平成30年5月18日(金)第409号『置かれた場所で・・・』

投稿日:2018 年 5 月 18 日    カテゴリー:おすすめスポット,スタッフ日記

こんにちは。

新年度が始まり・・・

ゴールデンウイークが終わり・・・

「五月病」という言葉があるように、みなさん疲れが出てくる時期ではないでしょうか。

 

少し疲れたときに、宮崎公立大学内には癒しの場所がたくさんありますので、少し一緒に見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が一番好きな場所です。

(私が本学で働き始めた頃、この景色に感動したとき撮った写真なので前の写真ですが、このショットが大好きなので・・・)

ちなみに今は、新しいベンチがあります。

ここのベンチに座って深呼吸すると、大きな木々から元気をもらえるような気がします。

小鳥のさえずりも聞こえてきます。

空を見上げると、木漏れ日がすごくきれい!

足元からも頭上からも自然のパワーをもらえますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

大学内は花もたくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロツメクサ。

子供のころにリースを作り、頭にのせたり首にかけたりして遊んだ方もいるのではないでしょうか。(ちょっぴり古い遊びかな~()

そういった子供のころを思い出したりして童心に帰ることも出来ます。

 

先日、学内を散歩していたら、私の後ろから「公立大って花がめっちゃきれいだよね~」という学生の声が聞こえてきました。

私が植えて育てている訳ではないけれど、何だかすごく嬉しくなってしまいました。

お手入れをしてくださっている方々、いつも本当にありがとうございます。

 

宮崎公立大学は周りの環境にも恵まれています。

少し足を延ばして文化公園へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜が終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤が終わり


 

 

 

 

 

 

 

今、「ハナショウブ」がちらほら咲き始めました。

あちらでも自然の空気を吸ってみてはいかがでしょうか。

 

この草花を見ていて、いつも心に思うことがあります。

『置かれた場所で咲きなさい』という言葉。

渡辺和子さんという方(ノートルダム清心学園前理事長)の言葉で、著書の題名にもなっています。

 

新年度から置かれた場所が変わられた方、場所は変わらないけれど人間関係が変わられた方、場所も人間関係も変わらないという方、さまざまだとは思いますが・・・

 

今置かれている場所は、何かご縁があって居る場所だと思います。

 

色々な咲き方があると思いますが、静かに・・・思いっきり・・・咲いてみてはいかがでしょうか。

 

この言葉をモットーに、しぼんだり咲いたり、しぼんだり咲いたりを繰り返しながら、毎日を過ごしている企画総務課ヤマサキがお送りしました。

 

平成30年5月11日(金)第408号『図書館で雑誌を読んでみませんか』

投稿日:2018 年 5 月 11 日    カテゴリー:おすすめスポット,スタッフ日記,大学の日常

みなさん、待ちに待ったゴールデンウィークはいかがでしたか?

県内で催されていた様々なイベントに参加したり、

県外の観光地へ足をのばしたり、それぞれに満喫されたのではないでしょうか。

 

私はゴールデンウィーク前半は県内でゆっくりし、

後半は県外で過ごしましたが、楽しい時間はあっという間ですね。

心と体をリフレッシュして、また5月から頑張ります!

 

 

さて、突然ですがみなさん「図書館」というと何がある場所だと思いますか?

もちろん「本」ですよね。

でも、図書館には「本」以外にも様々な資料があります。

今回は図書館の資料の中でも「雑誌」についてご紹介します。

こちらは、図書館入り口を入ってすぐのブラウジングホールの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

ファッション・スポーツ・趣味関連の娯楽系の雑誌や

就活に役立つビジネス系の雑誌などを配架しています。

写真は開館前のためひっそりしていますが、吹き抜けで開放的な空間となっていて、

館内では人気のあるエリアです。

時間のあるときにゆっくり過ごす場所としてもおすすめです。

 

つづいて、カウンター前のゲートをくぐり、こちらは閲覧室内の雑誌コーナーです。

雑誌コーナーは実は2か所に分かれています。

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの娯楽系雑誌とは違い、表紙は文字ばかり…

そう、気づいた方もいると思いますが、こちらは学術雑誌です。

学生のみなさんの学習(学修)に役立つ各分野の専門雑誌となっています。

 

 

 

 

 

 

 

裏面には学術外国雑誌も配架しています。

雑誌そのものが配架されている棚と、案内プリントを貼っている棚がありますが

何を案内しているかというと、オンラインジャーナルへのアクセス方法をご紹介しています。

 

オンラインジャーナルとは?

