H30年3月23日(金)第402号『さよならなんかは言わせない』

投稿日:2018 年 3 月 26 日    カテゴリー:イベントレポート,スタッフ日記

本日は平成29年度宮崎公立大学卒業式。

今年も193名の卒業生が巣立っていきました。

今年の卒業生が2~3年生の時に本学グローバルセンターが初めてオープンしたこともあり、毎日のように通ってくれた学生も多く、明日から寂しくなります。

積もる話もありますが、別れの日に長々と口上を述べるのは野暮というもの。

いつも花金では文章を書きすぎるので、本日はシンプルにテーマを設けました。

 

「『卒業』と聞いてあなたが思い浮かべる一曲はどれですか?」

カナダに長期留学したウチダ君はGReeeN「遥か」をチョイス。現代は便利な時代なので知らない若者の曲もすぐにネットで聴けます。「どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける」ってとこが泣かせますね。

アイルランドに長期留学したクドウ君はケツメイシの「仲間」。この辺の時代の曲はなんとかついていけます。仲間って言葉、大学を出た後はなかなか使うこともなくなります。友人、同僚、家族、上司とかばっかりで。大学での仲間は一生ものですよね。

 

イギリスに短期留学したイワタさんの選曲は斉藤由貴の「卒業」。あれ?この隠し切れない昭和感。卒業式の日にモテる男子生徒の制服のボタンが女子に収奪される儀式や、自分の心変わりの可能性を想定せずに好きな異性のイニシャルを机に彫刻する風習って現在もまだ続いているのでしょうか。

 

カナダに長期留学したミハラ君はflumpool「今年の桜」。彼は弱点の無い男なので音楽くらいはダサければいいのにと思ってましたが(どんな職員だ)、そつがない選曲で大変勉強になりました。最近の若者はこういうの聴いてるのね。

 

韓国からの交換留学生フィソン君の卒業ソングはEXILEの「道」。ちなみに彼は日本人学生よりも日本の音楽に詳しいことが多々あり、「なぜみんな日本人なのにX JAPAN聴いてないの!?」と憤るナイスガイです。そしてまだ卒業しません。X好きな学生はどんどん話しかけてください。

 

 

なんと花金取材に快く応じてくださったタハラ理事長の選曲は海援隊の「贈る言葉」。今年度でご退職されます。本学を去られるという点においては卒業生の一人です。本当にお世話になりました。

 

 

今日で大学を去られる方々の未来に幸多からんことをお祈りしております。

 

 本記事のタイトルを読んでピンときたB’zファンの方には申し訳ありませんが、私コバヤシの卒業ソングの筆頭は尾崎豊でございます。

この支配からの!卒業!

 

 

来年度も『週刊花の金曜日』をよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

平成30年3月16日(金)第401号『MMU探検隊が行く~凌雲会館編~』

投稿日:2018 年 3 月 16 日    カテゴリー:おすすめスポット,スタッフ日記,大学の日常

隊長:整列! 番号!

隊員:1!

隊長:よ~し、そろったな! 2010910日以来、8年ぶりのMMU探検隊の出動だ。

隊員:本当ですね。いや~長かったな~(遠い目)。

 

以上、隊長、隊員、脚本すべてカワシマでした。(似たようなくだり、本当に2010910日の花金に載っています…お暇だったら確認してください)

 

今回は、学生さんも知っているようで知らない「凌雲会館」についてご紹介しますよ。


 

 

 

 

 

 

 

 

「凌雲会館」は、講義棟の北側にある建物です。

1階には学生・就職支援室、後援会・同窓会事務室、2階には地域研究センターがあります。

その他にも、学生が利用できる色々な施設があるんですよ。

 

凌雲会館に入って最初に見えるのがラウンジと自習コーナーです。


 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがラウンジ。


 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが自習コーナーです。近くには自動販売機も設置してあり、飲食可能です。

静かすぎず賑やかすぎないこのスペースは、カワシマのお勧めです。公務員講座の前に予習復習をしている学生や、お友達と相談しながら企業研究などを進める就活中の学生が利用することが多いようです。


 

 

 

 

 

 

 

 

さらに奥へ進むと、ボランティア支援室があります。ボランティア活動をする課外活動団体や学生が利用できます。ボランティアの募集掲示もしていますよ。

 

