するのをたのしみにしています。

以上、職員もあわせて10名の春休みの過ごし方をご覧いただきました。

パッと思いついた企画だったのですが、結構長くなってしまいました。

それにしても、みなさん業務に真剣に取り組まれている様子…。私も見習わなければ!

以上、MMUの教職員が春休みにも頑張っているんだぞ!というところを、不肖ウエゾノがお伝えいたしました。

次回の花金もどうぞおたのしみにー!

 

平成30年2月9日(金)第396号『新聞・雑誌、図書等の無料配付を実施中!』

投稿日:2018 年 2 月 9 日    カテゴリー:お知らせ,イベントレポート,スタッフ日記

25日、午前9時。

図書館の入り口で数人の学生が列を作っています…

何かを待っている様子。いったい何が始まるのでしょうか。

 

図書館では学生・教職員を対象に、年2回にわけて新聞・雑誌、不要になった図書等の

無料配付を行っています。

この日は、無料配付の開始日だったため、9時の開館と同時に

無料配付会場の新聞配架室を目指して学生が続々と入ってきました。

    

目当ての雑誌に一直線の学生や、吟味している学生で配付会場は一気ににぎやかになります。

明るい表情で配付会場を後にする学生達。気に入ったものがあったのでしょうか。

 

数日前から配付資料の準備を行い、配付開始前は多くの資料であふれていました。

図書館では多数の新聞・雑誌を購読しているため、半年でも相当な量になります。

これだけの資料を図書館で保管し続けることはできませんが

ただ廃棄してしまうのはもったいない!それなら、欲しい人に配付して、有効に活用してもらおう!

ということで、図書館にも利用者にもうれしいイベントとなっています。

 

普段、なかなか手に取らない雑誌も、この機会に読んでみると

意外な掘り出しものが見つかるかもしれません。

新聞・雑誌、不要になった図書等の無料配付は219日(月)まで行っていますので

興味のある方はぜひご来館ください。

また今回、写真を掲載している配付会場(新聞配架室)とは別に図書館カウンターでも

図書の無料配付を行っていますので、そちらも併せてご覧ください。(こちらの配付期間は未定です。)

 

以上、図書館:サヤマがお送りしました。

 

平成30年2月2日(金)第395号『球春到来』

投稿日:2018 年 2 月 2 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記

2月4日は「立春」、暦の上では春です。待ちに待った春です。

2月になると、南国宮崎は、野球やサッカーなどのプロスポーツの春季キャンプが始まり、スポーツキャンプ一色と言ったところです。

毎年、色んな球団の春季キャンプを見に行っていますが、いつもテレビで見ることしかできない選手を間近で見ると、本当に興奮します。

くわしいキャンプ情報は、「みやざき観光情報 旬ナビ」で検索してください。

 

さて、本学では今日(2月2日)まで後期定期試験でした。

卒業を控えた4年生は卒業論文の発表会など、まだまだ気が抜けないようですが、皆さんにお願いです。

卒業に伴って、大学生活を過ごしたお家から引越しをされる方も多いかと思います。

「この本、買ったけど読まなかったし、この先も読まないかな…」

「引っ越し先は、この本やCDDVDたちを置くスペースがないから処分しようかな

「卒業を機に、家にあるモノ、断捨離しよう!!」

そんな皆さま方、チャンスです!良いタイミングです!!その処分、ちょっとまった!!!

なんと、MMUでその本たちを、活用できる制度があります。

その名も、「ブックループ」!!!

5冊以上であれば、送料無料にて、宅配業者による集荷をしております。

フリーダイヤル 0120-826-292 (提携会社:バリューブックス)

「宮崎公立大学古本募金ブックループの申込み」とお伝えください。

Webからでもお申し込みいただけます。

https://www.furuhon-bokin.jp/miyazaki-mu/apply/

また、学内に投函箱も設置しています。

設置場所:図書館・事務局・インフォメーションホール・学生食堂の入り口等

ご協力いただける方は、ぜひよろしくお願いします!

 

いただいた古本は提携会社を通して、買い取られ、宮崎公立大学への募金(寄附)となり、学生支援の充実にあてることにしております。

 

今年度は、栄養バランスのとれたランチを食べて、健康で充実した学生生活を送って頂こうと、副菜の代金の一部を補助いたしました。

 

ちなみに、今月の月刊パームスにもブックループが紹介されていますので、探してみて下さい。

月刊パームスは、「ミヤザキイーブックス」で検索してください。

 

以上、経理係のフクダでした。

 

 