「電子ジャーナル」とも呼ばれ、インターネット上で提供されている雑誌のことです。

2018年1月から一部の学術外国雑誌はオンラインジャーナルでの閲覧となっています。

学内のパソコンからであればアクセス可能で、図書館ホームページ上でも案内しています。

【アクセス方法】

附属図書館ホームページ ⇒ 電子ジャーナル ⇒ 外国雑誌オンラインジャーナル

 

雑誌には最新の情報が掲載されています。

特に学術雑誌は研究活動において、貴重な情報源となります。

「資料」を探すとき、“本”だけでなく“雑誌”にも目を向けてみると

必要な情報が掲載されている資料を見つけ出せるかもしれません。

ぜひ、図書館にある資料をフル活用し、みなさんの研究に役立ててください。

 

 

冒頭で、5月からも頑張ります!と言っていながら

早くも夏休みを心待ちにしている、図書館:サヤマがお送りしました。

平成30年4月27日(金)第407号『授業の様子は・・・?』

投稿日:2018 年 4 月 27 日    カテゴリー:スタッフ日記,大学の日常

みなさん、こんにちは。

新年度が始まり、もうすぐ1ヵ月が経とうとしています。

気付けば、4月ももう終わり。

入学式やオリエンテーションが遠い昔のように感じられます。。。

 

学生のみなさんは履修登録の変更期間もおわり、本格的に授業に取り組んでいるようです。

 

時間割はうまく組めましたか?

興味のある授業を見つけることはできましたか?

 

1年生にとっては初めての大学の授業になります。

みなさんどんな様子で授業を受けているのでしょうか?

今回、「情報処理演習」辻利則先生のクラスに潜入してまいりました!

 

この授業は「大学生活に必要であろう、主にWordExcelPowerPointの基本操作の習得と、速くて正確な入力を目指す演習形式の講義」です。

パソコンが並ぶマルチメディア講義室で授業が行われます。

 

今回はWordの授業のようです。

みなさん、真剣な表情で授業を受けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生の説明を聞きながらテキストに線を引いたりメモを取ったり、中間モニタを見ながら操作したり。

時にはお隣同士教えあったりしています。

みなさん、集中して入力作業を進めていきます。

 

今回は印刷の練習もありました。

本学のマルチメディア講義室、自習室には、プリンタが複数台設置してあるため、印刷する際は自分が使用するプリンタを選んで印刷します。

印刷用紙は各自で用意するため、操作を間違えると、人の用紙に自分のデータが印刷されたり、その逆もあるので気を付けなければいけません!

 

分かりやすいように、先生が印刷の実演をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱のこもった実演に、学生のみなさんも注目です!!

 

実演後はみなさん声を掛け合いながら、先ほど入力したデータを交代で印刷していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「できたー!!」

「コレ自分のじゃなーい!!」

…などなど、笑顔も見られましたよ~

 

印刷したものを提出して…、今回はここまででした。

みなさんの授業に集中している良い表情(時折笑顔も)が見られ、安心しました。

バリバリ使いこなせるよう、Wordに続き、Excel、PowerPointもがんばってくださいね~

 

学生のみなさんが、授業や自習など、気持ちよくマルチメディア室を利用できるようサポートしてまいりますので、何かありましたら、遠慮なくお声がけくださいね!

 

今週は、情報事務室カワノがお送りしました。

 

次回お会いするときは、5月です!

みなさん、楽しいゴールデンウィークを~♪

平成30年4月20日(金)第406号『MMUの森のくまさん』

投稿日:2018 年 4 月 20 日    カテゴリー:お知らせ,スタッフ日記

あるー日ーー、森のなーかーー、

くまさんにーー、でーあっーーたーーー♪

こんにちは、今週の花金担当のクワバラです。

 

さて今回は、今年度MMUに赴任されたお二人の先生をご紹介します!

MMUには、くまさんのような先生がすでに何人かいらっしゃいますが、新任の先生方も

負けず劣らずのくまさんたちです。

 

********************************************************************************

 

まずお一人目は、

麻生 雄治(あそう ゆうじ)先生です!!

英語教育において、生徒にどのように伝えるか、また、どのような試験問題を作るか

といった実践面を鍛える「英語教育実践学」がご専門です。

講義では、学生と一緒に模擬授業を行ったり、テスト問題を作成したりと、

即戦力となりうる力を養います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★プロフィール★

・大分県出身。

・見てのとおり、乙女座です。

・趣味は温泉巡り。温泉ソムリエの資格も持っています!

 

★MMUの印象★

「アットホームで、まじめな印象です。また、華やかで明るいイメージがありますね。

学生の皆さんは礼儀正しくて、赴任する前にも何度かMMUに来たことがあるのですが、

その際も学生さんが挨拶してくれたことを覚えています。」

 

★最近気になること★

「血圧と体重です(笑) 食べ物の好き嫌いはないですね。宮崎県はチキン南蛮が有名

ですが、大分県も唐揚げやとり天といった鶏料理が多く、鶏肉で育ったと言っても過言

ではありません。」

 

★学生の皆さんへ★

「一番に伝えたいのは、『英語力を高めよう』ということですね。そして短期・長期に

かかわらず、どんどんと海外に出て異文化に触れてほしいです。社会人になってからは

なかなかできないので、今のうちに積極的に外に出て、さまざまな国の方と会話し、

文化に触れ、肌で感じてほしいですね。」

 

写真撮影でいろんなポーズをとってくれるお茶目な、そして、お話のあいだも

常に笑顔のくまさんです。

 

 

********************************************************************************

 

続いてお二人目は、

清水 習(しみず しゅう)先生です!!