更に奥へ進むと、A,B二つの会議室があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前がAです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中はこんな感じです。

続いてBは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなレイアウトになっています。

今年度は、凌雲祭実行委員会や学生ボランティア部が会議をする姿が見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階に上がると右手に「IT教育支援室」があります。

こちらにはノート型パソコン・プリンターが設置してあり、平日は21時まで利用できます。

知らない学生が多いのですが、土曜日も9~17時まで利用できますよ。

 

続いて、凌雲会館のお隣、「交流センター」の施設を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは「多目的ホール」。

直近の花金ですと、1月19日(金)第393号『防災・減災のために』で紹介された普通救命講習会の会場として利用されていますね。

今月に入ってプロジェクターや機械が新しくなり、より利用しやすくなりました。

 

多目的ホールを左手に見ると、右手には「会議室」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は期日前・不在者投票所としても利用されたので、入ったことがある宮崎市民の方もいらっしゃるのでは?レイアウトが違うので、印象はかなり違うと思います…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流センターには和室もあります。

そしてこの和室、茶室でもあるのです。

主に茶道部や書道研究会が活動場所として利用しています。

 

ご紹介した施設は、公立大生の皆さん利用可能です。また、交流センターについては、一般の方も利用できます。申請は凌雲会館2階、地域研究センターまで。

 

またMMU探検隊の出番は来るのか?

今週の担当はカワシマがお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和室の庭越しに研究講義棟。

 

平成30年3月9日(金)第400号『祝!第400号』

投稿日:2018 年 3 月 9 日    カテゴリー:おすすめスポット,お知らせ,大学の日常

椿の季節を迎えたある日の事務局での会話。

 

職員A「姉さん、今週『花金』の担当ですよね」

私  「そうやとよー。何書こう~?」

職員A「そういえば、記念すべき400回目ですよ」

私  「うそーー!!」

 

というわけで、2009年7月にスタートした『週刊花の金曜日』、略して『花金』は、今回で第400号を迎えました!

そこで、学生時代から今日まで『花金』とともに歩んできたお二人に、

突撃インタビューしてみたいと思います。

 

まずは前出の職員Aことアラキ氏!

実は、宮崎公立大学開学10周年記念誌に、こんなお姿(右端)で登場しています。

「凌雲祭でのこんな写真が載ってしまい、公立大のイメージを悪くしてしまったのではないかと。

広報担当として、今更ながら心配しています。

でも、このときの女装コンテストでは優勝した記憶があります!

間違っていたらすみません(笑)」

 

いや、その美脚ならあり得ます!

ちなみに、記念誌の別のページには、

卒業生総代として答辞を述べているアラキ氏の写真も掲載されていますが、

女装写真のインパクトがあり過ぎて、記憶に残りません!

 

さて、そんなアラキ氏も今やアラフォー。

『花金』の始まった2009年から大学職員となり、

現在は、広報誌『MMU SHiP』Vol.12の発行に向けて、最後の追い込み中です。

 

「今号では、学生記者5名の皆さんが企画した内容が、春らしく紙面を彩っています。

他にも、これまでの広報誌ではなかなか掘り下げられなかった本学の講義の内容

(2年生の必修科目「基幹演習A・B」について)や、

本学と協定を結んでいるハワイ大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジに初めて派遣留学した

学生の紹介など、盛りだくさんです!」

まだ紙面をお見せできなくてごめんなさい。

発行は3月下旬を予定しています。どうぞお楽しみに!

 

さて、続いては、笑顔のとっても素敵なトミナガさん!

 

「私もアラキさんと同じく公立大の卒業生です。

学生時代はダンス部に所属して、凌雲祭を盛り上げたり、

他大学のイベントに出演したりしていました。

ダンスを通じて、公立大や周りの皆さまを少しでも元気にできたのかな、と思ってます。」

 

そんなトミナガさん。現在は地域研究センターで、地域貢献業務に携わっています。

 

「今、新年度前期(4~9月)の開放授業の準備をしています。

開放授業とは、学生が受講している講義の一部を、地域の皆さまに開放するものです。

募集期間は3月20日(火)までですので、興味のある方はぜひお申し込みください。

これからも、地域研究センターの業務を通じて、地域の皆さまのお役に立てるように頑張ります!」

トミナガさんが持っている募集要項は、地域研究センターや事務局でも配布しています。

詳しくはこちらでご確認ください!