平成30年1月26日(金)第394号『卒業論文提出日』

投稿日:2018 年 1 月 26 日    カテゴリー:スタッフ日記,大学の日常

今週23日火曜日は卒業論文提出日でした。

宮崎公立大学では卒業論文提出のための会場が設置されます。

ここでは卒業論文の提出だけでなく、卒業後の進路の最終確認、図書館の本の返却確認も同時にチェックされます。

なので、会場は写真のとおり少し大がかりになってしまいます。

【卒業論文提出会場】

提出の時間は、午前9時00分か16時30分で、時間は厳守です。

毎年、開場時間前に並んで提出される方、閉場直前に飛び込んでもって来る人、ゼミの学生みんなでもってくるグループなどさまざまです。

今年は開場時間の30分前にすでに同じゼミの3人グループが待っていらっしゃいました。

【一番乗りの3人組】

大学で学んだことの集大成としての卒業論文ですが、行間には大学生活でのいろんな思い出もあるのかもしれません。

大学卒業後、年月を経てから、卒業論文を提出した日のちょっとしたこと、学生時代に指導を受けた先生やゼミの仲間たちのことを思い出すことになるだろうと思います。

【ついに卒論提出】

さて、後日実施される卒業論文発表会が終わると本日卒論提出をされたみなさんはいよいよ卒業です。

また別れの春、旅立ちの春がめぐってきます。

冬空の下の講堂前の桜のつぼみはまだまだ小さいですが、卒業式の時には春光の中にたくさん咲いてくれるよう願っているところです。

【卒業式の行われる講堂前の桜】

まだまだ小さなつぼみです。

 

世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし (藤原業平)

 

散ればこそ いとど桜は めでたけれ うき世になにか 久しかるべき (詠み人知らず)

 

【過ぎし春の日の桜】

また、このように咲いてくれますように。

以上 学務課のコマツがお伝えしました。

 

平成30年1月19日(金)第393号『防災・減災のために』

投稿日:2018 年 1 月 19 日    カテゴリー:イベントレポート,スタッフ日記

こんにちは。

センター試験も無事終了し、事務局としては、ほっと一息というところです。

学生の皆さんは、卒論や後期定期試験勉強に追われる日々ですね。

 

今回の花金では、水・木(17日と18日)に行われた「普通救命講習会」の様子を

ご紹介したいと思います。

この講習会は、辻教授の「自然災害と防止・減災」の受講生のうち、防災士資格取得試験の受験希望者を対象に実施されたものです。

 

※以下のリーフレットとビデオで手順を確認した後に、実技指導を受けました。

〇あなたにもできる応急手当 救命処置(CPR+AED)

〇心肺蘇生の流れ(ガイドライン2015)

〇安全の確認からAEDの使用までの流れ

(会場:交流センター多目的室)

〇7~8人のグループに分かれ実技訓練開始

〇心肺蘇生法(CPR)の胸骨圧迫

肘をまっすぐ伸ばして手の付け根の部分に体重をかけます

〇自動体外式除細動器(AED)を使用

電流がきちんと流れるよう、電極パッドを貼る位置にも注意

〇AEDを使用しての胸骨圧迫

ところで、防災士って何か、ご存知ですか?

防災士は、特定非営利活動法人日本防災士機構が認証する資格のことです。

同機構においては

【防災士は“自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを、日本防災士機構が認証した人である。

1.自助―自分の命は自分で守る。

2.共助―地域・職場で助け合い、被害拡大を防ぐ。

3. 協働―市民、企業、自治体、防災機関等が協力して活動する。 】とされています。

 

本学の学生で、防災士になりたい人は、

「自然災害と防災・減災」を受講して、履修証明を取得し、資格取得の試験を受験。

試験合格及び「救急救命講習」終了証を取得して、日本防災士機構への「防災士認証登録申請」を行えば、晴れて防災士に認定されます。

(本学以外では、宮崎県が防災士養成研修を実施しています。)

 

さて、「1・17」【平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災】から、今年で23年が経過します。

死者 : 6,434名、行方不明者 : 3名、負傷者 : 43,792名

「3.11」【平成23年3月11日に発生した東日本大震災】では、

死者 : 15,893名、行方不明者 : 2,556名、避難者 : 130,740名(2016.12.9現在)

 

国や地方自治体は、市民の命を守るため、「公助」としての施策を実施していますが、この二つの震災から私たちが学んだことは、「公助」だけでは、足りないということです。

 

自分の命は自分で守る。そして近隣や地域内での助け合いで、被害を少なくできます。

 

救急救命講習会の様子をチラッとご紹介、のつもりでしたが、その背景にあるものをお伝えしようとして、少し堅苦しくなりました。🙇

 

なお、今回の講習会では、のどに異物が詰まった人への対応や止血法も習いました。

災害時だけでなく、いざという時に、とても役立つ内容でした。

皆さんも、まず、AEDの場所(本学には4か所に設置しています。)の確認から始めてみませんか?

以上、事務局のウメムラがお伝えしました。