ご専門は「公共政策論」です。今日の講義では、事務局の見学と『だるまさんがころんだ』をしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★プロフィール★

・フィンランド…うそです静岡県です。

・趣味は「大学」ですね。教育・研究だけでなく、大学運営も好きです!

 

★宮崎の印象★

「鶏が美味しいですね。人柄も好い。あと、車の運転がてげてげなのが少し怖いですね。」

 

★最近気になること★

「宮崎弁ですね。“てげ”だと「すごい」という意味なのに、“てげてげ”だと「適当」という意味になりますよね。じゃあ、“てげ、てげてげ”ってすごい適当ってことになるわけで、じゃあ、てげてげてげてげてげてげってすると…」(略)

 

★公共政策論って?★

「政策学って、簡単に言えば、政治の策略について考える学問です。その中で政策過程を学んだりするのですが、今日の講義で事務局を見学したのも『政策を作る組織』を見るためだったんです。じゃあ、なぜ『だるまさんがころんだ』をしたのかですが…」

 

と、ここからとても興味深いお話をお聞きすることができたのですが、興味のある方は是非先生に直接お話を聞いてほしく、ここでは割愛させていただきます。

「あ、そんな見方もあるのか! なるほど確かにそんな考え方もできる!」と、お話をする中でとても引き込まれてしまう、知的好奇心を刺激してくれるくまさんです。

 

********************************************************************************

 

麻生先生、清水先生、これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

平成30年4月13日(金)第405号『新年度の講義が始まりました(…その裏で)』

投稿日:2018 年 4 月 13 日    カテゴリー:スタッフ日記,大学の日常

3月の卒業式で卒業生達を送り出した講堂前の桜の木がすっかり葉桜に変わった今週、新年度の講義が開始され、静かだった学内も学生たちの声で賑やかになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講義を行うにあたり、講義準備を行う先生方はもちろん大変なのですが、今回のブログではその裏で汗をかいている方々をご紹介します。

 

まずはこちら。

大学では高校までと違い、学生自身の興味・関心に基づいて、講義を受けることができます(もちろん、必要な単位数や諸条件はあります)。そのため、学生によってどの講義を受けるかは、文字通り十人十色。そして、講義の行われる各教室の収容人員はそれぞれです。

講義が開始される最初の週は、教務係の皆さんが手分けして各教室を回っています。学生が溢れかえっている教室がないか、各教室の収容人員に対して受講者数が過度に少なくなっている教室がないか、研究講義棟(7階建て)の階段を昇り降りしてチェックを行い、不都合があった教室の教室変更を行います。

この日はアカザワさんとウエゾノさんが、各教室をチェックして回っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前述の通り、各学生が受講する講義は人それぞれです。そのため、学生一人ひとりが購入する教科書も様々。そして「どの講義をどのくらいの人が受講するか」を予想することは、なかなかに困難です。基本的に、前年度の各講義の受講者数を基に教科書の発注を行いますが、年度によってその数は大きく変動することがあります。その教科書販売の調整を、ギリギリまで同じく教務係のアイザワさんが頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、教科書販売の様子はこのようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に訪れたのはこちら。

本学の英語系の講義では、紙媒体の教科書を使う以外に、いわゆるE-learningとよばれるパソコンを使って講義を行うこともあります。例えば、1年次必修科目の「検定英語Ⅰ」という講義では、Word Engineというソフトを使って単語力を伸ばすよう促しています。

このソフトの購入方法や使用方法について、アイザワさんとニイナさんが説明を行っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、事務職員の様子を紹介するだけでなく、先生方の様子も少しご紹介。

この日は1年次必修科目「基礎演習A」の第1回講義として、全体ガイダンスが行われていました。本学では、1年生から4年生まで演習(ゼミ)を必修としています。そして1年生の演習は「基礎演習A・B」と呼ばれ、文字通り大学で学ぶ基礎となるアカデミック・スキルを習得することを目的としています。大学での“主体的な学び”の入り口ともいえるこの講義のために、担当であるウメヅ先生は準備に余念がありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、学生の皆さんがより良い環境で勉学に励むことができるよう、“当たり前”の状況を作るために、陰となり日向となり、多くの人たちが支えています。今週は企画総務課の私アラキが、その様子のごく一部をご紹介させていただきました。