 

最後に。

学内で最も開花が早いと言われている講堂前の桜は、まだまだこんな感じです。

以上、満開の桜が待ち遠しいウエダがお送りしました。

平成30年3月2日(金)第399号『新年度へ準備!』

投稿日:2018 年 3 月 2 日    カテゴリー:大学の日常,食べ物

3月に入りました。

新年度開始まで残り1か月ですね。

新生活や新学年の始まりに、気持ち良いスタートが切れるよう、心身ともにしっかりと調子を整えておきたいものです。

 

本学では、4月の第1週に「学生定期健康診断」を実施します。

新1年生・4年生は血液検査も行います。

2017年度の「学生定期健康診断」で、気になった項目を挙げてみます。

 

1年生は「視力」です。

過酷な受験勉強を成し遂げた結果でしょうか、視力が落ちている方がとても多かったです。入試後は新生活準備が忙しく、コンタクトやメガネの調整がなおざりになっているのではないでしょうか?

大学入学後もしっかりと勉強できるように、新入生の皆さんには入学前にメガネ等の調整をお勧めします。

他学年の方も、見えづらいまま放置せず、新学期前にぜひ調整してみましょう。

 

4年生時の血液検査では、脂質(中性脂肪・LDLコレステロール)が高値を示している方が増えています。

1年生時と比べ、食生活の乱れが大きな原因になっていると思われます。

栄養バランスを考えて食事を摂るように心がけてください。

 

学生の皆さんが、よく食べていると思われる、インスタントラーメン・ポテトチップス(スナック菓子)・フライドチキン・菓子パン・ドーナツ・ケーキなどに含まれるトランス脂肪酸はコレステロールを上げやすいと言われています。

摂りすぎには注意しましょう。

また、LDLコレステロールを下げるには、食物繊維を多く含む大豆製品・海藻・野菜類を増やすことが大切です。

食物繊維は腸のなかでコレステロールを吸着して、便と一緒に排泄する働きがあります。

女子では、貧血傾向がみられます。

鉄分を多く含む食事を心がけましょう。

他にも健康に関することが知りたい方は、遠慮なく保健室へお越しください。

今回は、保健室:タケヤが担当いたしました。

平成30年2月23日(金)第398号『春休みニュース。』

投稿日:2018 年 2 月 23 日    カテゴリー:スタッフ日記,大学の日常,学生の活躍

皆さん、平昌オリンピックはご覧になっていますか?

連日の熱戦。ほんとに、感動しますね。

最近、涙もろい私は、試合後のインタビューとか…涙腺崩壊。

平昌オリンピックもあとすこし。宮崎から精一杯、応援しています。

「頑張れ。ニッポン!」

 

そして今年は、もう一つの大イベント。待ちに待ったFIFAワールドカップ。

 

もう…2018年…最高でしょ!!

 

(スポーツのことになると話が止まらなくなるので、これぐらいにします。)

 

さて、春休みに入って、早3週間が経ちましたね。

学生の皆さんは、勉強、バイト、旅行など、春休みを満喫していることでしょう。

大いに楽しんで、また4月に、思い出話を聞かせてください。お待ちしております!

 

そんな春休み期間に、グローバルセンターの企画に、懸命に取り組んでくれている学生さん達がいます。

 

実は今、グローバルセンターでは、外国人留学生受入れの推進を目的として、宮崎公立大学や宮崎県の魅力を発信するPR動画を制作しています。

今回は、その制作風景を一部、ご紹介します。コチラ。

 

【構成ミーティング】

制作において、もっとも重要な“構成”。

皆さん、「あぁでもない。こうでもない。」と、激論です。

いいモノが出来上がる予感がしますね。

 

【打ち合わせ/撮影】

撮影に協力いただく方に、私たちの撮影への思いをお伝えします。

そして、TAKE1~TAKE○○まで、自分たちのイメージを映像に残していきます。

 

写真は、本学のホストファミリー木﨑様との打ち合わせ風景です。

 

【編集】

編集ソフトを使いながら、動画と動画を繋げたり、または分割したり、音楽を挿入したり…完成形へと仕上げていきます。

 

制作期間、約3か月という短い期間で、よくここまで頑張ってくれました。

完成まで、あと少しです。皆さま、乞うご期待!

 

以上、グローバルセンターのゴトウがお送りしました。